ひまわり歯科医院

ひまわり歯科医院

豊村 康太副院長

頼れるドクター

151724 df 1 main 1446183583

東武野田線初石駅から徒歩1分の「ひまわり歯科医院」は、1991年に近所の別のビルで豊村洋子院長が開業したクリニック。長年通い続ける人も少なくないという地元密着型だ。約10年前に現在の1階の立地に移転したことにより、階段を上り下りする必要がなくなり、高齢者や有病者が車いすでも来院しやすくなったという。地域の患者層やニーズの変化に素早く対応できるのは、患者の声にしっかり耳を傾けてきたから。今回インタビューに答えてくれた豊村康太副院長は、母である洋子院長について「どんなに忙しくても患者さんと話すことをおざなりにしなかった」と語り、その姿勢を引き継ぎたいと目を輝かす。そんな豊村副院長に、クリニックの特長や診療に対する思いを聞いた。
(取材日2015年9月3日)

「生涯診療」をめざし、マイナス1歳から予防を重視

―クリニックの歴史と特長を教えてください。

当院は1991年、母である洋子院長が開業しました。以降、20年以上の間、ずっと通い続けてくださる患者さんもいらっしゃいます。これまで大事にしてきたのは「どれだけ地域の方の力になれるのか」ということ。地域密着医療を続けるため、私が副院長に就任してからは「生涯診療」というコンセプトを掲げました。マイナス1歳、つまり赤ちゃんがお母さんのおなかにいる時から、おじいさん、おばあさんになるまでの検診と予防に、当院は責任を持って携わっていく所存です。患者さんには、診療してもすぐに虫歯になって戻ってくることから脱却してもらいたいと願っています。

―「生涯診療」を受ける患者さんのメリットには、どのようなことがありますか?

歯周病予防が胎児にいい影響を与えることはもちろんですが、マタニティーから予防に取り組むことで口腔内の細菌を減少させることができ、子どもが生まれた後の細菌感染リスクを減らせます。0歳児からの「フッ素キッズクラブ」というお子さん専用のプログラムを組んでいます。これは、虫歯のできやすさに応じて1〜3ヵ月ごとに来院してもらって専用ノートに歯の状態を記録していくという、親・ドクター・歯科衛生士で歯の健康を見守っていくもの。また、私が副院長に就任してから週2回、訪問診療も行っています。歩けず来院できなくなったから診ないというのでは、生涯診療とはいえません。訪問診療では、患者さん一人ひとりの体調を把握している施設の方やご家族とコミュニケーションを密にすることも大事にしています。歯科に抵抗があった方に「十何年もごはんがおいしくなかったのに、おいしく食べることができた」と言っていただけると、うれしいですね。

―0歳児も歯科医院に行ったほうがいいのですか?

0歳児の主な目的は、歯科医院に慣れることです。来る練習、口の中を診せる練習をしてもらうことが大事だと考えています。歯科治療や検診をするしないは別として、お母さまやお父さまに抱っこして連れて来られるだけで、歯科医師に対するハードルは変わるんです。実際に、そうやって通い慣れている子は、いざ検診をする時もスムーズに入れますね。また、私自身にも子どもがおりますので、お子さんの治療は得意です。幼少期の歯科治療がトラウマにならないように痛みの少ない治療を心がけています。

記事更新日:2016/06/20

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細