全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月23日現在)

医療法人 八事レディースクリニック

稗田 茂雄 院長

128402

名古屋市営地下鉄鶴舞線・名城線の八事駅から徒歩10分の「八事レディースクリニック」は、開院して18年になる産婦人科医院。院長の稗田茂雄先生のもとには、不妊症に悩む女性や夫婦が数多く通っている。22年間大学病院や関連病院で専門の生殖医療に尽力し、子どもを望む女性の希望を叶えたいという強い思いを胸に開院。一人ひとりの諦めない気持ちに寄り添いながら日々の診療に臨んでいる。プライベートではジャズが好きで、愛犬と過ごす時間を大切にしているという一面も。インタビューでは稗田先生に、日々の診療への思いや今後の展望などについて、じっくりと語ってもらった。
(取材日2017年7月13日)

患者の気持ちに寄り添いながら専門の不妊治療に尽力

―まずは貴院の特徴について教えてください。

私は大学病院や関連病院で、産婦人科治療の中でも特に一般不妊治療・高度生殖医療に注力してきました。そのため、開院当初から当院でも不妊治療に力を入れています。不妊に悩む方が多く通われていて、患者さんの全体の7割くらいは不妊治療で通院されていますね。その他、一般婦人科の方が2割、妊娠健診の方が1割ほど。ホームページをご覧になって来られたり、紹介やクチコミで当院のことを知ってくださる方が多いようです。不妊治療を受けている方は、やはり30~40代の女性が多く、ご夫婦で受診される方もおられます。

―主な生殖医療の種類と内容について教えてください。

実際の治療を始める前に不妊カウンセリングを受けていただき、まずは妊娠のメカニズムと不妊の原因・検査などを説明して、患者さんにご理解していただきます。その後、各種検査を経て、治療を進めていきます。基本的には、まずタイミング療法を行います。これは、排卵日から妊娠率が高くなる時期に合わせて夫婦生活のタイミングをご指示する治療法。それを数ヵ月続けて、女性の年齢や体調などを考慮しながら、いつ次の段階に進むかを見極めていきます。次は人工授精や体外受精が主な治療法です。どちらも開院当初から取り組んでいます。人工授精は、子宮内に人工的に精子を注入して授精を促す方法。体外受精は、子宮内から取り出した卵子に精子を振りかけて受精させ、その受精卵を培養した後に子宮に戻す治療法です。他に、卵子の中に精子を入れて受精させる顕微授精も行っています。

―診療で大切にしていることは何ですか?

当たり前のことですが、患者さんはお一人お一人違います。どのような思いで来院しているのかをカウンセリングや診療を通してしっかり把握した上で、お一人お一人の診療に全力投球しています。また、赤ちゃんを授かるためには女性が健康でないといけません。食事・運動・生活習慣について適切に指導して、まずは健康な体づくりのための意識を高めていただくようにしています。それから、不妊治療はデリケートなものですから、精神的なケアもきめ細かくするように心がけていますね。患者さんは不安を抱えておられます。当院は開院してから18年間の妊娠率などのデータが蓄積されていますから、論理的にその結果をもとに説明して、患者さんに少しでも安心していいただけるように努めています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細