求人情報ON
わきた歯科医院

わきた歯科医院

脇田 雅文院長

137399 df 1 main 1443663343

「わきた歯科医院」の院長の脇田雅文先生は、インプラント治療を数多く行ってきたスペシャリスト。熱意と意欲にあふれ、少ない本数のインプラントで人工歯を支える技術など、時代とともに編み出される新たな手法も積極的に導入してきた。そんな脇田院長が自身の著書『「食べる力」が健康寿命をのばす』を2015年に刊行。食べる力と健康寿命には密接な関係があり、高齢者の主な死亡原因である誤嚥性肺炎や認知症の発症に、噛む力が影響している可能性があるのだと話す。自分の足で通院できる患者を増やしたいと語る脇田院長に、噛む力の重要性やインプラント治療の話など、詳しく聞いた。
(取材日2015年8月28日)

噛む力が健康寿命に大きく影響

―どんな患者さんが来院していますか?

インプラント治療をご希望の患者さんが中心で、遠方だと岩手や岐阜、中には鹿児島からお越しの方もいらっしゃいます。入れ歯が合わず、好きなものが食べられないことにお悩みの方が多いですね。20年前にインプラント治療をした85歳の患者さんのことは印象に残っています。最近、来院される前にがんの手術をしたそうですが、以前のインプラント治療によって「食べる力」を保持していたため、経管栄養に頼りきりにならず、お口からも食事を取ることができたそうです。そのときに「食べる力」が自身の健康につながったことを実感しておられました。当院は「100歳になっても患者さんに歩いて来ていただける歯科医院」をめざし、患者さんの飲み込む力の維持と健康寿命の延伸に努めています。

―先生のご著書も健康寿命にまつわる内容でしたね。

『「食べる力」が健康寿命をのばす』という本で、飲み込む力、つまり嚥下能力について触れています。嚥下に詳しい先生が海老名歯科医師会に当時在籍しており、その先生から多くを学んでいた矢先、私の85歳の父が交通事故に遭ってしまったんです。骨盤だけでも3ヵ所を骨折する大事故で、2ヵ月間は集中治療室で絶対安静の寝たきり生活。元気だった人が1週間寝たきりになるだけでも立ち上がりが困難になるといわれておりますが、2ヵ月という長期間に及ぶと、手足の筋力に加えて喉の筋力も落ちてきます。すると、今まできちんと胃に入っていた物が肺に入る誤嚥性肺炎や、睡眠時に唾液が胃から肺に逆流する不顕性誤嚥を起こしやすくなっていきます。

―では、交通事故後、先生はお父さまをどのようにケアされたのですか?

2ヵ月間毎日父のもとに通い、歯ブラシで口腔内を清掃したり、口腔周囲筋を鍛えるためにわざと咳をさせたりするほか、「パ」「タ」「カ」「ラ」と発音させるトレーニングも行いました。これらの発音は通常、簡単なものなのですが、口腔周囲筋が弱っていると発音できないことが多いんです。何回かトレーニングしてやっと「パ」と言えるようになる程度だったのですが、こうした努力の結果、食べる力の衰えを抑制することができて、父は胃ろうにならずに済みました。また、口腔内の清掃による刺激は大脳皮質への刺激にもなり、認知症の予防に一役買ったかもしれませんね。私は歯科医師なのでこのようなケアができましたが、ケアの方法を知らずに不幸な結果となってしまう方も多いと思います。そのような方を一人でも減らしたいと思い、この本を書きました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療(1本)/35万円~
歯列矯正/35万円~
歯科検診/4000円~



Access