医療法人デンタルハート Y'sデンタルクリニック

医療法人デンタルハート Y'sデンタルクリニック

吉木 雄一朗院長

144592

患者の一生を診る歯科医師であるためにやるべきこと

―思い出に残る患者さんとのエピソードをお聞かせください。

以前リスクを抱えた患者さんに対して、なかなかコミュニケーションが上手くいかなかったことがありました。それでも時間をかけ、スタッフとも協力してコミュニケーションを重ねていき、最終的に治療に踏み切ってもらえたことは、とても印象に残っています。治療は簡単に踏み切れるものではないですし、だからといって、「あの時こうしておけばよかった」と後悔したくもありません。そうならないために、今できることは何かを考え、提案することが大切です。口腔内環境の変化によって、再治療が必要となることもあります。もし再治療が必要となっても、最初の治療でなるべく削らず、美しい治療をしておけば、再治療もしやすくなります。患者さんの一生を診るためにも、それらを複合的に考えることは僕らの義務です。患者さんの中には定期的にクリニックに通うことが難しい方もいらっしゃいますので、生活背景も含めた治療の提案をしていくことも大切ですね。

―お忙しい日々と思いますが、休日はどのようにお過ごしですか?

休んでいる時に他の方が勉強会に行っていると思うと置いていかれるような気持ちになるので(笑)、勉強会や研修へ足を運んで、新しい知識や技術を学んだり、歯科医師同士でディスカッションをしています。1人の患者さんを治療するにしても、提案できる治療法は1つだけではありません。治療の幅を増やすためには、やはり勉強は欠かせませんね。特に矯正治療や口腔外科を専門とする先生方と交流するのには絶好の機会ですし、交流を通してできたつながりによって、みんなで協力し合い患者さんのあらゆる悩みに応えられる体制を作れるようにしたいと思っています。他にも、普段お世話になっている歯科技工士の皆さんと交流の機会もたくさんとるようにしています。

―最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

歯は人間の体の中で、自然治癒しないのは歯だけです。削ってしまったらその後は人工物を入れるしか方法はありません。やはり十分話を聞き、こちらも丁寧に説明を重ねることで、納得して治療に臨んでもらなければ、トラブルや後悔につながってしまうこともあります。当院にも「昔、見た目のために治した歯が今になってトラブルになった」と相談しにいらっしゃる患者さんがいらっしゃいます。そうならないためにも、将来を見据えた治療計画を提案していかなければいけませんし、それを踏まえて納得の上選んでもらうことが、とても大切になるかと思います。納得するためには、時にはセカンドオピニオンも必要です。これからの健康のためにも、納得の治療を受けていただきたいですし、そのためにも、ぜひ相談しに来ていただきたいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細