全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月22日現在)

今城内科クリニック

今城内科クリニック

今城 俊浩 院長

148317

西武新宿線新所沢駅を出て線路沿いの道を行くと見えてくる「今城内科クリニック」。駅より徒歩3分の好立地で駐車場もあり通いやすい。院長の今城俊浩先生は、日本内科学会総合内科専門医と日本内分泌学会内分泌代謝科専門医の資格を取得し、大学病院で長きにわたり研鑽を積んできた糖尿病治療と甲状腺治療のスペシャリストだ。大学病院に匹敵する治療をこちらで受けられるとあって、頼りに通う患者も多い。医療の持つ社会性を重視し、自身の経験や知識を、地域や後進の育成のために使う気持ちから、著書も多数あり、医師会などの理事も兼任する。忙しい日々の中でも笑顔を絶やさず、誰にでも心を平らに接する今城先生に、たっぷりと話を聞いた。
(取材日2016年9月13日)

大学病院と変わらないレベルの診療

―開院までの経緯やきっかけを教えてください。

群馬大学の医学部を卒業してから、当時さまざまな分野のパイオニアである先生が集まっていた東京女子医大でもっと深く学びたいと思い、大学院へ進学しました。その後大学病院で勤務していましたが、開院を決めたときには妻が防衛医科大学で教授をしていましたので、勤務地へ通いやすいところを探し、この地で開院することとなりました。私が専門としている内分泌代謝を見るドクターが地域に少ないこともこの地を選んだ理由の1つですね。糖尿病と甲状腺疾患は専門で診療していますので、患者さんの7、8割は甲状腺疾患と糖尿病疾患で通われています。最近特に甲状腺疾患の方が増えています。

―甲状腺疾患にはどんな病気があるのでしょう。また、決まった症状などはありますか?

甲状腺疾患は女性に多い病気で、通院されている方の9割は女性です。甲状腺はのどぼとけの下にある、代謝を促進するホルモンを分泌している器官であり、バセドウ病や橋本病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されたり不足したりすることで起こります。橋本病は症状が出ないことも多く、機能が低下してホルモンの補充が必要になる人も1割ほどですので、怖がらずに受診して、診断を受けてください。バセドウ病は動悸、汗をかく、手の震え、などといった症状が出てから受診されることが多く、症状も更年期障害とよく似ているため、最初は婦人科に行かれる方も多いです。どの科を受診した場合でも血液検査でわかりますので、きちんと検査をしてもらいましょう。

―病気が見つかったときはどんな治療をしてくれますか。

当院では迅速な検査と診断、早期治療を心がけ、クリニックではありますが、糖尿病と甲状腺疾患に関しては大学病院と変わらないレベルの医療を提供するつもりで診療しています。機器も一通りそろっており、ヘモグロビンA1c(エーワンシー)測定には、より正確な数値が出る新しいものを導入しました。糖尿病についてはインスリンポンプ療法以外は全て治療することができますが、重篤な合併症やがん、狭心症や心筋梗塞といった病気が見つかった場合は、それぞれの臓器や疾患に合わせて適切だと思われる病院を紹介しています。甲状腺疾患は超音波診断も重要になりますので、その他の疾患の腹部超音波診断も兼ねて、専門の放射線技師に来てもらっています。甲状腺疾患で重篤な症状がある場合は専門病院をご紹介しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細