全国のドクター8,899人の想いを取材
クリニック・病院 160,976件の情報を掲載(2021年12月09日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 市川市
  4. 妙典駅
  5. 医療法人社団 健秀会 あおば歯科クリニック
  6. 百目木 秀敏 理事長

百目木 秀敏 理事長の独自取材記事

あおば歯科クリニック

(市川市/妙典駅)

最終更新日:2021/10/12

20210712 132136 top

妙典駅から歩いて1分の場所にある「あおば歯科クリニック」。妙典駅の開設と同じ2000年の開業以来、予防歯科を中心に近隣住民の歯の悩みに向き合っている。理事長の百目木秀敏(もめき・ひでとし)先生は日本大学松戸歯学部卒業後、開業までの8年間を同じ歯科医院にて勤務。臨床を通して歯科に関するさまざまな分野での経験を積み重ねてきた。幼少の頃は歯が悪く、歯科医院にもよく通っていたという百目木先生には、患者の気持ちがよく理解できるそうだ。だからこそ、患者が治療内容を納得できるまで説明することをモットーにしている。「スタッフ全員、子どもへの対応には自信を持っています」と語る百目木院長に、予防・メンテナンスの大切さや、診療時の心がけについて話を聞いた。

(取材日2021年6月22日)

街の発展とともに成長してきたクリニック

妙典駅の開設と同じ年に開業したクリニックだと伺いました。

1

そうなんです。2000年の開業ですから、今から21年前のことになりますね。ちょうど妙典駅ができるタイミングだったので、土地勘もあったこの場所に開業することを決めました。当時は大きなビルがほとんどなく、海からの風がとても強かったことを覚えています。それから時がたち、この辺りの人口も歯科医院の数も倍以上に増えました。商業施設も住宅街もますます栄え、当院にも幅広い層の患者さんが来院されています。通勤通学で電車を利用する会社員や学生さん、30~40代の若いファミリーや子どもの患者さん、以前よりお住まいのご高齢の方。皆さんや妙典駅と一緒に、当院も成長してきました。開業当時にまだ小さかった患者さんが立派な大人になられたのを見ると、月日の流れを感じます。

こちらではどのような診療が受けられるのでしょうか?

駅前で夜9時まで、一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科をはじめ、審美歯科やインプラント治療まであらゆる歯のお悩みに対応しています。当院にいらっしゃる患者さんは、予防に対する意識の高い方が多いと感じています。割合としては3割から4割くらいの患者さんが、歯石取りや定期検診で来院されています。歯が痛くなる前に受診をするのは良い傾向ですね。私も予防歯科の大切さを実感しており、特に力を入れている分野です。

印象に残っている患者のエピソードを教えてください。

2

初めてインプラント治療をした患者さんのことは今でもしっかりと覚えています。勤務医時代には、講習会での勉強や先輩のオペのサポートでインプラントに携わっていましたが、開業するまで単独での手術経験がありませんでした。そんな時に、インプラントを希望する患者さんが来院されたんです。インプラント治療の他、ブリッジ治療や部分入れ歯に関しても説明しました。でもインプラントをご希望とのこと。私は開業したばかりで、当院ではインプラントに関する症例がまだないことも話したところ、第1号になってくださることになりました。あれから21年たち、今ではインプラント手術を何百症例も行っていますが、歯科治療の幅を広げるという点で大いに助けられた患者さんです。

大人も子どもも予防・メンテナンスが大切

予防歯科に力を入れているとのこと。なぜ予防・メンテナンスが大切なのでしょうか?

3

成人の過半数が歯周病にかかっていると言われますが、歯周病には初期症状がありません。歯がグラグラする、歯茎が腫れる、膿がたまるといった症状が出る頃には、すでに進行した状態です。このように知らないうちに悪化すると、歯周病は慢性化してしまうのです。何もなくても定期的にチェックを受けていれば、エックス線や検査で初期の歯周病を見つけることができますし、早くから治療をすれば悪化も防げます。虫歯の治療を終えた方も、定期的に歯石除去やクリーニングをすることをお勧めします。これは子どもの患者さんでも同じです。フッ素塗布が虫歯予防になりますし、成長に合わせて矯正や噛み合わせのチェックもできますね。小さい頃から通院の習慣をつけて「歯医者さん」に慣れることも大切です。

子どもの対応に強みを持っていると伺いました。

スタッフ全員が子ども好きで、子どもへの対応には自信があります。治療の際も最初は世間話をして、とにかく仲良くなることを意識しています。そうやって信頼してもらえるようになると、3歳くらいの子どもたちでも歯を削ることまでできるようになるんです。またキッズルームでは、親御さんが診察されている最中に、お子さんが遊びながらお待ちいただけます。保育士資格を持ったスタッフがおりますので、安心してお任せください。おもちゃやボールプールなど楽しい工夫が盛りだくさんです。ベビーカーでいらした場合は、ビル1階のインターホンを鳴らしてください。当院は階段越しの2階にありますが、声をかけてもらえればスタッフがベビーカーを運ぶお手伝いをいたします。

妊娠期でも治療は受けられるのでしょうか?

4

「妊娠していると歯の治療を受けられない」と思っている方も多いかもしれませんね。歯が痛いのに我慢している患者さんもいらっしゃいますが、安定期であればほとんどの治療を受けられます。妊娠初期や臨月ですと可能な処置は限られますので、まずはご相談ください。お母さんに虫歯が多いと、食事や会話を通じて赤ちゃんに感染するリスクが高まります。ご自身と赤ちゃんの健康のために、お口の中を健康に保ちましょう。当院では乳児の歯科検診にも対応しています。赤ちゃんが産まれたら、ぜひ一緒にご来院ください。

インフォームドコンセントを心がけ、患者に寄り添う

診療の際に心がけていることはありますか?

5

患者さんが納得できるまで説明すること、インフォームドコンセントです。当院で学ぶ研修医や若い歯科医師にも必ず伝えています。例えば詰め物やかぶせ物の治療は、患者さんも目で確認しやすく、進行状況がわかりやすいですよね。ですが根管治療のように、患者さんの目で確認しにくいものは、進行状況が伝わりづらいものです。そのため、途中で治療をやめてしまう人も多いんです。でも「今どのような治療をしていて、あとどれくらいかかるのか」をきちんと説明すれば、納得できますし最後まで通いやすくなります。私も小さい頃は歯科医院に嫌々通っていました。治療を途中でやめてしまうと、次に通うのがどんなに気まずいかも経験済みです。そうした患者さんの感情を理解できるので、できるだけ患者さんの立場になった説明を心がけています。

感染症対策について教えてください。

入り口には検温と消毒用のアルコールを置き、問診票では感染に関する項目を増やしました。診療中は窓を開けて換気を行い、診療後はオゾンで院内を空間除菌しています。診療後は都度ユニットを清掃し、治療器具は診療が終わる度に消毒しています。先端だけではなく持ち手部分まで含めた全体の消毒を徹底していますが、これらは開業時よりずっと行っています。歯科医院というのは、抜歯や歯石取りなど小さな外科処置を行う場所。感染対策にもともと力を入れている分野なんです。新型コロナウイルス感染症が流行してからは、これまでの衛生管理をより一層強化しています。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

6

街の発展とともに当院も少しずつ規模を拡大し、今ではユニット8台で診療を行うほどになりました。15人いるスタッフたちは元気で向上心があり、皆が患者さんの目線に立って対応しています。今後も小さなお子さんから年配の方まで「家族全員が安心して通える歯科医院」をめざし努めてまいります。地域の皆さんに信頼してもらえるクリニックになれたらうれしいですね。駅前で夜9時まで診療していますので、ご都合に合わせてお立ち寄りください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正歯科/小児矯正:27万5000円、インプラント治療/1本:25万~33万円、セラミックを用いた治療/詰め物:1本3万円~、かぶせ物:1本8万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access