全国のドクター8,454人の想いを取材
クリニック・病院 161,465件の情報を掲載(2019年9月19日現在)

陰山歯科医院

陰山 恵三 院長

126385 %e9%99%b0%e5%b1%b1%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

京阪本線枚方市駅から徒歩7分。閑静な住宅街の中に「陰山歯科医院」がある。父から医院を引き継いだ陰山恵三院長は、外来の一般歯科診療に加えて訪問歯科診療をスタートさせ現在、多くの患者宅や施設で診療をする規模に成長させた。患者の治療と医院の運営はとても忙しいが、訪問診療のさらなる拡大に向けて積極的に活動する多くのスタッフに支えられながら患者第一の診療を毎日実践している。外来で通院する患者にとっても今後、訪問歯科診療のサポートを受けられる歯科医院として認知しておくことは、家族で通う患者にとっても安心な情報のひとつである。同院は、まさに頼れるドクターとして地域に医療貢献している歯科医院であり、そんな陰山院長に訪問診療を始めたきっかけやその思いについて話を聞いた。
(取材日2018年3月13日)

外来から訪問診療まで長く利用できる歯科医院

―まずはじめに、貴院の紹介をお願いできますか?

1982年に父の歯科医院を継ぎました。現在は外来での一般歯科治療と訪問歯科診療を行っています。患者さんの年齢層は外来では50歳以上の方が多く、主訴は虫歯や噛み合わせの治療、口臭の相談もあります。訪問診療は2000年から開始し、毎月多くの患者さんを治療するようになりました。やはりご高齢の患者さんが多く、口腔ケアや義歯の製作、修理を行いながら咬合機能回復をするといった治療がメインです。他院と比べて施設より居宅訪問の割合が高いので、高齢のご家族の口腔ケアでお悩みの方も、お気軽に問い合わせいただきたいですね。また無料送迎サービスもあるので、幼いお子さんやそのお母さんにもぜひこのサービスを利用して治療を受けに来ていただきたいです。

―訪問歯科診療を始めたきっかけは?

歯科医師になって数年で、父に院を引き継ぐようにと呼び戻されました。引き継いで間もなく父は亡くなってしまいました。今から思えば、時間がないと思っていたのかもしれません。父の時代はまだ歯科医院は少なかったのですが、どんどんその数が増え、自分が院長になった頃から患者数が減ってしまいました。この状態を何とか打開しようと模索していた時、訪問歯科診療を見学し、「このスタイルは自分に合いそうだ」と思い、始めることにしました。当初は思ったほど簡単にはいかず苦労しました。最初の2年ほどはコンサルティングを受けてシステムづくりを行い、その後は自分たちで現在の形をつくってきました。現在、訪問歯科診療は事務長を中心に運営をしています。歯科医師8人、歯科衛生士7人、歯科助手5人、コーディネーター5人、事務員5人が交代で業務に携わっています。

―訪問歯科診療を受けるメリットを教えてください。

訪問診療は当院から半径16km圏内で行っています。まず患者さんご自身の時間さえつくっていただければ、その都合に合わせて訪問診療を受けることができます。家族同席というルールもなく、ご本人がいて家の鍵を開けてわれわれを入れていただければ大丈夫です。治療できる内容や費用を気にされる方も多いのですが、これらはほぼ外来で診療を受けるのと同じで、交通費もいただきません。水と電気だけご提供いただきますが、タオルやウェットティッシュなどの備品は当院が用意し、ご面倒をおかけしないようにしています。一番のメリットは、訪問診療を行った日時や処置内容を書類に残すので、その方のご家族の方など誰が見てもその経緯がよくわかることだと思います。普通の歯科医院で通院するペースとほぼ同じ間隔で診療が受けられます。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi before
Bunkyo before
Chiba before
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細