全国のドクター8,591人の想いを取材
クリニック・病院 161,524件の情報を掲載(2019年11月15日現在)

医療法人社団 とも歯科クリニック

医療法人社団 とも歯科クリニック

村上 友則 院長

20191017 bana

養老町の田園地帯を走る県道227号線沿いに「とも歯科クリニック」はある。この町の出身で、地元に深い愛着を持つ院長の村上友則先生が「生まれ育った養老町の歯科医療に貢献したい」と2005年に開院した。総合病院や歯科クリニックでの豊富な症例経験を生かし、歯科、小児歯科、歯科口腔外科を標榜。地域の高齢者から子どもたちまでの幅広い歯科診療を担っている。「地域の皆さんの予防歯科への意識を高めたい」と話す村上先生に、歯科医師を志したきっかけや同院スタッフのこと、そして予防歯科の大切さを聞いた。
(取材日2019年9月19日)

幅広い経験を生かし、オールマイティーな歯科診療を

―スタイリッシュで居心地の良い空間ですね。どんなコンセプトでしょうか。

多くの方にとって歯科医院は、怖いところ、行きたくないところですよね。ですから、設計士さんに「できるだけ患者さんの不安を和らげる、優しい雰囲気にしたい」とリクエストしました。特にお願いしたのは、広く、ゆとりのある空間にしてほしいということです。診療室は親御さんとお子さんが一緒に居られるように、通路は体を斜めにしなくてもすれ違えて、車いすの方が行き来しやすいサイズにしてもらいました。天井は高く、開放感のある吹き抜けにして、木の温かみを感じていただけるように梁を見せています。外観が洋館風で歯科医院に見えないらしく、2005年に開院した当初はパスタ屋さんと間違えて入って来られた方もいました(笑)。今では地域の皆さんが目印にしてくれているので、これで良かったのかなと思っています。

―患者さんの層や主な診療内容を教えてください。

ここは郊外の住宅街ですから地域にお住まいの方たちです。午前中は高齢の方たちが虫歯や歯周病の治療、義歯の相談にいらっしゃいます。午後から夕方は、幼稚園や学校を終えた子どもたちが中心です。夕方からは、仕事帰りの方がいらっしゃいます。おじいちゃん・おばあちゃんからお孫さんまで、3世代で来院されるご家族もいらっしゃいます。私は生まれも育ちも、この町なので、小さい時からかわいがってくれた近所の方たちや同級生たちが応援してくれるんです。ありがたいですね。患者さんの世代も症状も幅広いので、オールマイティーに何でも診られる、地域の歯科医院でありたいと思っています。

―総合病院の口腔外科や麻酔科で研鑽を積まれたのですね。

朝日大学歯学部を卒業後、岐阜大学の口腔外科学講座に入局しました。歯科だけでなく口腔全般の症例を診たかったからです。骨折や口腔がん、顎関節症、顎の骨の中にできる嚢胞の切開手術など、さまざまな症例を経験できました。その後、県立岐阜病院の麻酔科に勤務しました。麻酔科は痛みの処置だけでなく、手術の際の血圧や呼吸などを安定させるための、全身管理を担います。ここでは口腔の手術に限らず、脳外科、産婦人科、泌尿器科の手術にも麻酔担当として携わらせてもらいました。開院すると「持病の治療と歯科治療を並行してもいいでしょうか」という相談を受けることがあります。そんな時、「大丈夫ですよ」とか「歯科治療は持病の手術が無事に済んでからにしましょう」と判断できるのは総合病院で幅広い疾患や治療薬の知識を得たおかげだと思います。持病のある方が安心して歯科治療を受けられるように、今後も知識をアップデートしていきたいです。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/1本 34万1000円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細