求人情報ON
まとば歯科

まとば歯科

的場 保典院長

152541 %e3%81%be%e3%81%a8%e3%81%af%e3%82%99%e6%ad%af%e7%a7%91

阪急宝塚本線庄内駅から徒歩3分。下町の雰囲気が残る商店街や市場の近くに位置する「まとば歯科」は虫歯・歯周病の根本的解決をめざす歯科医院だ。院内は天井が高く開放感があり、大きな窓からはふんだんに外光が差し込む。白やグレー、ガラスやコンクリートといった、どこか無機質な色や材質で作られていながらも、不思議と冷たさは感じられない。設備も充実しており、歯科用CTを完備、治療項目もインプラントや矯正治療まで多岐にわたる。「歯科治療に関することはほぼなんでもできます。でも、僕が大切にしているのは『自分の口だったらどうするかな?』と考えること」そう話してくれたのは、的場保典院長。真っすぐな目でそう話す的場院長に、歯科治療にかける情熱を聞かせてもらった。
(取材日2018年2月5日)

再治療が必要ない、変わらない頑丈な治療を提供したい

―まずは庄内に開院した理由を聞かせてください。

僕が幼少期を過ごしたのは、神戸の下町の小さな商店街の中でした。震災でなくなってしまったんですけど、市場があったりして、どこか温かい街並みの中で育ったんです。だから庄内に来た時「ああ、いいな」とすごくピンときたんです。僕は、変わらないものが好きなんですよ。だから、時間がたっても変わらないものをこの街に感じたのかなと思います。クリニックもコンクリートやガラス、タイルを中心に作ったのは単におしゃれだからとかではなく、経年変化の少ない材質で作りたかったから。ガラスも繊細なものじゃなくて、頑丈そうでしょう? 僕の性格というか、買い物でもなんでも選ぶ基準がそうなんですよ。変わらない頑丈なものが好きなのは、治療にも現れているんじゃないかなと思います。

―院長がめざしている治療はどんな治療ですか?

僕は、虫歯で穴が空いたから埋めましょう、歯がグラグラしているから隣の歯にとめておきましょう、歯がなくなったからインプラントを入れましょう……というのは、治療ではなくて単なる修理だと思っています。僕が歯科医師としてしなくてはいけないのは、修理ではなく治療です。治療というのは、ただその場しのぎの対処をするのではなく、どうしてそうなったのか?という原因を追求し、その原因を取り除くことです。それをきちんとしなければ、たとえ一時的に修理をしたとしてもまた駄目になってしまうんです。僕は自分の患者さんにそんな思いをさせたくないと考えています。僕がめざしているのは、治療が終わったら、再発しない、何十年も使用に耐えるような治療ですね。

―そのための具体的な治療方法はありますか?

まずは「自分の口に受けたい治療、自分の大切な人にしたい治療はどんな治療だろう?」ということを考えることが大前提です。その上で、まずはカウンセリングを行い、現在の悩みやご希望、過去の治療体験などを自由に話していただきます。次にお口の中の状態を知るための検査をします。噛み合わせや歯周基本検査、歯磨きの癖なども見させてもらいます。必要に応じてCTで撮影することもあります。検査結果が出たら、治療プランを決定。もちろん、患者さんご自身の希望も聞かせていただきますよ。そこからやっと治療に入っていきます。できるだけ抜かない、削らない、そして痛みに配慮した治療を行い、治療が完了した後はメンテナンスとしての予防歯科に移っていくという流れです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細