求人情報ON
秋山歯科クリニック

秋山歯科クリニック

秋山 武彦院長

152520 %e7%a7%8b%e5%b1%b1%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

京阪電鉄光善寺駅から徒歩1分にある「秋山歯科クリニック」は、地元密着型のクリニックとして地域に根差した医療を提供し続けている歯科医院だ。天井が高く、大きなガラスから明るい光が差し込む待合室には観葉植物や花が彩りを添える。明るい黄色のソファーに座ると、ほのかに漂ってくるのはアロマの香り。診療室に入ると、治療器具が整理されているワゴンの側面にあるシールに思わず顔がほころぶ。「僕はこの町で育って、この町に住んでいます。大好きな町に医療貢献したいし、多くの患者さんを幸せにしたい」そう笑顔で話してくれた秋山武彦院長の言葉どおり、医院の隅々まで優しい心配りが感じられる。取材中も優しい笑顔が印象的だった秋山院長に、さまざまな話を聞いた。
(取材日2018年4月25日)

「自分なら」の気持ちを大切に、誠心誠意の医療を提供

―まずはこちらのクリニックの特徴を教えてください。

僕は自分のことを「歯医者の何でも屋さん」だと自負しています。一般歯科、小児歯科、矯正歯科まで幅広く行い、お口のことで困ったときにまず駆け込める場所であることを大切にしていますので、当院の特徴というと「何でも相談できること」になるんじゃないかなと思います。歯科治療の必要な方に気軽に来ていただき、気持ちよく帰っていただく。そのために必要なことを丁寧に行っています。何か一つの分野を突き詰め、優れた治療を行う歯科医院の素晴らしさは言うまでもないですが、幅広い症例に対して的確な診断をし、的確な治療をする。必要に応じて専門の歯科医師に紹介するという間口の広い歯科医院もいいと考えているので、僕はそちらをめざしています。

―どんな患者さんが多いのでしょうか?

年齢層は幅広く、小さなお子さんからお年寄りまで来てくださっています。開院して17年目なのですが、カルテ番号1番の方がいまだに通ってくださっていたりと、長年通ってくださっている方も多いです。お子さん、お孫さんの手を引いて一緒に来てくださる方も多いんですよ。クリニックがある光善寺は僕の地元だということもあり、同級生や子どもの同級生の家族も来てくれています。近隣にお住まいの方も多いので、治療はもちろんですが、治療後もかかりつけ医として通院を続けてくださる方がすごく多いですね。他にも、小さな患者さんとして通院してくれていた女の子が歯科衛生士を志し、今はアルバイトに来てくれていたりもします。いわゆる地元密着型のクリニックだと思っていただければ間違いないと思います。

―治療の際に心がけていることはありますか?

自分がされたら嫌なことは絶対にしない。スタッフも含めて、自分がしてほしい治療をすることです。どこかが痛かったり、不安な気持ちを抱えてくる場所の一つが歯科医院です。自分だったらどんなふうに説明してもらいたいかな、わかりにくかったら不安になるだろうな、それに痛かったら嫌だな、と自分に置き換えて考えてみる。その上でできることを誠心誠意やる。治療をするにあたっての環境づくりもそうです。器具一つ、うがいをする水一つでもそう。安心して自分が口の中に入れられるようにするため、当院は滅菌にも力を入れています。僕たちはプロなので、衛生に関する知識も患者さんよりは多い。だったらその知識を最大限に使って安心できる環境をつくり、患者さんを迎えなくてはと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細