全国のドクター12,758人の想いを取材
クリニック・病院 158,426件の情報を掲載(2024年7月17日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 千葉市花見川区
  4. 幕張本郷駅
  5. 医療法人社団泰望会 すずらん歯科診療所
  6. 丸山 洋 院長

丸山 洋 院長の独自取材記事

すずらん歯科診療所

(千葉市花見川区/幕張本郷駅)

最終更新日:2022/05/16

丸山洋院長 すずらん歯科診療所 main

JR中央・総武線の幕張本郷駅から徒歩5分。幕張本郷5丁目交差点そばにある「すずらん歯科診療所」。ガラス全面に大きく描かれたスズランの絵が印象的だ。院内もイエローとホワイトを基調に明るく優しい雰囲気が漂う。院長の丸山洋先生は口腔外科を専門としており、虫歯や歯周病などの一般歯科治療に加えて、難しい親知らずの抜歯など外科処置にも対応。その穏やかで誠実な姿勢に多くの地域住民が信頼を寄せている。同院には診療室のほかにクリーニングルームを3室設置。アロマが香る個室でリラックスしながらメンテナンスを受けたいと定期的に通う患者も多いという。クリニックの特徴や、診療の際大切にしていることなどについて話を聞いた。

(取材日2022年4月22日)

ストレスによる食いしばりが増加傾向

最近、患者さんの層や主訴など何か変化はありますか?

丸山洋院長 すずらん歯科診療所1

ここ1~2年は新型コロナウイルス流行の影響による受診控えがありましたが、最近はかなり患者さんが戻ってきています。この辺りは住宅街ですので小さなお子さんからご年配の方まで幅広い年齢層の方が来られています。お子さん連れで来られる方も多いので、女性の方がやや多い印象です。当院は21時まで診療していますから、夜は仕事帰りの男性の方が多いですね。最近は、詰め物が取れたという訴えが目立っています。その主な原因は食いしばりだと考えています。歯に強い力がかかってひびが入るなどして詰め物が取れてしまうのです。リモートワークやステイホームが続き、皆さんストレスがたまっているのでしょう。無意識のうちに食いしばりの症状が出る方が増えています。ストレスのない状態になるのが一番ですが、それも難しいかもしれないので、症状の強い方には歯ぎしり・食いしばり用のマウスガードによって歯を守ってもらうようにしています。

こちらの感染症対策について教えてください。

診療室は開放的な造りだったのですが、感染症対策として各ユニットの間には感染防止シートによるパーティションを設置しました。受付カウンターにもシートを張っています。診療の際、スタッフはマスクとフェイスシールド、手袋を装着し、ユニットやドアノブなども随時アルコール消毒を徹底しています。当院では従来から衛生管理に配慮していて、使い捨てできるものはすべて使い捨てにしていますし、治療器具の滅菌も徹底しています。また院内で使用する水も除菌水を用いています。

先生のご専門分野について教えてください。

丸山洋院長 すずらん歯科診療所2

大学にいた頃は口腔外科に所属しておりましたので、抜歯や小手術が得意です。当院には私のほかに口腔外科を専門とする歯科医師が2人在籍しており、診療の中でも外科的処置に力を入れています。最近は顎が小さく生えてくるスペースがないために親知らずが真っすぐに生えず真横を向いていたり、埋まっていたりする方も多いです。そのようなケースもほとんど当院で抜歯できます。ただ、神経や血管が親知らずの位置と近い場合はリスクが高まりますので、大事を取って大学病院へ紹介しています。口腔がんや粘膜疾患なども見落とすことのないようしっかり診察して、何か疑いがあれば適切な病院に紹介しています。

できること、できないことを明確に説明することが大切

診察の際、どのようなことを心がけていますか?

丸山洋院長 すずらん歯科診療所3

説明したことを患者さんが理解・納得されているか、しっかり確認するようにしています。なかなかご自分から質問や確認はしにくい方もいらっしゃるため、こちらから確認するように心がけていますね。患者さんが納得される前にこちらから押しつけるようなことはしません。じっくり考えていただくためにその日はご説明までにして、次の来院時に決めていただくこともあります。特に時間がかかる場合や、自由診療の場合は費用や治療期間などについてゆっくり考えて決めたほうが良いと思っています。当院でできること、できないことについては、はっきりご説明しています。当院ですべて抱え込むのではなく、症例によっては、より適切な医療機関で治療を受けていただいたほうが良い場合もありますから。

子どもの患者さんにはどのように接しているのでしょうか。

まずケガをしないように細心の注意を払っています。接し方としては基本的に大人と違う扱いはしていません。焦らず、押しつけずに治療をするようにしています。あえていうとすれば積極的に褒めることでしょうか。むしろ、お母さんのほうが、連れてくるのが大変だから、と治療を焦っていることが多いですね。それも十分わかるのですが、歯科に恐怖心が生まれてしまうと、将来的に良くありません。子どもの虫歯は減少傾向ですが、中には虫歯が多い子もいます。親御さんには、仕上げ磨きをしてあげてください、とよく話しています。小さいお子さんはすみずみまできちんと磨けていないことがあるので、ある程度成長するまでは親御さんのチェックが大切です。親が歯磨きの面倒まで見ると甘えてしまう、と気が進まない親御さんもいらっしゃいますが、小さいうちだけでも気を配ってあげてください。

こちらにはクリーニング専用のケアルームがあるのですね。

丸山洋院長 すずらん歯科診療所4

はい、3室設置しています。普段から患者さんには予防が大事と伝えてきていますので、定期的にクリーニングに通ってくださる方がとても多いですね。当院には非常勤も含めて9人の歯科衛生士が在籍しており、患者さん一人ひとり担当制としています。歯科衛生士とは連携を取りながら、メンテナンスの際、何か気になるところがあれば歯科医師が随時確認するようにしています。ケアルームはアロマが香る個室となっていますので、ゆったりとリラックスしながらメンテナンスやホワイトニングを受けていただけると思います。メンテナンスにプラスして、歯肉マッサージなども行っています。

これからも一人ひとりの患者に誠意を込めて対応

歯科医師をめざされたきっかけについて教えてください。

丸山洋院長 すずらん歯科診療所5

曽祖父の代から医師で、医療の世界はとても身近だったのです。兄弟も全員医療関係に進みました。私は一番下で、上の兄2人が医科、すぐ上の兄と私が歯科に進んだのです。上から順番に、金沢、東京、鹿児島で開業しました。25年以上この世界でやってきましたが、やはり大学病院にいた頃に見た、ベテランの先生方の技術は忘れられません。驚くことや勉強になることが多かったですね。これからも向上心を持っていたいと思います。

今後の展望についてお聞かせください。

何か特別に変わったことをするというよりは、今の状態を今後も保っていきたいですね。長く通ってくださる患者さんも多くなりましたし、一人ひとりの患者さんのご要望に耳を傾けて、誠心誠意対応していきたいと思います。もし、当院での対応が難しい場合は迅速に適切な病院に紹介して、より良い歯科医療につなげることも大切だと考えています。患者さんから、ありがとう、と言っていただけることが一番のやりがいですから。スタッフにも気持ち良く働いてもらえるよう何かしてもらった時には私から積極的に、ありがとうと言うようにしています。当院は夜遅くまで診療していますのでスタッフも大変だと思いますが、クリニック内に良い雰囲気がつくれればと思っています。

読者に向けて歯の健康に関するアドバイスをお願いいたします。

丸山洋院長 すずらん歯科診療所6

昼間は歯磨きをする時間がない方も多いと思いますが、夜、就寝前には歯磨きをしっかり行ってください。就寝中は唾液が減ることで口の中の細菌が繁殖しやすいので、その前に増殖を抑えることが大切です。また、口を開けたまま寝ている場合も、細菌が繁殖したりドライマウスの原因になったりします。日中は唾液の分泌によって口腔内が浄化されるので、朝や昼に歯磨きができなくても虫歯にならない人もいます。就寝中のことはなかなか難しいので、予防措置として寝る前の歯磨きを念入りにしてください。また、歯がしみる、歯が痛い、顎の筋肉が痛いなどという症状のある方は食いしばりが原因とも考えられますので、一度受診するようにしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/3万3000円~

Access