全国のドクター9,372人の想いを取材
クリニック・病院 160,980件の情報を掲載(2021年1月16日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市中央区
  4. 西鉄福岡(天神)駅
  5. ひがし矯正歯科クリニック
  6. 東 和弘 院長

東 和弘 院長の独自取材記事

ひがし矯正歯科クリニック

(福岡市中央区/西鉄福岡(天神)駅)

最終更新日:2020/09/15

133349 top

西鉄福岡(天神)駅より徒歩2分。アクセスしやすい天神に位置する「ひがし矯正歯科クリニック」は1999年に開業。九州大学附属病院歯科矯正科勤務も含めて30年以上も矯正治療を専門で続けてきた東院長は、患者の気持ちに寄り添うことを何よりも大切にし、無料カウンセリングなどを通してまずは信頼関係を築くことから治療を始めている。各過程で不安を取り除きながら治療を進めるため、丁寧な説明とコミュニケーションで安心感を与える。治療後の見栄えと機能性を追求するため、歯の表側に器具を着ける矯正を推奨。患者一人ひとりに向き合い、満足感が高い矯正をめざしている。やわらかい語り口調と笑顔で話しかけやすい印象の東院長に、治療方針や今後の展望などを聞いた。
(取材日2020年8月18日)

矯正一筋30年。患者の気持ちを敏感に察知

こちらのクリニックにはどのような患者さんが来院されているのでしょう?

1

女性が8割を占め、特に20〜30代が多いですね。中学、高校の時期に矯正をしようと思っていたもののタイミングが合わず、社会人になってからご自身のお給料で治療をされている方も多いです。来院のきっかけとしては、ホームページを見て無料カウンセリングを受けに来られる方も多いですが、一番うれしいのは矯正を受けた患者さんが、自分のお友達やご家族に紹介してくださることですね。当院はアクセスがしやすい天神にあるので、仕事の帰りに来られる方はもちろん、遠方から買い物や食事のついでに矯正の治療をしていく方もいらっしゃいます。

無料でカウンセリングが受けられると、患者さんも相談しやすそうですね。

間口を広くし、気軽に相談に来てくださいという思いを込めて、無料でカウンセリングをしています。どんな治療をするか事前に説明しないと、患者さんも不安ですから、まずは無料カウンセリングでじっくり意見交換をし、納得してもらうことに時間をかけています。私がこう治したいと思っても、患者さんにも希望がありますし、最終的なゴールを決めるのも患者さんです。カウンセリング後に、「もう何件か回って決めます」という方もいらっしゃいます。今はそうやってクリニックをじっくり選ぶのが当たり前になっていますし、料金や治療法、歯科医師との相性もあると思うので、総合的に判断していただきたいです。

治療の際に一番大切にしていることを教えてください。

2

患者さんの目線に立って丁寧に説明することです。人生で初めて歯の矯正をするという患者さんがほとんどですので、治療を進めていく段階でいろんな不安が生じると思います。不思議なもので、長年歯科医師をしていると患者さんの表情や仕草から気持ちをくみ取れるようになりました。歯科医師は患者さんの目線に立てないと駄目だと思いますし、当院では、不安や疑問が生じた時に患者さんが話しやすいような雰囲気づくりを大切にしています。治療についても、私が頑張るだけでは治すことはできず、患者さんや歯科衛生士などみんなの力でゴールをめざします。そのためには信頼してもらうことが何より大事です。不安があったら相談してもらってしっかりと説明をする。とにかくその流れが重要です。

治療後の見栄えと機能性を追求した歯列矯正

こちらのクリニックではどのような矯正器具を推奨していますか?

3

当院は歯の表側に器具を着ける矯正を推奨しています。最近は歯の裏側に器具を着ける矯正やマウスピース型装置による矯正などもありますが、それらは矯正中に目立たないことが第一で、矯正の質を上げるものではないと私は思っています。なので、当院では表側に器具を着ける方法を推奨しています。矯正治療が進んでいるヨーロッパやアメリカでも、表側に器具を着ける矯正がほとんどです。それは、治療中の見栄えより、治療後の見栄えのほうが大切だと考えているからです。治療後の人生のほうが長いですし、治療中は目立ったとしても、その後しっかり噛めるようにすることが一番大切だと思います。ただ、患者さん自身の考えもありますし、私の考えを無理強いするわけではありません。目立たないことを最優先したい患者さんもいらっしゃるので、その場合は私が信頼している別のクリニックを紹介しています。

海外と比べて日本では歯の矯正が普及していないのはどうしてでしょうか?

意識の違いが最大の要因だと思います。海外では人の前に出る時、相手に不快感を与えてはいけないという考えが根づいていて、歯並びが悪いと就職面接の合否にまで影響が出る場合もあります。アメリカでは、歯並びが悪い人のほとんどの人が矯正をしていて、矯正をしない人のほうが珍しいです。皆が矯正をするから、歯に器具を着けていても気にすることなく、逆に器具に赤や青のゴムを着けて矯正をオシャレとして楽しんでいるくらいです。以前、海外の歯科医師が日本に来た時、日本人の歯並びを見て「日本は宝の山だ」と言っていました。それぐらい海外と比べて日本は歯に対しての意識がまだ低いんです。

矯正を専門にする歯科医師にとって重要な技量や考えはなんだと思われますか?

4

技術はもちろんですが、学び続ける意欲だと思います。矯正の分野は日々進化を続けています。勉強会に参加して新しいやり方を常に勉強することが必要です。新しければなんでも良いというわけではないですが、新しい技術をしっかり把握した上で一番良い方法を選び、患者さんに提供することを心がけています。

患者一人ひとりに向き合い、満足度の高い治療に努める

治療にかかる費用をできるだけ抑えていらっしゃるのだとか。

5

当院は開業して21年たちました。正直、もうお金のことをあまり考えなくてもいいかなと思っているんです。だからといって、もちろん手を抜くわけではありません。価格で選ぶのではなく、治療の質で選んでいただきたいので、当院のホームページには料金のことを大きく打ち出していません。大きなテナントで歯科医師と歯科衛生士をたくさん雇うと人件費や家賃なども結構かかりますが、当院は歯科医師は私だけですし、歯科衛生士も2人なので、そんなに必要経費もかからないんです。めざすのは、費用的な負担が少なく、しっかり治せるクリニック。これが一番だと思います。

開業して21年。印象に残っている患者さんとのエピソードを教えてください。

治療を終えた患者さんが、装置を外して自分の歯並びを見た時、うれしくてその場で泣いちゃったことがあったんです。その時は私も、とてもうれしい気持ちになりました。また、あるお父さんは、お子さんの矯正が終わった後、私に手を合わせて拝んでくださいました(笑)。やっぱり、患者さんから感謝されるのが一番のやりがいですね。治療が終わった患者さんで、今は東京にいらっしゃるんですが、福岡に来た時は遊びにきてくれる方もいて、皆さんこんなに喜んでくれるんだとうれしくなります。矯正は本当にやりがいのある仕事だと思います。

今後の展望と患者さんへのメッセージをお願いします。

6

今はグローバルな世界なので、日本人が海外に行っても歯並びで苦労をすることがないよう、日本の矯正に対する意識を世界基準まで上げていきたいですね。私には微々たる力しかありませんが、私が担当した患者さんには「このクリニックで矯正をしてよかった」と思ってもらいたいです。満足してもらえる治療をしていかないと、矯正に対しての意識も変わらないと思いますし、患者さんに満足していただけるように、これからも一人ひとりにしっかり向き合って治療していきます。また、歯列矯正を検討されているのであれば、矯正を専門にしているクリニックを選ぶのがお勧めです。いろんな側面から判断して、ご自身に合ったクリニックを選んでみてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

I期矯正治療/20万円~
本格矯正治療/45万円~
限局矯正治療(部分的な矯正)/10万円~(いずれも税抜き)

Access