全国のドクター9,511人の想いを取材
クリニック・病院 160,460件の情報を掲載(2022年10月07日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 表参道駅
  5. すずきデンタルクリニック
  6. 鈴木 健二 院長

鈴木 健二 院長の独自取材記事

すずきデンタルクリニック

(港区/表参道駅)

最終更新日:2021/10/12

138510

「水は治療の土台、スタッフや仲間は宝」ときっぱり言い切るのは、表参道駅から徒歩5分の立地にある「すずきデンタルクリニック」の鈴木健二院長。歯科治療では「口をすすぐ」という動作が必ず発生するが、この時に使用する水に注意を払うことが治療する上で欠かせないことだと鈴木院長は考えている。そのため同院の治療で使用する水はすべて殺菌水。少し手間がかかるが、患者のために努力を惜しまない。その原動力はどこから来るのだろうか。鈴木院長に話を聞いた。

(取材日2016年12月5日)

歯科の「いろは」を学んだ表参道で開業

院長のご経歴を教えてください。

1

大学卒業後は、表参道にある、医療法人が開業するクリニックに約10年間、勤務しました。患者さんも治療内容もオールマイティーで、若い方もお年寄りも、虫歯も入れ歯もインプラント治療にも携わりました。その中で、歯科医師としてのベースを学ぶことができました。診療の「いろは」はもちろん、患者さんへの接し方を学んだのが大きかったですね。例えば、年齢に応じた対応。若い患者さんには敬語だと緊張させてしまうので、フランクな言葉を使うことも大事だと知りました。一方で、フランクな対応で気分を害する方がいるのも事実ですから、時間をかけてどんなタイプの方なのかを見極めることも大切だと思っています。さらに、歯科衛生士や歯科医師の指導にも携わりました。特に歯科衛生士に対しては、働きやすい環境作りを心がけました。それがうまくいったのは、当時は僕も若く、新人の歯科衛生士と年が近かったこともあるかもしれません。

開業したのはなぜですか?

リセットしたいと思ったんです。大きなクリニックに勤めていましたから、「患者さんは自分の治療に賛同して通ってくれているのかな」「大きいクリニックだから来ているだけなんじゃないかな」という気持ちが常にあり、自問自答する毎日でした。そういう中で、一度ゼロからスタートする環境で自分の力を試したいと考えたんです。開業地については、出身の練馬も考えました。それを先輩に相談すると「10年間、何をやってたの?」と言われたんです。表参道で開業するとなると、勤務時代のクリニックと同じスタンスで治療をする必要がある。でも、10年間それをやってきたんだから自信を持っていいんだぞという励ましの言葉でした。それで、表参道で開業しようと決意しました。

そのスタンスとはどのようなものですか?

2

一人の患者さんに集中して治療をすることです。当院にはユニット台は2台しかありません。一つは歯科医師の僕が治療をするためのもの、もう一つは歯科衛生士の台です。それぞれの専用台でじっくりと一人ひとりの患者さんに向き合うことで、計画に沿って治療を進めやすくなるんですよ。たっぷりと時間をかけますから、予約で来る患者さんが多く、お待たせすることも少ないですね。だから、待合室はもっと狭くても良かったなと思っているくらいです。

水は歯科医院のベース

こちらの患者層を教えてください。

3

30代から40代の方が多いですね。昼間は60代の方も多く、遠方からわざわざお越しになる方も少なくないです。紹介がきっかけで来られる方も多く、本当にうれしいことです。当院の患者さんは8割が女性で、正直お子さんは少ないですが、最近では、開業当時は独身だった女性が結婚と出産を経て、ベビーカーに乗せたお子さんと一緒に来院されることも増えてきました。私は小児歯科を専門にしていないことを断った上で診ています。自分にも子どもが2人いるので、その経験を交えながらアドバイスをしますね。また、付き合いの長い患者さんが多いですから、定期的に歯のクリーニングに来る人も増えました。毎月来る人もいらっしゃいますよ。クリーニングでは歯茎の状態も確認しますから、体調が悪くないかどうかなど、全身の変化にも注意を払う努力をしています。

こちらのクリニックのこだわりは何でしょうか?

水ですね。うがいをしていただくのにも治療をするのにも、水道水ではなく殺菌水を使っています。水質調査を行う施設に年に1度は検査を依頼し、細菌がゼロであることを確認してもらっています。水質管理は楽ではないんですよ。殺菌水を機器に入れっぱなしにしてしまうと、機器が傷んでしまうおそれがあるため、朝出勤してから殺菌水を入れるんです。もう殺菌水を使って4年になりますね。患者さんは気づきにくい工夫ですが、治療のベースとなる水にはこだわりたい。このこだわりが、従業員が安全で安心できる治療を患者さんに提供するためにもなり、結果的に従業員を守ることにもつながると信じています。

院長が心がけていることはありますか?

4

元気であることですね。こちらが元気じゃないと患者さんも気分が落ち込むでしょう。あと、患者さんの話に耳を傾けることは大事にしています。初診は1時間くらい診察時間を取りますよ。でも僕のほうからも話すかな。歯科衛生士からは「先生、話し過ぎ」と言われることもしばしばあります(笑)。どういう経緯でどうなったのかを患者さんに尋ねている経過で、どうしても話し過ぎちゃうんです。

仲間とスタッフは宝、患者の「ありがとう」で頑張れる

歯科医師をめざした理由を教えてください。

5

手に職をつけたいと思ったことと、人と接するのが好きだったことかな。家族や親戚に医療系の仕事をしている人はいなかったのですが、学生時代に医療系の仕事をしている人と話す機会があり、その時から手に職なら歯科医師と考えるようになりましたね。大学は日本大学松戸歯学部に入学しました。思い出はクラブですね。サッカー部に入ったのですが、仲間がたくさんできました。今もみんなで会いますし、後輩も先輩も関係なく意見を言い合えるんですよ。食事をしながら学び合ったり悩みをアドバイスしあったり。クラブの仲間は本当に宝物だと思っています。

休日はどのようにお過ごしですか?

スポーツをしたいと思っているのですが、なかなかできなくて。実は月に1回、レーザー治療の講師をしているんです。全国から集まってくる歯科医師のために当院で講義をしています。当院のレーザー機器は歯科用ではなく、皮膚科や産婦人科などでも利用される医療用レーザー。レーザーを使うと麻酔を使わずに処置できますし、極力歯を削らずに治療をできるので、患者さんの負担も軽減できるんですよ。

最後に今後の展望をお聞かせください。

6

治療の土台となる水の重要性を、歯科医師の間で広めたいと思っています。また、レーザー治療のメリットを患者さんに広く知っていただけるように努力していきたいですね。歯科治療は患者さんにとって気持ちの良いものではないはずなのに、「ありがとう」と言ってくださるんですよ。それが本当にうれしいから、「この人がもっと楽になれるような治療をしてあげたい」と思うんです。そのためにはスタッフとも連携していきます。開業してからはスタッフのマネジメントも役割になり、大変だと感じたこともありますが、今は「プロはプロに任せる」という気持ちでスタッフを信じています。歯科衛生士は僕にはない知識があることもありますし、僕にできないことをやってくれますからね。例えば、患者さんから話を聞き出すことなどは僕より上手。そんなスタッフたちも、僕の宝ですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/1本47万円~(税別)

Access