原歯科医院

原歯科医院

原 宣道院長

149345

「口腔外科の専門医院として当たり前のことをしているだけだから、記事になんてしないでください」と、笑いながら何度も謙遜するのは「原歯科医院」の院長、原宣道先生。2007年の開院以来、特に宣伝もしていないにもかかわらず、クチコミで患者がどんどん増え続けているという鎌倉で人気の歯科医院を訪ねると、駅から奥まった閑静な住宅街にも関わらず、たしかにその辺りだけ親子連れのマイカーや自転車でにぎわっていた。先端の口腔外科医療に長年携わってきた技術力を、現在の診療に存分に生かしながら、日々患者と向き合う原先生。大の音楽好きという一面を持ちながら、仕事もプライベートも手を抜かず突き進む、そのロックな魅力に迫った。
(取材日2016年6月22日)

ファミリー層に大人気。クチコミで宣伝不要の歯科医院

―とてもお洒落な待合室ですね。解放感のある吹き抜けに、白と黒を基調にしたモダンなインテリアが素敵です。

歯科医院にとって待合室というのは実は一番無駄な空間なんです。予約制で長時間お待ちいただくわけではないので、本当ならこの半分以下のスペースでも十分なはずなのですが、あえて私は広々とした空間にこだわりました。できればこんなところに来たくないという思いで来てくださった患者さんが、院内に入った瞬間に「おお!?」と驚くようなサプライズ的な意味を込めて、吹き抜けや解放感のあるつくりにしたかったのです。ゆとりのあるソファスペースやシンプルなインテリアは、大人のための空間です。当院はご家族で来られる患者さんがとても多いので、待合室は付き添いの保護者の方のためのスペース。キッズコーナーは設けず、大人のための空間として充実させました。

―開院から10年目とのことですが、この辺りで大変人気の歯科医院だと伺いました。

開院前はユニットも3台あれば十分だろうと思っていたんです。ところが患者さんは増える一方で、2016年の9月にユニットが完成、現在4台のユニットがあります。院内は車いすだけでなくストレッチャーでも通れる広々としたつくりにしたのですが、実際はベビーカーのまま入れると若いお母さん方に喜ばれています。このあたり(大町・材木座)の地域ではファミリー層が近年増えてきていて、お子さんからおばあちゃんまで、家族の誰かが来るといつの間にかその家族全員が来てくださるようになっています。さらにありがたいことに、若い世代の方たちのクチコミやご紹介で新しい患者さんにもどんどん来ていただいています。何といっても隣に兄がやっている皮膚科があるので、こんなに奥まった場所に関わらず、患者さんが集まるのではないかと思っています。皮膚科と歯科の相乗効果で、これからも医療の場と皆さんに認識していただけたらうれしいですね。

―口腔外科の専門医院として、他の歯科医院からの紹介も多いそうですね。

私が開業した頃、鎌倉の旧市内には口腔外科的な症例を扱えるクリニックがなかったため、他院の先生から抜歯を中心とする歯茎に関する外科的処置の紹介をたくさんいただきました。それまではちょっと複雑な親知らずの抜歯などは、すべて市外の大学病院などに行かなければならなかったので、市内でそのような治療が受けられると重宝されたのです。自分の得意とする専門分野で、同じ地域の同業者の先生方からご紹介いただけるということは本当にありがたく、とてもやりがいを感じています。



Access