野田阪神坂尻歯科

坂尻 光春院長

152354 %e9%87%8e%e7%94%b0%e9%98%aa%e7%a5%9e%e5%9d%82%e5%b0%bb%e6%ad%af%e7%a7%91

「野田阪神坂尻歯科」は、その名のとおり阪神本線・野田駅から北東へ3分ほど歩いた、事業所やマンションの立ち並ぶ一角にある。平日は夜19時半まで受けつけ、土曜日の午後も診療を行っており、働き盛りの世代にも受診しやすい。「虫歯や歯周病は生活習慣病でもあるのです」と語る坂尻光春院長は、再発予防のために口の中の清潔と歯磨きの大切さを訴える。特に、手入れの難しい歯と歯の間は専用の歯ブラシを使った歯磨きの仕方を紹介し、診療のたびに歯科衛生士によるブラッシングも行うとのこと。また坂尻院長は、長年の経験から「歯科医師の常識にとらわれない」ことも大事にしている。坂尻院長が心がける「抜かない、入れない」歯科診療とはどういうことなのか、また正しい歯磨きの方法についても詳しく聞いた。(取材日2018年6月12日)

正しい知識とテクニックを身につけてほしい

―駅から近く、歩道に面したアクセスしやすい歯科医院ですね。

実は、以前には高層ビルのクリニックモールで開業していたこともあるのですが、受診される患者さんの年齢層は限られていました。ビル内で働くサラリーマンだけ、しかも皆さん60歳になると退職するので、いなくなってしまいます。もう少し幅広い年代、特にご高齢の方の治療がしたいと思っていたこともあり、2006年からはこの場所に移って診療を続けてきました。駅から近いので、お勤め帰りの方も来ていただきやすいように、夜は19時半まで受付していますし、土曜日の午後も平日と同じように診療しています。そのかわり、朝は10時からと少し遅めですね。実際に、患者さんは夕方になるほど増えますので、「朝はゆっくり昼はのんびり、暗くなってから気合が入る」といったところでしょうか(笑)。

―では、今はどのような患者さんが受診されていますか。

駅から近いのですが、周囲は昔からの住宅やマンションが混在しています。このため患者さんは中高年が中心ですが時にはお子さんも受診されるなど、幅広い年代の方が来られています。以前診療していた場所ではほとんどなかった入れ歯の治療も多く、患者層の違いを感じますね。今後、この周囲ではさらに大型のマンションが建設されるようですので、患者さんの年齢構成はまた変わっていくかもしれません。

―治療内容と診療方針をお聞かせください。

さまざまな治療に対応していますが、特に予防には力を入れています。内科疾患で使われることの多い「生活習慣病」という言葉がありますが、虫歯や歯周病も、生活習慣病だと思っています。せっかく治療してもその後のケアが不十分であれば再び悪化して治療、の繰り返しになり、いつまでたっても終わりがありません。きちんと歯を磨いてもらって、虫歯であれば再発がないように、歯周病はできるだけ進行しないようにしてほしいのです。だから患者さんには、なぜ口の中がこのような状態になってしまったのか、言い換えればどうして受診が必要になったのかを理解してもらいます。そして次からはそうならないように、正しい知識とテクニックを身につけていただきたいと願っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細