医療法人社団宙麦会 ひだクリニック

医療法人社団宙麦会 ひだクリニック

肥田 裕久院長

141179

治療から復帰までトータルでサポート

―精神科デイケアとは具体的にどのような感じですか?

心と体の回復を図るための精神科リハビリテーションという大きな仕組みがあるのですが、その中のひとつが精神科デイケアになります。不調を感じて精神科を訪れ、診療や薬物療法などで症状が改善した後、次に何をしたら良いのか、どのように生活や社会復帰をしたらよいのかと悩まれる方が大変多いのです。そんな方々のため、社会的スキルを学び直す手助けを行ったり、新たな一歩を踏み出すトレーニングを行ったりする場がデイケア・ナイトケアになります。当クリニックでは、スポーツや料理、季節のイベントなど、さまざまなプログラムを日替わりで提供しています。数あるプログラムの中から一人ひとりの希望を考慮して独自のプログラムを作成し、それをしっかりサポートできる体制を整えています。プログラムはスタッフが一方的に作成するのではなく、患者さんと一緒に作るというシステムのため、無理なく参加できるということで大変好評をいただいています。

―治療後のサポート体制が整っているのは心強いですね。

通われている患者さんの多くにもそう言っていただいているのでうれしいですね。病気になってしまっても、もう一度社会に戻って頑張りたい、生活を取り戻したいと考える方がとても多いと感じています。私たちは患者さんの「取り戻したい」という気持ちに寄り添いながらサポートしていければと考えています。そのほか、生活プラスアルファも充実していますよ。患者さんが参加しているプログラムの中で、事務長率いるフットサルチームがあるのですが、実は日本で一番強いチームなんです。今年のワールドカップでは日本が優勝したのですが、そのチーム12人のメンバーのうち5人がうちのフットサルメンバーなんですよ、すごいでしょ。今後もさまざまな復活支援を考えていきたいと思っています。

―就労支援にも力を入れられているとうかがいました。

各種プログラムやスポーツ等のサポートで自信を取り戻した後に必要なのは、働く場所だと考えました。そこで厚生労働省のモデル事業になりますが、就労支援事業も行っています。身体障害、知的障害、精神障害の3障害の中で、精神科の患者さんへの求人は一番多く、就職を望む方も多いため、希望があれば就職することは可能です。しかし、大きな問題として、継続率が低いということがあげられています。私たちはその点に注目し、継続・定着支援も同時に行っています。就職後もさまざまなサポートをすることにより、継続率もぐんとアップしていますよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細