医療法人  滝川いきいきクリニック

医療法人 滝川いきいきクリニック

池内 克彦院長、池内 玲子先生

130420

名古屋市営地下鉄鶴舞線のいりなか駅から東へゆるやかな坂道を登っていくと、右手に見えるのが、「滝川いきいきクリニック」だ。向かいでは自然食レストラン「自然庵」、近隣にはデイサービス施設「いきいきヒルズ」も運営し、健康を総合的に考えるクリニックのコンセプトが形になっている。院長の池内克彦先生と、内科・循環器科医の池内玲子先生は、息のぴったり合った夫婦。診療科目は違っても医師としてできることはお互い手伝い、助け合うことで、診療が迅速に進むこともあるという。2人共通の思い「いつも笑顔でいきいきと」は、クリニック名に反映され、先生方自身もにこやかな笑顔にあふれている。次々と新しい取り組みをしている両先生にクリニックの特徴や日ごろの診療について笑いを交えながら聞いた。
(取材日2016年6月8日)

「いつも笑顔でいきいきと」をモットーに開院

―待合室にはたくさんの胡蝶蘭が生き生きと咲いていて、クリニック名を知っているかのようですね。

【池内院長】以前にいただいた蘭が毎年花を咲かせます。のびのびと好きな方向に花が咲いていますね(笑)。クリニック名は、元気のあるいきいきとした暮らしを患者さんとともに送ることができるようにしたいという気持ちを込めて命名しました。クリニックのコンセプトは「いつも笑顔でいきいきと」です。開院するにあたって私たちの共通の意識は、病気だけをみるのではなく、人間全体をみる温かい医療をめざしていきたいということでした。「食・生・心」の養生を大切に、病気にならないためにはどうしたらよいかを気軽に体験し、いかに生きるべきかを考える場を提供していきたいという思いがあり、自然食レストランやさまざまな健康促進講座の開催につながっていきました。

―健康になるための「食」の部分のアプローチが自然食レストランの運営なのですね。

【池内院長】自然食レストランは、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の方に向けて薬で改善するだけでなく、「こういう食事がいいですよ」という紹介をするのが目的で始めました。当クリニックのコンセプトの「いつも笑顔でいきいきと」した生活を送るために、食の健全は欠かせません。それと、デイサービス施設で出す食事も外注でなく、体に良い温かい食事を提供したいという思いで、ここで手作りしています。
【玲子先生】五分づきや八分づきのご飯に、季節の野菜や魚中心のおかずで高齢者にも食べやすい自然食です。

―「いきる」や「こころ」へのアプローチについても教えてください。

【池内院長】デイサービス施設や気功、体操、アロマテラピーなどの講座の運営、そして温熱療法などを紹介しています。リハビリテーションに通う患者さんがだんだん高齢になって「先生、これからどうしたらいいんでしょうか」という相談もよく受けるようになりました。まじめに通ってくださっている患者さんたちへのご恩返しもあって、うちでもデイサービス施設を開所しようと思い至りました。老健施設での経験や介護支援専門員の知識も土台になっています。
【玲子先生】「うちではひとりだわ」という高齢者も多く、そんな方々が集う場所を作りたかったんです。スタッフと会話をしたり体を動かしたりして、少しでも健康になってもらいたいという思いで始めました。私自身も体によいことを見つけるのを楽しんでいます。それを皆さんと共有できたらうれしいですね。

記事更新日:2016/07/26


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細