全国のドクター8,482人の想いを取材
クリニック・病院 161,435件の情報を掲載(2019年10月19日現在)

医療法人天翔会 出戸ひかり歯科

医療法人天翔会 出戸ひかり歯科

光本 宏司 院長

152363 %e5%87%ba%e6%88%b8%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e6%ad%af%e7%a7%91

大阪メトロ谷町線の出戸駅の4番出口から徒歩約2分、府道186号線に面して「出戸ひかり歯科」がある。同院の院長である光本宏司(こうじ)先生が最も大切にしているのは、患者への気配りと配慮。患者の立場になって痛みやつらさを理解しようと努め、時間をかけて話をすることでトラブルの原因を探り、治療に対する患者の要望をつかむ。さらに、患者が自分の口腔内の状態について正しく知り、希望に見合った治療プランを選択できるよう、気さくな会話を通してさまざまな情報を提供している。光本院長に、患者との接し方やクリニックの診療ポリシーについて話を聞いた。
(取材日2019年8月27日)

待合室は受診の緊張をほぐせるような造りに

―開業までの経緯を教えてください。

開業前は国際空港内の診療所に勤務していました。大学の教授に、学外の診療所に行くならどこがいいですかと相談したところ、責任を持って推薦できるところとして、当時4つの診療所を抱えていた医療法人を紹介してくださいました。国際空港の診療所は本院がある天王寺からは遠く、研修の際などは天王寺まで移動する必要がありました。また、患者さんのほとんどが空港のスタッフで、高齢の患者さんやお子さんを診ることはありませんでした。開業のことを考えると不安はありましたが、基本的な診療はほぼ経験でき、周囲からも勤務医時代の経験を生かしていくようアドバイスをいただいたことから開業を決意しました。

―現在の場所で開業されたのはなぜですか。

当時、同級生の何人かが開業地を探していました。物件の情報を共有しており、各自が通勤可能な場所を選んでいたのです。僕の場合は、スタッフの通勤も考えて駅前であることも条件でした。平野に地縁はなかったのですが、調べてみると人口が多く、ご高齢の方もたくさんおられるので幅広く診たいという目標に合った地域だとわかり、この場所でやっていこうと思ったわけです。周囲にたくさん歯科があるのですが、大学の先輩の先生も多く、皆さん快く迎えてくださいました。

―ゆったりとした造りのクリニックですね。

開業当初は1階のみで、同級生のクリニックと比較しても規模は小さいほうでした。現在は2階にも規模を広げて、カルテなどの資料を収納するスペース、スタッフの休憩室、チャイルドルームを設けました。診療スペースに対して待合室を広く取っているのは、患者さんにリラックスしていただきたいからです。歯科医院の受診はやはり緊張する時間です。僕自身も自分が受診する際に狭い待合室だとリラックスできませんからね。待合室の椅子やソファーは実際に自分たちで腰をかけて、心地良く過ごせるように高さを調整してもらったんですよ。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療:40万円~、成人矯正:60万円~
※検査費、調整・管理料が別途かかります。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細