にし歯科医院

にし歯科医院

西 とも子院長

20181031 bana   2

JR片町線東寝屋川駅から徒歩約10分にある「にし歯科医院」。院長の西とも子先生は、患者の口腔内の悩みに徹底的に寄り添い、患者にとってのメリットとリスクを丁寧にわかるまで説明することがモットーに診療している。開設当初から通っている患者も多いそうで、10年後、15年後を見据えたケアを提案する診療方針も特徴だ。最近では口臭の相談にも力を入れており、相談件数も増えているという同院での診療について話を聞いた。
(取材日2018年10月11日)

将来を見据え、なるべく削らず歯を残す

―北海道医療大学歯学部を卒業されたんですね。ご出身は北海道ですか?

いえ、寝屋川出身なんです。管理栄養士になろうと奈良の短期大学付属の高校に入ったのですが、化学の先生の勧めで薬剤師をめざすようになり、3年生で大学の募集要項を取り寄せてみたら薬学部も歯学部も一緒で。その時思い出したのが、小学校の頃の文集に「歯医者さんになりたい」と書いたことだったんです。歯科治療を受けた時に遊んでくださった女医さんにあこがれていたんですね。それで北海道医療大学歯学部に入学して、その後医局の放射線学講座に進みました。当初は大阪に戻って口腔外科に入る予定でしたが、教授に一年だけでもやってみないかと勧められて、気がついたら6年半ほどたっていました(笑)。その後、同級生が開業した小児歯科で4年ほど勤めて、大阪に戻りました。歯医者は技工もあり、医療従事者だけど職人でもあると思います。細かいものを作ったりするのが好きだったので、入れ歯の修理も楽しいし、得意としています。

―東寝屋川市で開業を決意した決め手は?

開業場所に関しては、いくつか候補地がありました。当時この地はまだ何もなかったんですが、その他の場所は町ができあがっていたので、これから変化がある町のほうが面白いかなと思って決めました。当時とはすっかり変わって、今ではマンションや大型店がたくさん建ちましたね。開院当初、患者さんは小さいお子さんが多かったんですけど、その子たちも17年たてば大人になりますよね。逆に現役だった方々がリタイアされて、義歯の患者さんが増えてきました。義歯のセミナーなどで勉強しつつ、ドライマウスや口臭についての相談にも対応しています。一般的な診療も多いですが、深刻な悩みを抱えている患者さんもいらっしゃって、寄り添った治療ができた時はうれしいですね。

―先生の診療モットーについてお伺いします。

インフォームドコンセントを大切にしています。「これだけ説明をしてもらったのは初めてです」と、言われることがよくありますね。また、私は基本的にあまり歯を削りたくないと思っています。目立たない義歯や、ほとんど歯を削らないヒューマンブリッジは麻酔がいらないですし、患者さんの負担も少ない。患者さんのニーズもあるので、今はそちらのほうに少し力を入れ始めていますね。削ると詰め物が必要になり、銀歯になって、神経を取って、かぶせ物になって、歯を抜いて、入れ歯になる……という負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。できる限り初期虫歯の時点で見つけて、削らなくてもいいのであれば削らない。削る必要があるならできるだけ小さい形にするよう心がけています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

目立たない義歯/8万円~、ヒューマンブリッジ/25万円~、口臭検査/3万7000円(税別、問診、検査、カウンセリングを含む)~、ドライマウス検査/1万円(税別)〜



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細