全国のドクター9,150人の想いを取材
クリニック・病院 161,367件の情報を掲載(2020年4月10日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市東淀川区
  4. 東淀川駅
  5. 医療法人 芳章会 よどがわ歯科クリニック
  6. 神戸 誠 院長

神戸 誠 院長の独自取材記事

よどがわ歯科クリニック

(大阪市東淀川区/東淀川駅)

最終更新日:2019/08/28

152358 %e3%82%88%e3%81%a9%e3%81%8c%e3%82%8f%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

大阪市東淀川区西淡路にある「よどがわ歯科クリニック」。JR京都線・東淀川駅前すぐ、大阪メトロ東三国駅からも徒歩12分の場所にあり、子どもから大人まで幅広い世代が通いながら、「一生のおつきあい」をめざして歯科、小児歯科のほか、予防や審美にも取り組むクリニックだ。神戸誠(かんべ・まこと)院長は、大阪歯科大学卒業後、勤務医時代を経て、前院長から引き継いだこのクリニックで院長に就任し10年目を迎える。患者からも「先生が優しいから通いやすい」と言われるその雰囲気は、いつも患者と楽しそうに話していた歯科医師の父の影響があるという。患者へのインフォームドコンセントに尽力していると話す神戸院長に、現在の診療内容や、歯の健康について話を聞いた。
(取材日2018年8月20日)

歯科が身近でない人にも予防歯科の大切さを伝えたい

院長が歯科医師をめざしたきっかけは?

1

僕は兵庫県加西市出身なのですが、実家で父が歯科医院をしていました。働く父の姿をみていて、人から感謝されるやりがいのある仕事だなと感じていたので、小さい頃から僕も歯科医師になるんだろうなと考えていました。弟が父の医院の後を継ぎましたので、僕は大阪歯科大学を卒業後、勤務医として地域密着型の歯科医院に進みました。その医院も今と同様に乳幼児から高齢者までが訪れていて、幅広い診療経験を積むことができたんです。

開業10年目を迎えますね。地元住民の来院が多いのでしょうか。

もともと副院長としてこの歯科クリニックに勤めていて、院長が引退されるのを機に引き継いで現在に至ります。以前勤めていた歯科医院が隣の淀川区にあり、身近な街でもありました。この東淀川という地域は下町の雰囲気が残り、長く住まれている方が多く、開業以来通い続けてくださっている方もいます。ご高齢の方が多いのですが、ファミリー世帯、お子さんも多く来院されています。最近、審美面に配慮した診療にも力を入れていますので、若い患者さんも増えてきましたね。

どういう症状の方が多く来られていますか?

2

定期的なメンテナンスやご自宅でのケアなど、予防歯科に熱心な患者さんも多くいる反面、10年以上歯科に行っておらず口腔内状態が非常に悪い方や、たくさん歯を失われている方が入れ歯製作を希望されて来られることもあります。長い間、歯科そのものに来られていない方は、治療方法や器具の進化に驚かれる方もいらっしゃるんですよ(笑)。これまで歯科が身近でなかった方々へは、予防など歯の健康への意識を持っていただくよう働きかけるなど、そういった面にやりがいを感じることもありますね。歯科に興味がない方も、痛みなどをきっかけに来院されて、そこからメンテナンスに通い続けてもらえるように、お話をしたり、納得されるまで説明を重ねるよう努めています。

子どもの診療のスタートはチェアに座ることから

子どもの来院も多いとか。気をつけていることはありますか?

3

小さいお子さんが最初からスムーズに歯の治療を受けることは難しいですよね。初めは診療室に入ることさえできない子もいます。診療チェアに座ることが第一歩。「今日は椅子に座れたね」と褒めて、治療器具などで遊ぶところから始めます。痛みが強い場合を除き、いきなり治療はしません。最初に恐怖心を抱き、泣いてしまうと、後々歯科が苦手になってしまうんです。練習を重ね、慣れてもらったところで、ようやく治療に入るようにしています。また、待合室ではスタッフが手作りの折り紙を飾るなど工夫し、怖がっている子を和ませるなど頑張ってくれています。

予防の大切さを伝えることに取り組まれているそうですね。

ずっと予防歯科の大切さをお話ししてきたこともあり、定期的にメンテナンスに来られる方も増えてきました。しかしまだ、「痛くなったらまた来るよ」という患者さんも少なくありません。とてももったいないですよね。メンテナンスや自宅でのケアを続けていれば、ここまで悪くなることはなかったのに、大変な治療をしなくてもよかったのに、というお口を見ると非常に残念に感じます。定期的なメンテナンスを受けることで、歯が悪くなっても、早期発見、早期治療ができ、痛みも費用的負担も少なくて済むことが多いんです。メンテナンス時には、現在の歯の状況などを記した用紙をお渡ししていますので、ご自身のどの歯が弱いのかなど、認識することができます。これからも、予防歯科には力を入れていきたいですね。

審美歯科ではどのような診療をされていますか。

%ef%bc%94

セラミック製などのインレーやクラウン等、目立たない詰め物による治療に力を入れています。また、マウスピース型の装置を用いた矯正も行っています。ブラケットを用いた矯正と違い、見た目でわかりにくいので、歯並びを気にしているお勤めの方や中高年の方に好評です。

納得のいく治療へ、患者の思いを遂げさせてあげたい

患者さんと接する際に心がけていることはありますか。

%ef%bc%95

偉そうにせず、優しく接するという、基本的なことですが、あまり威圧感を出さないように気をつけています。歯科医師であった父は、息子である僕にはすごく厳しかったんですが(笑)、患者さんととても楽しくしゃべっていた印象が強いんです。特に医師、歯科医師というのは、強くものを言う印象を持たれがちですし、歯科に対して怖いイメージを持つ方は少なくありません。患者さんと信頼関係を結ぶことが大事ですので、患者さんが話しやすい雰囲気づくりを心がけています。患者さんからも「先生が優しいので通える」と言ってくださることもあって、うれしく感じています。

インフォームドコンセントを重要視されていますね。治療のゴールはどのように決めていきますか。

治療のゴールは患者さんの希望をできる限り優先して設定するようにしています。なるべく患者さんの思いを遂げさせてあげたいと考えています。ただ、患者さんの現状では難しい、厳しいと感じるようなご要望であれば、今後どういう状況になるか、想定できることをすべてお話しして、改めて治療の選択肢を提示することもあります。例えば、歯があまり残っていない方は、口腔内の状態があまりよくなくても「残してほしい」と希望されるケースがあります。ほかの歯や歯茎にも影響しますので、残した場合のリスクやデメリットなどをしっかり説明させていただきます。半年や1年程度しか、その歯を残せなくても、患者さんが満足され、その上で次どうするかを考えていくことも大事だと感じています。

歯に不安がある方や来院を考えている方にメッセージをお願いします。

6

これからも地道に、地域密着で、幅広い世代の患者さんに、できる限りの良い治療を行っていきたいと思っています。やはり子どもの頃から診療やメンテナンスを受け、歯磨きをきちんと行っていると、年齢を重ねても歯を良い状態で保てている患者さんが多いということを目の当たりにしてきています。また、そういう小さい頃から歯のケアをしている方は、大人になってからも自分のお子さんの歯にも気を使うようになります。そうやって、歯の健康への関心が受け継がれていきます。まずは一度、痛みや悪いところがなくても、歯科に来ていただき、歯の健康に興味を持っていただければと思います。そして、ご自宅のケアとしては最低限、寝る直前には、しっかりと歯を磨いていただきたいです。1日1回であっても、しっかり磨くことで予防につながります。また、食事後に歯磨きができない場合、うがいだけでもしていただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックインレー/1万800円~
セラミッククラウン/5万4000円~
マウスピース型装置を用いた矯正/81万円~

Access