全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 瀬戸市
  4. 水野駅
  5. 中原クリニック
  6. 中原 辰夫 院長

中原 辰夫 院長の独自取材記事

中原クリニック

(瀬戸市/水野駅)

最終更新日:2019/08/28

134786

名鉄瀬戸線水野駅から車でおよそ5分の所に位置する「中原クリニック」。周辺は豊かな緑や閑静な住宅街に囲まれており、静かで落ち着いた印象だ。広々とした待合室は大きな窓から光が差し込み、ピンクを基調とした優しい雰囲気になっている。「待合室と診察室が離れているので、他の人を気にせずお話をしていただけます」と語るのは、院長の中原辰夫先生。現在は父である中原靖典先生と2人体制で診療を行っている。同院では、分娩を中心に一般不妊治療や体外受精などの高度生殖補助医療、子宮内視鏡下手術と幅広く治療を行う。少子化・出産年齢の高齢化に伴い、幅広く患者のニーズに応えていきたいという中原院長に、同院の方針や普段心がけていることについて詳しく聞いた。
(取材日2016年11月10日)

不妊治療から妊娠・出産、婦人科診療まで幅広く対応

こちらのクリニックの歴史について教えてください。

Df1

当院は瀬戸市の公立陶生病院で長年産婦人科の部長をしていた父が開業しました。前の建物はここから近いところにあったのですが、コンパクトなクリニックで手狭になったので、2003年にこちらに移転しました。診察室が2部屋ありますので、父と私が同時に診察を行っています。父との役割分担というのは特にしていませんが、基本的には私が診察を行い、昔からの患者さんなど希望がある方は父が診察をしています。患者さんは近くの方が中心で、豊田市や長久手市からも来られますが、瀬戸市や近隣の尾張旭市、名古屋市守山区の方が多いですね。

分娩に対するクリニックの方針についてお聞かせください。

安全でできるだけ自然な分娩を心がけています。必要に応じて帝王切開や鉗子分娩などを行うというのが基本です。産後は経過に異常がなければ母児同室としています。当院では里帰り出産を受け付けていますので、希望される場合、可能であれば妊娠10~20週頃に一度ご来院いただきたいと思います。お産に関するさまざまな悩みを取り除き、妊娠中から出産まで快適に過ごしていただけるよう、出生前健診や母親教室、マタニティーヨガなど、元気な赤ちゃんを出産するための環境を整えています。

希望があれば、和痛分娩や無痛分娩も可能とのことですね。

Df2

和痛・無痛分娩については、計画分娩といって自然の陣痛開始を待たずに薬剤などによって陣痛を起こして分娩を進めて行う施設もあると思います。しかし当院では基本的には24時間いつでもできるようにしています。もともと予定していなかったけれど、いざ陣痛が始まり「やっぱり無痛分娩にしたい」という希望にも柔軟に対応しています。麻酔薬の影響で頭痛や吐き気を起こすことがごくまれにありますが、赤ちゃんへのリスクは少ないですし、きちんと管理していれば安全に麻酔を進めることができます。無痛分娩にして、それまですごく痛がっていた方の痛みがとれる姿を見ると、無痛分娩って良い方法だなあと思います。ただし、私としては妊婦さん全員に無痛分娩を勧めるわけではなく、あくまで無痛分娩を選択肢の一つとして覚えていただければと思います。全く無痛分娩の必要がない方もいますし、お産の痛みに対する考え方は人それぞれだと思いますので。

子宮鏡下手術を用いて子宮筋腫やポリープの治療を行う

こちらのクリニックの不妊治療について教えてください。

Cs3df3

一般不妊治療から、高度生殖医療といわれる体外受精、顕微受精などの診療を行っています。不妊治療は父が公立陶生病院にいた頃から行っていたのですが、当時は体外受精が現在ほど一般的ではなく対応可能な施設も少なかったため、もっとこうした治療にクリニックレベルで取り組んでいければと考えたのも父が開業した理由の一つです。不妊治療ではまず問診・検査を行い、不妊の原因を探ります。当院のように高度生殖補助医療を含めた不妊治療から出産まで対応できるクリニックは少ないかもしれません。不妊症治療から分娩まで自分で診療できるというところはまさに医者冥利に尽きますね。

不妊治療を考えている方に、知ってほしいことはありますか?

不妊症というと、多くの場合女性が病院に来られますが、男性原因のあることもありますので、男性も検査されることをお勧めします。割合としては男性または女性のどちらかにのみあるケースが3~4割、両方にある場合が1~2割、あとは原因不明となります。「生理があるうちは妊娠できるだろう」と思っている方も以前は多くみえたのですが、加齢とともに妊娠しにくくなってしまうという事実を知ってほしいと思います。そして子どもをつくろうとしても一定期間、年齢にもよりますがおおよそ一年間できないのであれば、何か原因があるのでしょうから病院にかかられることをお勧めしたいですね。

こちらのクリニックで行っている、内視鏡手術について教えてください。

Df4

子宮内視鏡下手術によって、子宮の中にある筋腫(子宮粘膜下筋腫)やポリープを切除する治療を行っています。子宮鏡下手術は大学病院にいた頃から行っていましたが、個人病院でもできるのではないかと思っていたので、開業したら取り入れたいと考えていました。当院での子宮鏡下手術は、私がこちらへ来た1年くらい前から行っています。不妊症の患者さんで原因が子宮内のポリープにある場合は当院で切除を行うことができます。不妊症に限らず、生理痛がひどい、生理の量が多いといった症状のある子宮筋腫を治療することが目的で手術することもあります。子宮鏡下手術は専用の機器が必要なため、治療可能なクリニックというのは少ないと思います。当院では分娩に対応しているため入院施設を備えていますし、外来レベルでも子宮鏡検査を受けていただくことが可能です。

時代のニーズに沿い女性の悩み全般に対応していきたい

先生が普段心がけているのは、どのようなことですか?

Df5

クリニックには毎日同じような訴えの人がたくさん来られますが、患者さんにしてみればそれは日常的なことではないので、決して慢心しないように、わかりやすく説明することを心がけています。「僕が患者さんだったらどうしてほしいのか?」と考えて診療するように意識していますね。患者さんの持つ不安を解決することをめざし、患者さんに慕われるような、気軽に話ができるような医師になれたらと思います。

先生のこれまでのご経歴についてお聞かせください。

研修医として最初に勤務したのが公立陶生病院でした。内科や外科をローテーションし、また当時から産婦人科を考えていたので、それに向けて麻酔科や小児科など重点的に学びました。その後豊橋市民病院で勤務しましたが、お産が多く特に産科に関してたくさんの経験を積むことができたと思います。その後名古屋大学医学部附属病院で不妊治療や学生の教育、生殖医療の研究を行いました。研究を通しては、患者さんの診療だけだとわからないような、いろいろなものの見方を学ぶことができたように思います。

最後に今後の展望と、読者へのメッセージをお聞かせください。

時代によって患者さんのニーズは変わっていきますから、周りに合わせて柔軟にやっていきたいと考えています。私は瀬戸市で育ちましたが、少子化で子どもの数も少なくなってきていますし、出産年齢も高齢化しています。妊娠したいというニーズに応えるだけでなく、お産だけに限らず女性の悩み全般に対応していきたいですね。不妊症に関して言うと早めの妊娠を考えていただいたほうが良いかなと思います。不妊治療に限らず、何か困ったことがあれば気軽に相談できるような医師を見つけておくことをお勧めしたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

人工授精/1万7500円~、体外受精/30~50万円、顕微授精/40~60万円、凍結胚移植/4万5000円~(※すべて税抜き)

Access