全国のドクター9,362人の想いを取材
クリニック・病院 160,997件の情報を掲載(2020年12月04日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 豊田市
  4. 猿投駅
  5. ながい歯科
  6. 永井 泰成 院長

永井 泰成 院長の独自取材記事

ながい歯科

(豊田市/猿投駅)

最終更新日:2019/08/28

144503

遠くに山並みを望む豊田市西中山町。県道沿いの家々に溶け込むように「ながい歯科」は建っている。一般歯科から小児歯科、口腔外科、審美歯科などを標榜し、治療だけでなくメンテナンスも重視する診療スタイルを、20年の長きにわたり続けてきた。すっかり地域になじみ、スタッフと打ち解けた会話を交わす患者も多い。永井泰成院長は、話しやすい雰囲気で物腰も柔らか。「娘2人とはよく話をしますよ。先だっては姉妹で旅行の相談をしていて、微笑ましかったです。私?私は犬の世話がありますので……」と人の好い笑顔を見せる。今後は予防歯科にも力を入れていきたいという院長に、勤務医時代からこれまでのこと、さらに展望について語ってもらった。
(取材日2017年7月11日)

「基本をしっかりすること」が一番良い仕事

先生は、なぜ歯科医師になられたのでしょうか?

1

私は名古屋市の覚王山で生まれ育ちました。愛知学院大学歯学部附属病院が目と鼻の先で、小さい頃からその周辺が遊び場だったんです。それで歯科医師になることを刷り込まれてしまいました(笑)。開業を考えた時、覚王山でも土地を探したのですが当時はなかなか難しく、こちらの場所を紹介されて決めた次第です。この辺りは、豊田市に編入される以前は藤岡町といって平均年齢が日本一若い町だったんですよ。患者さんはお子さんのいるファミリーや働き盛りの世代の方、高齢の方まで満遍なく来ていただいています。2018年で開業20年になりますが、数年前に診療チェア2台を新しいものに取り替えました。とてもふかふかで座り心地が良く「持って帰りたい」という方もいるほどなんです(笑)。

普段、どんなことを心がけおられますか?

治療面ではまず「基本をしっかりすること」に尽きますね。新しい、難しい方法にチャレンジされる先生もいらっしゃるでしょうが、私は基本をしっかりすることが、一番良い仕事だと思っています。たとえ虫歯1本でも、詰め物をするだけでも、簡単な治療をしっかり納得いくようにすること、を心がけています。段階を踏んで、途中を飛ばさずに、ということも大事にしています。同時に、お口の状態や治療法、治療期間などについて「丁寧な説明をすること」、そして「痛みの少ない治療をすること」にも配慮しています。例えば麻酔の時は深呼吸をしていただいて患者さんに「大きく息を吸って、ゆっくり吐いてくださいね」と言うんです。息を吐くと、ふっと力が抜けて体が緩むので痛みを感じることが少ないと思いますよ。また設備面では、感染症予防のため、器具の滅菌をしっかりと行っています。

先生が力を入れている治療は何でしょうか?

2

入れ歯と歯の根っこの治療です。勤務医の頃から多くの患者さんを診させていただいて、経験を積んできました。中でも入れ歯はエビデンスや理屈ではなく、経験則に基づくことが結構多く、職人のような世界です。そうした細かい作業はとても好きなのですが、それでも経験のみに頼らず、「基本をしっかりすること」は大切にしています。部分入れ歯の患者さんは、残っている歯があるのでメンテナンスに来られますが、総義歯の方は、来ていただいても「調子はどうですか?」「いいですよ」とお話だけで済んでしまいますね(笑)。私は、家族にも、占い師にも「お年寄りに好かれそう」と言われたことがあり、それもいいかなと思っています。

一つひとつの動作を丁寧に、と心がける

こちらには非常勤の先生もいらっしゃるのですね。

3

はい、お母さん方のニーズに応えたいと思い、日本小児歯科学会の小児歯科専門医で女性の歯科医師に週1回来てもらっています。矯正は小さい矯正、つまり1本だけの矯正は行いますが、あとは専門のクリニックを紹介しています。女性の先生は優しい人で、説明はしっかりしていて、どんな疑問にも答えてくれます。診療を見ていて感じるのは、お母さんが話しやすそうだということです。昔は私も子どもさんを診ていたのですが、今思えばお母さんはよそよそしかったですね(笑)。先生は子育てもされていますので、それも診療に生きていると思います。もう1人、口腔外科の先生は私の高校の先輩でもあり、総合病院で口腔外科の部長をしていた方です。歯が欠損した場合、インプラント治療にも対応しますが、症状によっては患者さん自身の親知らずを抜いて移植するという治療法も可能です。そのほうが自分の歯を使うことができますし、費用も抑えられます。

スタッフの方についても教えてください。

みんな気さくで患者さんの親身になってくれるので、非常に助かっています。特に指示はしていませんが、私の説明が足りないところや、治療のやる気を引き出すようなことを患者さんに話してくれています。歯科助手が保育士の資格を持っていますので、親御さんの治療中、待合室のキッズスペースでお子さんのお守りをすることもできます。私は、日常の所作が大事だと考えていて、「こんにちは」と患者さんを迎えるところから、「お大事に」と見送るところまで、一つひとつの動作を常に丁寧にしたいと思って気を付けています。それでスタッフも自然に、例えば、エプロンを「ばさっ」ではなく、優しく「ふわっ」とかけるなど、丁寧にしてくれていると思います。

先生ご自身が丁寧な所作をされているのですね。

4

大学を卒業して最初に勤務したところが名古屋のデパートの中にある歯科医院で、場所柄、大人の患者さんが中心で財界人も多く、院長はいつも丁寧に対応されていました。それに影響を受けたのかもしれませんね。ある時は芸能人の方が「歯が痛い!」と言いながら来られました。治療後、渡された薬を受付ですぐに飲んでしまって、テレビで観るままの、飾らない方だなと思いましたね(笑)。その歯科医院の次は、大府市にある、お子さんから高齢の方まで幅広い年齢層の方が来られる歯科医院に勤めました。そこでファミリードクターとしての姿勢など、いろいろなことを勉強、経験させていただきました。

メンテナンスを重視するとともに予防歯科にも注力

これまで約20年、いろいろな患者さんとの出会いがあったのでしょうね。

5

小さかった子がお母さんやお父さんになって、子どもさんを連れてきてくださるので、とてもうれしいですね。ある患者さんは、中学生の時の運動中、前歯が3本ほど折れて、治療にとても苦労したので印象に残っています。入れ歯を成長に合わせて少しずつ調整し、高校生のときにブリッジにしてしっかり噛める状態にしました。その彼も今はお子さんを連れて来てくれます。ちなみに、子どもは転んだりして外傷が結構多いのですよ。歯が脱落した場合は、再植といって、抜けた歯を埋め込んで固定する治療法もあります。ただ、そういう歯はどうしても体に異物と認識されて歯を壊す細胞が出てきますので、いずれ根っこに吸収されてしまうのです。レントゲンを撮ると虫食いみたいな状態に見えるのですが、その状態でもとりあえず使えます。そうした現状と将来的なリスクもきちんとお話し、治療を続ける中で信頼していただけるようになったのかなと思います。

今後、力を入れていきたいことはありますか?

当院はメンテナンスに時間をかけているのも特徴で、それはこれからも継続していきます。メンテナンスでは、PMTCというプロによる研磨やクリーニングのほか、専用の歯磨き粉をつけて歯茎のマッサージも行っています。これは歯科衛生士が講習会に参加し勉強を重ねてきたものなんです。5~10分ほどですが、気持ちがいいと評判でリピートする方も増え、マッサージを目当てに初めて来られる方もいらっしゃいます。今後はさらに、予防歯科にも重点を置くようにしたいですね。予防の重要性は一般的にはまだまだ知られていませんので、最初は予防より認知度の高いホワイトニングとからめながら、その大切さを伝えていきたいと思います。予防に関心を持っていただくと、もっときれいにしたい、もっと歯並びを良くしたい、と患者さんの要望も高まります。それに応えられる、よりご満足いただけるクリニックにしていきたいです。

これから、ますます診療の幅が広がりますね。

6

私には娘が2人いるのですが、長女が歯学部に在籍しており、できれば将来、一緒にやりたいと考えています。長女は矯正治療を勉強しているので、矯正治療にプラスして予防やメンテナンスのプログラムを充実させていきたいと思っているのです。診療の幅が広がっても「基本をしっかりする」という方針は変わりません。いつでも、どうぞ安心して来院してください、という気持ちでいます。

Access