医療法人尚歯会 Wellness Dental Clinic

医療法人尚歯会 Wellness Dental Clinic

室野 宏幸先生

20190329 bana

大阪市営地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線心斎橋駅より徒歩2分、ビルの4階にある「Wellness Dental Clinic」。院内に入ると、とても高い天井とシックなインテリア、本やオブジェ、植物に囲まれた待合室が広がる。まるでカフェに来たかのように感じるこの歯科医院は、明るく木のぬくもりを感じる優しい雰囲気に包まれており、リラックスして治療を受けられる環境を提供している。室野宏幸先生は、大阪大学歯学部を卒業後、研修医時代から同院の前身となる心斎橋山田兄弟歯科で勤務を続け、現在に至る。かつては、自身も患者であったという室野先生に、診療方針や今後の方針などについて話を聞いた。
(取材日2017年4月19日/更新日2019年3月28日)

「機能美」をモットーに歯を美しく治す

―どのような患者さんが多く来院されていますか?

審美分野を広く扱っており、心斎橋という場所柄もあって30代女性の患者さん、あとはビジネスマンの方が仕事帰りや休憩時間などに来られることもよくありますね。また、患者さんのお子さんもよく通院されています。当院の山田正人理事長は、木の温かみがある優しい雰囲気というコンセプトにこだわりを持っています。患者さんからはカフェみたいな雰囲気と言われることも。緊張するような雰囲気はつくらないようスタッフ一同、気をつけています。

―審美分野にも力を入れられているそうですね。

患者さんの心境や生活を考え、例えば仮歯なども違和感なく、しっかりしたきれいに見えるものを作るよう努めています。治療期間がなるべく短くなるように1回の治療時間を長くするなど配慮していますが、継続して通院されることになりますので、患者さんの治療に対するモチベーション維持を重要視しています。ただ治療が終われば良いというものではないので、どう心地良く過ごしていただくかはとても大切です。当歯科医院では、歯科技工士を「セラミスト」と呼んでいます。使用しているセラミックも、普通の歯と遜色がないくらい自然に美しく見えるよう、作り物とは思えないくらいのものを作るように心がけています。治療後に「新しい歯ができた」と喜んでくださる患者さんの声が、セラミストの励みとなっています。

―審美の分野に興味を持たれたきっかけはありますか。

大学時代は特定の分野に興味を持つことはなかったです。シンプルに「悪いところを治す」ということを考えていました。興味を持ったのは実際に歯科医師として勤務し始めて、審美の分野というものにふれるようになってからです。いざ実際にさまざまな症例に接していくにつれ、歯をただ1本治してもしょうがない、歯の全体的な健康をめざさなければいけないこと、そしてシンプルに「痛みなど悪いところを治療する」という点から「美しく治す」こと、そして「機能美」を大事にすることを考えるようになりました。土地柄、このエリアには審美に興味を持っている方が多く、需要もとても高いです。治療後に喜ぶ患者さんの表情を見て、僕自身も喜び、やりがいを感じています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント手術/28万円、ホームホワイトニング/3万円、オールセラミック冠/9万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細