ふじしろ歯科

藤城 久裕院長

126533 %e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%97%e3%82%8d%e6%ad%af%e7%a7%91

大和田駅から東へ車で6分。京阪バスの大久保停留所からは徒歩3分の場所にある「ふじしろ歯科」は、開業から30年以上にわたり地域に根差した診療を行っている歯科医院だ。親しみやすい笑顔で迎えてくれたのは、「僕はおせっかいなので、効率良く改善できることがあれば、患者さんについついお話ししてしまうんですよ」と話す藤城久裕院長。ざっくばらんにユーモアを交えながら話してくれる裏表のない人柄が、多くの患者から親しまれているようだ。そんな藤城院長が意識しているのは、「主訴の解決が必ずしも患者の求めるニーズではない」ということ。日々患者の気持ちに寄り添いながら診療している藤城院長に、診療の際に心がけていることや、この30年間で変化した患者の主訴、予防に対する意識について話を聞いた。
(取材日2019年2月7日)

開業して30年。患者とともに歩んできた歯科医院

―歯科医師をめざされたきっかけと、開業までの経緯を教えてください。

父が歯科技工士で、実家が技工所だったことから子どもの頃から歯に関する仕事は身近でした。僕自身、子どもの頃は虫歯が多くて、痛い思いをしていた時に楽にしてくれる歯科医師に憧れていました。ちょうど父の技工所の技工物を納めている歯科医院で診てもらっていたんですが、歯科医師の仕事を身近で見て、患者さんのつらさを取り除けるこの仕事ってすごいなと思ったのがきっかけです。僕は最初から研究肌ではないと自分自身で感じていたので、開業を目標にしていました。開業するにはお子さんをしっかり診れることが必要だと思い、小児専門の歯科医院で研鑽を積んだ後、1987年に開業しました。

―この地で30年以上診療されている中で、患者さんの層に変化はありますか?

30年もたつと、診ていたお子さんがお母さんになり、ご自身のお子さんを連れて来られる、また親子3代で来られるなど、その方々の人生に長く関われていること実感でき、とてもうれしく思っています。開業当初は徒歩圏内にお住まいの高齢者やファミリーなどがメインでしたが、何年か前からホームページやクチコミサイトなど、インターネット経由で来院される患者さんがとても増え、少し遠くから車で来られる方、また自転車でお子さんを乗せて来られる方など、若い年代の方がとても増えた印象です。初診で来られる方も、男女問わず若い方が多いですね。当院はホワイトニングや審美歯科、矯正も行っているので、見た目をきれいにしたいと来られる方が増えたと実感しています。

―患者さんの主訴は30年の歴史の中で変わりましたか?

最近は「痛い」と来られる方よりも、歯石を取ってほしい、全体をチェックしてほしい、という予防目的で来られる方が多いですね。そういう患者さんが来てくださることが増えて、歯科に対する意識的なレベルが上がっていることは僕たち歯科医師にとって非常にうれしいことです。開業当時は、「痛くなったら行けばいいか」という意識の方がとても多く、どうしようもないひどい状態になってから来られる方もたくさんいましたが、今では歯科医師にかからなくていいようご自身で意識される方が増えてきたなあと感じています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

矯正歯科/8万6400円~、審美歯科/オールセラミック5万4000円~、ホワイトニング/1万4800円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細