全国のドクター9,235人の想いを取材
クリニック・病院 160,697件の情報を掲載(2022年6月29日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 草加市
  4. 新田駅
  5. ふじかわ歯科医院
  6. 藤川 宗之 院長

藤川 宗之 院長の独自取材記事

ふじかわ歯科医院

(草加市/新田駅)

最終更新日:2022/06/21

20220610 147196 top

青柳五丁目バス停から徒歩1分のスーパーベルクス内にある「ふじかわ歯科医院」。2007年の開業より身近な町のかかりつけ歯科医院として幅広い主訴に対応し、子どもたちから高齢者まで、地域の家族の健康を守っている。院長を務める藤川宗之先生は、福岡県出身で歯科医師家系の3代目。九州歯科大学を卒業後、東京医科歯科大学に入局し、関東で歯科医療を提供していくことを決意して独立を果たした経緯を持つ。患者本位の診療に努め、基本に沿って精密な治療をモットーとする藤川先生に、クリニックの特徴や診療において大切にしているポイントなどについてじっくり聞いた。

(取材日2022年5月23日)

地域の歯のかかりつけ医として幅広い悩みに対応

クリニックとしてどんな歯科医療の提供をめざしていますか?

1

私の祖父と父は、どちらも歯科医師で、開業医として日々忙しく仕事に打ち込んでいました。そんな2人の影響もあって、私も常々できる限りたくさんの患者さんを診られる歯科医師でありたいと思ってきました。そこで当クリニックでは、何かの分野に特化するのではなく、口の中のいろんな悩みに幅広く応えられる歯科医院であることを大切にしています。自分や家族のちょっとした歯の痛みや違和感であっても、いつでも気軽に相談できる。そんな地域のかかりつけ医として力を尽くすことが私たちの役割だと捉えています。

全体的な診療における方針を教えてください。

あらゆる治療は患者さんの希望や気持ちを十分に考慮することが重要で、歯科医師の独断や主導で行ってはいけません。そこで患者さんの訴えをしっかりと聞くために、なるべく話す時間を取ることを徹底。さらに、家庭環境やブラッシングの力量、経済面など、患者さんの背景を踏まえてプランを熟考し、適切な進め方で治療するよう心がけています。極端に言えば、悪い歯があってもすぐに治療の必要がない所見であれば、患者さんに説明した上で希望によっては、メンテナンスを受けながら後回しにしても良いという考え方です。何より患者さん主体の治療が大切だと捉えています。また、重視しているのが基本に忠実な治療。当クリニックでは約9割が保険診療ですが、材料以外は自費も保険も分け隔てなく、同じように精密な治療に力を尽くしています。

患者さんと接する上で大切にされていることは何ですか?

2

患者さんは全員が話し上手なわけではありません。歯科医師と対面すると緊張したり、本音を言えなかったりする方もいらっしゃいます。人というのは日によっても気持ちやモチベーションに変化がありますので、対話中の一瞬一瞬の表情やしぐさにも気を配り、本当に言いたいことは何なのかを察するように努めています。淡々と話を進めるのではなく、そうした心の動きに配慮しながら、個人的には間合いのバランスを意識しています。また、当クリニックでは、患者さん全員に対して入念な検査を実施。少しでも気になる箇所があれば、口腔内カメラやエックス線でより緻密に検査し、口腔内の現状をわかりやすくご本人に説明するよう徹底しています。

小児歯科や歯周病の治療など、患者本位の診療に注力

患者層についてお聞きします。

3

幅広い年代の患者さんが受診されていますが、0歳~15歳くらいの子どもたちが全体の約半数、残りは60代以上の高齢の方々が多いですね。子どもたちは、学校健診で引っかかったり、歯が痛んだりして来院するケースが目立ちます。当クリニックはホームページがないので、親御さん同士のクチコミで知って来られる方もよくいらっしゃいます。高齢の方の主訴の多くは、入れ歯の調整や定期的なメンテナンス。私は入れ歯の技工も自分で行うので、気軽に相談に乗っていますし、簡単な処置で済む場合は即座に対応しています。

小児歯科の診療で重視されていることを教えていただけますか?

当クリニックがあるエリアは都心と比べて歯科医院が少ないせいもあって、予防意識がそれほど高いとは言えません。加えて、子どもたちの受診率が高いこともあり、小児の予防歯科には力を入れています。多くは虫歯になってから親御さんと一緒に受診する子たちですが、幸いなことに乳歯期間の場合がほとんどです。診療においては、親御さんに対してはもちろんですが、5~6歳以上の子どもたちにも、虫歯になった理由やこれから生えてくる永久歯の大切さをわかりやすく説明するようにしています。きちんと理解できれば、歯磨きを頑張り、予防意識が芽生える子もいますね。もちろん、個人差があるので、実年齢ではなく、理解度や歯磨きの力量を見極めながら、その子に合わせた対応を心がけています。

こちらではどんな歯周病治療が受けられますか?

4

歯周病の内科的治療を提供しているのが当クリニックの特徴の一つです。歯周病の家族歴がある方や、歯ぎしりや食いしばり、口腔内の乾燥が強い方などは、重症化しやすい可能性が高いので、積極的に推奨しています。具体的には、除菌薬を1日1回3日間服用し、併せて真菌薬での歯磨きを約2週間行います。これによって口の中のかびや細菌を適切な量へのコントロールを図ります。事前に薬を用いて歯周病の原因にアプローチし、その後、歯石取りなどの治療を施すことで歯周病の根本的な解決をめざします。当クリニックでは、保険診療で対応しています。

患者一人ひとりに寄り添い、適切に口腔内を管理

メンテナンスにも注力されていますね。

5

クリーニングや歯磨き指導は歯科衛生士が担当しますが、その後、メンテナンスの患者さん全員を診るのが私のポリシーです。歯科衛生士だけが対応して終わりということは、当クリニックでは一切ありません。それだけに待ち時間が発生してしまうこともありますが、患者さん一人ひとりの健康のためにスタッフ一丸となって力を尽くしていますので、ご理解いただけたらと思います。クリーニング後の診察では、前回の受診時と変化がないか、口腔内をしっかりチェック。検査データも毎回確認し、見落としがないよう徹底しています。院内で密に連携を図ることで、異変があれば迅速に対応できるのが大きなメリットです。

歯科医師を志したきっかけや仕事のやりがいは何ですか?

歯科医師だった祖父と父の影響が大きかったのは間違いありません。小学生の物心つく時には、自然と将来は医師か歯科医師になるのだろうと思っていました。高校生になり、2人の背中を追いかけるように歯学部へ。父は寡黙な人でしたが、患者さんや仕事に対する熱量はすごいものがありました。そんな父のように地域の人々に慕われ、日々多くの方を診られる歯科医師になることが長年の目標でした。開業して15年以上。当初は無我夢中で診療にあたっていましたが、長く通われている患者さんたちから、「ここで開業してくれて良かった」と感謝されるたびにやりがいを実感します。それは、「もっと頑張らないと」と初心に立ち戻らせてくれるありがたい言葉でもあります。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

当クリニックは、何かに特化している歯科ではありません。しかし、受診されるすべての患者さんに最善の治療を提供できるよう取り組んでいます。子どもたちからお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんまで、ご一家全員を診られる地域のかかりつけ歯科医院として誠実かつ精密な診療に努めることが私たちの役割です。お口の中のことで、何か困ったことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正歯科/77万8000円、インプラント治療(1本)/18万円

Access