きくち内科

きくち内科

菊池 敏樹院長、菊池 葉子副院長

頼れるドクター

14165

市が尾駅西口から国道246を歩道橋で横断し、道なりに歩くこと約5分、マンションの1階にある「きくち内科」。ガラス張りのオープンな外観、入り口の自動ドア、両サイドに備え付けられた手すり……どれも菊池敏樹院長と葉子副院長の「もっと気軽にクリニックに来てほしい」という思いが感じ取れる。昭和大学藤が丘病院で18年もの間、内科全般および呼吸器・アレルギー疾患の診療に従事してきた菊池院長。同大学出身で、保健所の行政医、企業の産業医、中・高・大学の校医として予防医学に尽力してきた葉子副院長。それぞれが強みを生かして地域医療に貢献する2人に、開業時のエピソード、現在力を入れている予防医学、そして今後めざす方向について、ボリュームたっぷりに話を聞いた。
(取材日2016年6月10日)

大学病院で得た知識、経験を地域医療へ

―まずは開業を決意したきっかけを教えてください。

【菊池院長】もっと患者さんと近い所で医療をしたい、気軽に体のことを相談できるような場所をつくりたい、と思うようになったのがきっかけです。もちろん勤務医生活は充実していました。研修医時代を含めると18年にも及ぶ昭和大学藤が丘病院での日々。呼吸器・アレルギー専門の医師として診療・研究・教育に携わり、2002年のSARS(重症急性呼吸器症候群)流行の際には、院内感染対策チームに参加。2009年は新型インフルエンザの流行を受け、発熱の専門外来を立ち上げたりもしました。本当にいろんなことが勉強になりましたね。

―開業してから何か変化はありましたか?

【菊池院長】大学病院時代は患者さんに直接連絡を取って様子を聞いたりするのはごくまれなことだったので、開業したての頃は患者さんとどう関わっていけばいいか悩んだりもしました。でも気になる患者さんには素直に様子を聞いてみようと思ったんです。それで実際に思い切って連絡をしてみたら、ご自宅での様子を詳しく教えてくださって。余計なお世話と思われるかなと心配していたのでうれしかったですね。これを機に患者さんとより深く関われるようになった気がします。

―数ある診療科の中から、いつ頃内科に決めたのですか?

【菊池院長】大学卒業を迎える時点で、内科に進もうと決めていました。しかし一口に内科といっても、呼吸器内科、循環器内科とその範囲は広く、私は全領域を学べる所に行きたかったんですね。当時は卒業と同時に専門を絞るのが当たり前。それが昭和大学藤が丘病院は当時では珍しく、8つの専門内科を3ヵ月毎に研修してから専門科を選ぶ方針だったんです。そこで2年間、藤が丘病院の内科研修医として初期研修を受け、呼吸器内科に入局しました。今、医師としてやれているのはあの時、内科全般について徹底的に先輩方に仕込んでいただいたおかげ。開業してからも当時の経験が生かされています。

記事更新日:2017/01/11


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細