医療法人社団咲陽会 ふかわ矯正歯科

医療法人社団咲陽会 ふかわ矯正歯科

府川 俊彦院長

頼れるドクター

127794

大船駅から徒歩3分の位置にある「ふかわ矯正歯科」。府川俊彦院長は、長年大学病院で外科的矯正治療を含むさまざまな歯科矯正治療を行ってきたベテランの歯科医師だ。「歯科矯正治療にはチームワークが重要」というとおり、院内では歯科医師が歯科衛生士や歯科技工士の協力を得て治療を進めている。一方、難しい症例では矯正歯科医師間のネットワークを活用し、時には口腔外科や形成外科の医師とも協力しあうなど、連携を大切にしながら診療を行っている。穏やかで理知的な語り口の府川院長に、診療方針や歯科矯正治療に対する思いを聞いた。
(取材日2017年1月5日)

クチコミで診療の輪が広がり続けていった26年間

―開業時から大船における矯正歯科治療の先駆者でいらっしゃいますね。

東京医科歯科大学を経て大学院生として入局した大学病院では、長らく難しい症例の歯科矯正治療を行い、学生指導や後進の指導にあたってきました。当院においても顎の外科手術を併用した唇顎口蓋裂などの先天性疾患や顎変形症の治療を手がけてきましたが、これは町のクリニックで扱うにはやや難しい矯正治療でしょうね。当院の治療の大多数を占めるのは、近隣から来院される大船らしい穏やかで真面目なご家族が中心の、日常的な歯科矯正治療です。そこでは、歯科医師がどれほど学術的に高度な背景を持っているかということはそこまで重視されません。「ないよりあるほうがいい」という程度だと思います。お子さんの矯正治療に同行されるお母さんにとってのクリニックの判断基準は「誠実さを感じられるかどうか」で、そこで気に入ってくださった方がクチコミで評判を広げてくださり今があるのだろう、と捉えています。

―近隣の方が多いということですが、どのような患者さんが来られますか?

交通アクセスの良い当院にはご近所のみならず、横浜市栄区、藤沢市、逗子市、また東京都など、やや距離のある地域からも来院されます。大船は昔ながらの商店街もあり、子どもが多く、のんびりとしたいい地域。学校帰りの中学生はジャージ姿のまま来院したりもしますし、よそ行きではない町の雰囲気が好きです。年齢層は就学前のお子さんからご高齢の方まで幅広いものの、6割以上は小中学生ですね。当院では矯正治療中に虫歯ができないよう、診療のたびに歯の状態を確認してケアを続けています。それでも、例えば中学生の男の子などは部活で忙しく、いくら虫歯の危険性を説明しても歯磨きを十分にしてもらえなかったりと難しさは感じます。最近では大人の矯正治療も増える傾向にあります。海外出張の多い方など、男性でも歯並びを気にされるようになりましたね。

―診療においてのモットーをお聞かせください。

歯科矯正治療では患者さん本来の歯並びや噛み合わせにより、治療効果がすぐに現れる場合と時間がかかる場合とがあります。目立つところがなかなか変化しないと患者さんも不安になりますから、治療前にその点を丁寧に説明して理解していただくことや、治療中に挫折されないようフォローの声をかけることが大切だと考えています。また、治療方法など患者さんの要望をすべては聞き入れられない場合もあります。長期にわたる治療の結果に満足していただくためには、やはり患者さんに矯正治療に関する正しい知識を持っていただくことが不可欠。だからこそ、話をしやすく、来院が苦痛でなく、治療後も気持ちよく帰っていただけるような環境を作ることが重要だと考えています。

記事更新日:2017/08/17

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細