全国のドクター8,986人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 杉並区
  4. 下高井戸駅
  5. 水野歯科医院
  6. 水野 綾子 院長

水野 綾子 院長の独自取材記事

水野歯科医院

(杉並区/下高井戸駅)

最終更新日:2019/08/28

13948 %e6%b0%b4%e9%87%8e%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

下高井戸駅北口を出て徒歩1分。商店街を少し歩いたところにある「水野歯科医院」は、この地に開業して間もなく30年。商店街をはじめとする地域の人々に長年親しまれ、高齢者から子どもまで、3世代で通う家族もいるという。院長の水野綾子先生は基本的な治療を大切に、患者の口腔内全体を診て、患者の将来を見据えた診療を行っている。優しい笑顔、質問に対しててきぱきと歯切れ良く答えてくれる姿が印象的だった。
(取材日2018年12月14日)

患者の痛みや気持ちに寄り添い、希望をくんだ診療

歯科医師をめざしたきっかけと、現在に至るまでを教えてください。

1

子どもの頃から歯科医師になりたかったんです。大学卒業後は、尊敬できる開業医の先生のもとで1年半くらい勉強させていただき、実務や考え方を学びました。そこで大切だと学んだことは、自分の歯をいかに大切にするかということ。もともと自分の歯が丈夫ではなかったこともありますが、歯科医師としてまずは自分の歯を大切にしていかなくてはと思いました。その後、新宿の歯科医院に移って6年間勤めた後、この場所に開業することになりました。実は、下高井戸はまったくなじみのない土地だったんですよ。今でもそうですが、当時は周りの商店街の方たちが患者さんをご紹介くださったり、わからないことを教えてくださったり、本当にいろいろと助けてくださいました。そのおかげで30年近く診療を続けてこられたと思います。

患者層について教えてください。

地元の方が多いです。また、ほとんどがご家族、お友達から紹介されて来られる患者さんです。おばあちゃん、お母さん、お子さんと、家族3世代を知っていることもあります。どんな歯科医院なのかをある程度わかって来てくださる方ばかりなので、長いお付き合いになることが多いです。私が新宿の歯科医院にいた頃に診ていた患者さんが、開業後もわざわざ来てくださったのはうれしかったですね。年齢層としては、近くに日本大学と明治大学がありますから、学生さんも来ますし、夜の診療ではお勤め帰りの方が多いです。ただ、長年通ってくださっている患者さんが多いので、年齢が上の方がメインですね。

患者さんと接するときに気をつけていることは?

2

患者さんの気持ちをちゃんと読み取ってあげることですね。どうしたいのかをうまく伝えられない方もいらっしゃるので、思っていることや要望を引き出してあげられるようにしています。だから一方的に、こうしたほうが良いと押しつけるようなことはしません。お話をして、患者さんがしてほしいことと、こちらができることが一致して、互いが納得の上で治療に入ることが大切だと考えています。私自身、いろいろな歯の治療を受けた経験がありますから、患者さんの痛みや気持ちがよくわかるんですよね。あとは、お友達感覚のお付き合いを望まれる方、ビジネスライクに接してほしい方、地元の方、そうでない方などさまざまな患者さんがいらっしゃいます。だから、患者さんそれぞれに合わせた接し方を心がけています。

患者の10年、20年先を見据えた治療を提供

先生が治療をする上で大切にしていることは?

3

もともと持っている歯を健康に、正常な状態に戻すという基本的な治療を大切にしています。歯を白くしたい気持ちはわかりますし、インプラント治療や最新技術を使った治療も時には必要だと思いますが、まずは歯が本来持っている自然な白さ、健康な状態を取り戻せるように治療を進めていきます。また今は健康な方でも、年齢を重ねると何かしら全身の疾患が出てきますし、ブラッシングもうまくできなくなります。歯を無理やり残して、高齢になってから痛みだしたら、治療だけでも大変。将来を見据え、時には入れ歯などの選択肢も大切です。基本を大事に、痛い歯だけではなくて口腔内全体を診て、その方が年齢を重ねた時に栄養が取れる治療を重視しています。

先生の得意とする治療を教えてください。

得意分野は、歯周病、ブリッジや詰め物といった補綴関係、小児歯科です。特に、歯周病は最近かなり多くの方がなっている病気で、自覚症状がない場合も多いので治療に重点を置いていますね。また、子どものうちから正しいブラッシングを教えたり、矯正などを含め適切な治療を施したりすることが健康な歯を保つことにつながると思いますので、小さなお子さんにもぜひ来ていただきたいですね。泣いて診察台に座れなかったお子さんも大勢見てきましたが、子どもって、ある日突然、歯科医院が怖くなくなるんですよ。だからそれまでお母さんと一緒に頑張って治療していきたいですね。

最近力を入れている診療について教えてください。

4

最近増えていると感じるのが噛み締めです。ストレスや、スマートフォンを操作してうつむいている時間が増えたことなどが原因といわれています。年齢を問わず増えていて、噛み締めによって歯が割れてしまうことも。ほとんどの方が自覚していませんから、診療の際に兆候をチェックしています。兆候が見つかった方にはアドバイスをしていますが、生活習慣による部分が大きいですから、なかなか治すのは難しいんです。それでも本人が自覚して気をつけるだけで、ずいぶんと違いますよ。

仕事や子育てに忙しい女性も安心して来てほしい

スタッフの方は全員女性だそうですね。

5 1

そうですね。子どもがいるスタッフや、年齢の高いスタッフもいるので、さまざまな患者さんの気持ちに寄り添えるかと思います。患者さんともよくコミュニケーションを取ってくれていますし、子ども連れのお母さんの治療では、スタッフがお子さんを見てあげることもありますよ。私が何でも一人で抱え込む性格で、ストレスがたまって疲れてしまうことがあるのですが、今のスタッフはそこをうまくサポートしてくれていて、本当に頼れる存在。ストレスなく診療ができ、スタッフにとても恵まれていると感じます。

休日はどのように過ごしていますか?

唯一の趣味がゴルフなんです。もう30年くらい続けています。休みの日には、仲間と一緒にコースを回りますし、仕事帰りに、打ちっぱなしに行って練習することもありますよ。ずっと続けているからどんどん上達するかというと、そんな単純なスポーツではないので、そこがまた面白いところですね。また、仕事では手先を使った細かい作業が中心。だから、開放的で緑がいっぱいのゴルフ場に行くと、いいリフレッシュになりますね。あとは音楽を聞くことも好きですよ。特に好きなのは、クラシック。自宅で聞くだけではなく、コンサートにもよく行きます。普段、クリニックで流す音楽も、クラシックが好きな患者さんが来られる時は、クラシックを流すようにしているんです。

読者の皆さんにメッセージをお願いします。

6

仕事や子育てで忙しくて、自分のことをついつい後まわしにしてしまいがちな方が多いのではないでしょうか。それは私もよくわかるのですが、初期の治せるうちにきちんと治療しておくことがやはり大切です。だって、やっと自分の時間ができた時に、健康な歯がなくておいしいものを食べられない、なんて悲しいでしょう? あとは、小さなお子さんを連れたお母さんも大歓迎。スタッフは全員女性で、子育て中のスタッフもいます。治療されている間、スタッフがお子さんを預かって見ておりますし、にぎやかに遊ばれていても大丈夫です。クリニックでは、なるべくあらゆるニーズに対応していきたいと思っていますので、ご要望があればぜひおっしゃってくださいね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/15万円~

Access