全国のドクター8,982人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月17日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 枚方市
  4. 津田駅
  5. 奥田歯科医院
  6. 奥田 裕久 院長

奥田 裕久 院長の独自取材記事

奥田歯科医院

(枚方市/津田駅)

最終更新日:2019/08/28

126448 %e5%a5%a5%e7%94%b0%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

JR学研都市線の津田駅から徒歩10分の場所にある、駐車場完備の「奥田歯科医院」。開院から27年、院長の奥田裕久先生は地域に根差した歯科治療を行う、穏やかな性格のベテラン歯科医師だ。「歯科医院が苦手」な人にも来院してもらえるよう、落ち着いた安心できる院内の雰囲気づくりを心がけている。子どもの患者が多く、虫歯を予防するための活動や、矯正歯科に力を入れているのが特徴だ。奥田院長は常に勉強熱心で、新しい治療技術の習得に余念がない。患者と接する際のモットーや、プライベートでのリフレッシュ法など、奥田院長ならではの話をたっぷりと聞いた。
(取材日2018年10月17日)

歯科医師とスタッフ、患者は対等な存在であるように

なぜこの地に開業されたのですか?

1

大学を卒業して5年以内の開業を考えていて、場所はここ枚方にしたいと思っていました。そこで、以前に父が土地を購入していたこの場所に、歯科医院を開業することにしたんです。このエリアは祖母が住んでいましたので、地域の方への愛着もありました。開業をするなら地域への貢献をしたいと思っていたので、自分にとってなじみのある場所ならそれがかないやすいと思ったんです。

主な患者層や治療内容を教えてください。

当院は歯科と小児歯科、矯正歯科を標榜科目としています。患者層は下は1歳から、上は90代の方まで非常に幅広いです。子どもの患者さんの主訴は虫歯と、歯並びの矯正治療ですね。成人の方の主訴は虫歯や歯周病、入れ歯の破損などが多いです。20時まで診療しているので、仕事帰りの方も多くいらっしゃいます。あと、入れ歯の治療だけ訪問歯科診療をしています。高齢などで来院できなくなった方の家におじゃまして、入れ歯を修理したり、新規に作製したりしています。高齢化が進む以上、訪問歯科診療は避けては通れない道なんです。また、保険診療を望まれる方、自由診療を望まれる方、お口の中を全体的に診てほしい方など、それぞれの患者さんのニーズにしっかりと歩み寄れたらと思います。それが私の治療におけるモットーですね。

患者さんと接する上で気をつけていることは何ですか?

気をつけているのは歯科医師として、患者さんと対等な立場でいることです。それは、患者さんの本音が聞けるようにしたいからです。診療台に座った患者さんは、緊張から本当に思っていることを話せないというケースがあるようです。そこで、少しでもリラックスして治療を受けていただけるようにとの思いから、診療台から中庭を眺められるように、今年の8月に院内を改装しました。天井も高くして開放感を出しています。診療室とカウンセリング室を分けているのは、勤務医時代の磯和歯科医院の経験がベースになっています。

リニューアルでほかに変えた部分は?

2

当院では予防歯科に力を入れているため、診療台を5台から6台に増設し、うち3台を歯科衛生士がメンテナンスに使えるようにしました。歯科医師である私がかぶせ物の治療などによって、お口の中をきれいに整え、歯科衛生士がその口腔内をしっかりとメンテナンスできるのが理想です。予防を大事にするという私の考え方は、当院のスタッフたちにもきちんと伝え、お互いに何でも言い合える空気づくりをめざしています。

矯正歯科治療で子どもの歯並びと真剣に向き合う

子どもの虫歯予防にも注力されていると聞いています。

3

ここ10年ほどは地元の保育園や幼稚園、小学校に診療のため訪問し、主にブラッシング指導などを行っています。子どもたちに興味を持ってもらえるように、毎年バリエーションをつけることを心がけているんです。併せて毎年、歯科衛生士が数人で歯のお芝居をしているんですよ。「虫歯にかかると大変なことになる」、という内容です。その影響か、虫歯で来院する子どもが減ったような印象があります。一緒にご覧になっていた親御さんが、歯磨きの重要性に気づかれたのも大きいのかもしれません。

矯正歯科治療は何歳くらいからスタートするのが良いのでしょうか?

子どもの場合、乳歯が生えそろった段階で大体の歯並びが想定され、それが矯正歯科治療を開始するかどうかの指標になります。永久歯が生えそろう前の、早めの開始を希望される方もいますし、永久歯が生えそろい、歯並びが良くないとわかってから開始を望まれる親御さんもいます。早期に矯正治療を始める場合は、ワイヤー型の矯正器具を使用しなくてもいい場合があります。下顎は一つの骨でできていますが、上顎は複数の骨で構成されています。上顎の左右の骨は、17歳くらいになるまできちんと骨がくっついていないんです。当院ではまだくっつききれていない上顎に対し、固定の装置を利用したり、夜間のみ装着する矯正装置を使う、床矯正と呼ばれる治療方法も行っています。この矯正装置にはネジがついており、それを少しずつ回転させて上顎を広げながら、歯を適切な位置へと移動させます。

早期に治療を始めた場合、後戻りすることはありませんか?

矯正歯科治療を小学校の低学年の間に開始すると、多くの場合、中学生になるくらいまでに治療を終了します。しかし、それから高校2年生くらいになるまで放置しておくと、また歯並びが乱れてくることが少なくありません。そこで、当院で一度矯正歯科治療を行った患者さんに対しては、再治療をなるべくリーズナブルに対応できるようにしています。あとは歯並びを整える場合は生活習慣と密接に関わり、食育も大事なので、合わせて指導しています。食事の欧米化ややわらかい食べ物が増えたことにより、食べ物をじっくりと噛む機会が以前よりも減りました。それで顎がしっかりと発達しにくくなり小さくなった結果、きちんとした歯並びにならない子どもが増えているんです。そのため、しっかりと噛んで食事をすることの大切さを伝えています。

ところで、矯正治療の勉強を始めるきっかけは何だったのでしょうか?

4

私の子どもが中学受験をする際に、リビングに机を置いて勉強を始めた時のことです。その時に、私も何か一緒に勉強しなくてはいけない空気になりました。最初は自己啓発系の本を読んでいたのですが、次第に歯科系の本を読みあさるようになり、それがきっかけで子どもの矯正歯科治療にたどり着いたんです。今は、患者さんの歯の矯正を最後まで責任を持ってやりたいと考えています。

子どもの頃から現在のスタンスが完成していた

歯科医師をめざそうと思われた経緯は何ですか?

5

私には6歳下の弟がいて、近所の歯科医院にかかったのですが、泣いてしまったため治療を中断されたんです。それを見た私は、「泣く子も診られる歯医者になるんだ!」と決意しました。それを学校の作文に書いたのを覚えています。私は幼少の頃はやんちゃな性格だったものの、小学校に入ってからは引っ込み思案になってしまったのですが、小学3年生の時ある先生に影響され、人前で話すことが苦ではなくなりました。私の個性を伸ばしてくれるような先生だったんですね。弟の一件があり、歯科医師をめざそうと思ったのもその頃です。

気分転換の方法や休日の過ごし方を教えてください。

私は気分転換がとても得意で、嫌なことでもすぐに忘れてしまうタイプなんです。休日はもっぱらスポーツに励んでいます。歯科医師ばかりのソフトボールチームに所属していて、ある大会では2連覇したこともありました。でも、近年ではメンバーの高齢化ということもあり、チーム存続の危機を迎えています(笑)。

先生の今後の展望を教えてください。

私は歯科医師の今後の人生設計として3段階の30年計画を決めたんです。45歳から始めて今年で11年目。第1段階である矯正治療をクリアし、第2段階では若い歯科医師に交じってインプラントのセミナーを受けています。目標では75歳くらいまで歯科医師を続けようと考えています。いずれは歯科医師をめざしている私の息子と一緒に、当院で診療ができればいいなと考えています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

なるべく歯科医院は怖いところだと思わないようにしていただきたいと思います。恐怖心のある方にはリラックスできる雰囲気づくりを心がけていますので、どうぞ怖がらずに来院してください。特に子どもは直感的に怖いものに気づきやすいので、「怖くないんだよ」という雰囲気づくりにとことんこだわっていますね。時々治療中に子どもから蹴られることもあるんですが、まったく気にしていません(笑)。穏やかな雰囲気を大切にしていますので、苦手意識を持たずにご来院いただけたらと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正治療/9万円~28万円
成人矯正治療/45万円~

Access