全国のドクター9,001人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 下北沢駅
  5. 下北沢・藤城矯正歯科
  6. 藤城 康二 院長、初鹿 香織 先生

藤城 康二 院長、初鹿 香織 先生の独自取材記事

下北沢・藤城矯正歯科

(世田谷区/下北沢駅)

最終更新日:2019/08/28

12959 %e4%b8%8b%e5%8c%97%e6%b2%a2 %e8%97%a4%e5%9f%8e%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91

小田急線と京王井の頭線が乗り入れ、常に活気ある表情を見せる街・下北沢。その下北沢駅西口から徒歩3分の通いやすい立地にある「下北沢・藤城矯正歯科」は、開院からまもなく30周年を迎える矯正治療専門の歯科医院だ。40年以上の治療経験を持つ藤城康二院長を頼りに、遠方から訪れる患者も多いという。数多くの医療技術を持ち、患者のニーズに合った治療法を選択することができるのが同院の大きな特徴だ。若手ながら多くの症例にあたってきた初鹿香織先生と二人体制で診療を行う同院。視野が広がり、治療の質が深まるなど二人の矯正専門家が協働するメリットは大きい。治療への思いと取り組み方、二人それぞれの趣味など多岐にわたる話を聞いた。
(取材日2018年8月29日)

数多くの治療法を取り入れて検証し患者ニーズに応える

開院から四半世紀以上、遠方からも多くの患者さんが来院されると伺っています。

20190123 1

【藤城院長】ここ下北沢に開院して来年で30周年を迎えます。開院当時、矯正専門の歯科医院はまだまだ少なく、周辺の小田急線沿いでは当院を含めて3軒ほどでした。私は日本歯科大学を卒業し、さらに矯正を極めたいという思いで同大学院の矯正科に進み研究を続け、その後、最終的に医局長を務めて1989年に開院しました。講師時代に学生たちにいかにわかりやすく伝えるか、いかに矯正に興味を持ってもらうかを考えたり、工夫したりした経験は、今、患者さんと接する際にも役立っていると思います。当院には、世田谷区在住の方、小田急線、井の頭線沿線はもちろん、北海道や鳥取など、かなり遠方から通ってくださる方もいらっしゃいます。

特に力を入れている治療法はありますか?

【藤城院長】矯正治療には、さまざまな治療方法がありますが、当院では治療法のすべてに力を入れています。患者さんのニーズに応えるためには、多くの引き出しを持つことが大事だと思います。たとえば、患者さんが「絶対に歯を抜きたくない」と望んでいたとしても、できるものはできるけれども、できないものはできません。ただ、できるものの中で引き出しをたくさん持って対応できれば、それが一番いいと思います。新しい治療も取り入れ、検証して、良い治療法はキチンと使うということですね。当院では、表側矯正だけで3種類、裏側矯正は2種類、マウスピース型装置を用いた矯正も2種類の中から取捨選択して治療法を決めています。

初鹿先生はこちらに勤務されて何年になられるのですか?

20190123 2

【初鹿先生】こちらに来て4年になります。それまでは、別の矯正歯科医院に4年間勤務していましたが、藤城院長の治療方針や医院としてのあり方に魅かれたこともあり、前職からのご縁で当院に来ました。以前勤めていた歯科医院とは、またぜんぜん違う手法をとっていること、先ほど院長が言っていたように、いろいろな装置での治療ができるようになりたかったこともあり、お世話になることにしました。実際に来てみると、院長の方から「これを使ってみないか」という提案があったり、私が見つけてきて試したいと思った新しい装置を採用してくださったり、治療に対するアイディアを柔軟に受け入れてくださっています。

歯を抜く確率を下げる革新的な治療法を採用

最近の患者さんのニーズにはどのようなものが多いのですか?

3

【初鹿先生】目立たない治療を望む方はかなり多いですね。装置が透明であったり、白いものもありますし、ワイヤーも目立たない素材のものが増えてきているので、矯正していても写真ではわからないくらいです。
【藤城院長】当院の患者さんは成人が多く、最近は、矯正治療をする方の平均年齢が上がっていると感じますね。歯医者さんで長く治療をしてくれていても「この歯並びでは噛み合わせがどうしようもない」ということで、40代、50代で矯正治療に踏み切る方が増えているのだと思います。当院には60代の患者さんもいらっしゃいますし、ニーズが変わってきていますね。矯正に機能と審美だけでなく、それに加えて予防的な役割りも求められているのだと思います。

歯を抜かずに矯正治療ができる治療法があるとお聞きしました。

【藤城院長】歯列の側面部分に装着し、歯をまとめて後ろへ送るための大臼歯遠心移動装置で、これを使ってから抜歯しないで矯正を始められることが増えました。もちろん、すべての症例に適応するわけではありませんが、歯を抜くことや、治療期間も短縮の可能性が高くなりました。
【初鹿先生】たとえば出っ歯の場合、普通は抜いて引っ込めます。でも、この治療法なら、奥歯ごと後ろへ持っていって、歯と歯の間に隙間を作り、隙間ができれば歯を抜かずに矯正ができます。装置にゴムをかけるので、患者さんの努力も必要ですが、以前、歯を抜いて矯正治療をしたからもう抜く歯がないという状況で、後になって不具合が出た、まだ少し気になるところがあるという場合にも対応できます。

大臼歯遠心移動装置を、初鹿先生も装着しているそうですね。

20190123 44

【初鹿先生】私はもともと何か自分の強みを持ちたいという思いから矯正を専門に選びました。学生時代の実習で、「上手だね」などと誉められたことが妙にうれしかったんですね(笑)。矯正を仕事にするなら、患者さんに説明するときに、その治療法を自分が経験していたほうが説得力が高いと思い、私もこの矯正を始めたんです。
【藤城院長】初鹿先生以外にも、当院の歯科衛生士が、矯正治療を受けていますよ。

仕事も趣味も熱意を持って、向上する楽しさは同じ

お2人はご趣味にも熱心だと伺っています。

5

【初鹿先生】私の趣味はベリーダンスで、年に数回、当院での勤務後、レストランのステージなどで躍らせていただいています。ここで衣装に着替えて、そのまま行くこともあるので、最初は派手な衣装を見て院長もびっくりされていましたね(笑)。
【藤城院長】私は50代になってから和太鼓とバンド活動を始めました。バンドではベースギターを担当していて、赤坂のライブハウスでライブを行ったりしています。初鹿先生もそうですが、自分の好きなことをする気持ちは、仕事に対する気持ちと同じだと思いますし、すごく大事だと思いますね。一生懸命やることの楽しみは、向上するところにあるわけじゃないですか。向上するところに喜びがあるのは、仕事も趣味も同じだと思います。

矯正専門の歯科医師として、どのようなときにやりがいを感じますか?

【藤城院長】矯正治療は、患者さんの見た目や健康、機能、その2つを回復させることができるし、アーティスティックな感じもしますよね。そういうところに仕事としての面白さを感じています。何より矯正治療の前後では、表情が明らかに違う患者さんがたくさんいます。それを見ると、この仕事をしていて良かったなと思いますね。
【初鹿先生】大人の矯正治療は、だいたい2~3年かかるのですが、治療後は何年分か年齢を重ねているはずなのに、治療前と治療後の写真を比べると、治療後の方が若くなっていたりします。笑顔の作り方が変わって、ずっと口角を上げてくださるようになる姿を見ると、うれしくなりますね。

最後に今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

【初鹿先生】患者さんとは治療以外のおしゃべりで盛り上がることもよくあります。コミュニケーションを大事にして、来院を少しでも楽しみにしてもらえたらうれしいですね。患者さんにご提案できるものは、それなりにご用意していると思いますので、まずは、相談に来ていただければと思います。
【藤城院長】当院では、矯正治療後の後戻りは無料でケアしています。矯正治療はお金も期間もかかるものですから、2~3年で後戻りしてしまったら、自分では納得いかないと思うからです。僕と初鹿先生が二人体制で対応することで、1+1=2以上のものがあると思っていますし、現在のスタッフは、とても仕事熱心で、楽しい雰囲気もあり、意識の高いチームだと思います。これからもホスピタリティを大事にしながら、多くの引き出しを持つ歯科医院でありたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

大臼歯遠心移動法の矯正/20万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access