全国のドクター9,285人の想いを取材
クリニック・病院 161,120件の情報を掲載(2020年10月21日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市青葉区
  4. たまプラーザ駅
  5. 本宮歯科医院
  6. 本宮 勇人 院長

本宮 勇人 院長の独自取材記事

本宮歯科医院

(横浜市青葉区/たまプラーザ駅)

最終更新日:2020/04/01

12586

「現在、歯を失う一番の原因が歯周病と言われています」と話すのは「本宮歯科医院」の本宮勇人院長。日本歯周病学会認定の歯周病専門医資格を持つ、歯周病治療のスペシャリストだ。2008年の開院以来、「しっかり説明をした上で納得できる治療を」をモットーに、歯周病の予防とメンテナンスから、歯周組織再生療法を応用したインプラント治療まで広範にカバーしている。歯周病専門医だからこそ可能な診療の内容を中心に、いろいろと話を聞いてみた。
(取材日2019年6月25日)

プラークコントロールで歯周病の原因菌を退治していく

開院当初から歯周病に特化した診療を行っているとお聞きしました。

1

今年で開院から12年目を迎えましたが、歯周病に着目した診療を行う当院の方針が広く周知され、その治療のために来られる方が増えました。歯周病で大切なのは何より予防です。歯肉炎の時点で止められれば歯周病まで進行しませんし、早く治療を始めれば将来的に多くの歯を残すことも期待できます。ただ、痛みなど自覚症状がないうちに進行するので、日頃のチェックと定期的なメンテナンスが不可欠です。当院ではセルフチェックシートを作製し、11項目中2つ以上当てはまる場合は、歯周病の確率が高いと判断します。歯磨きの際に歯茎から出血するようなら要注意、歯茎が腫れていたり、歯が動いたりするようなら、かなり進行している可能性があります。また、歯周病は全身の状態とも関係があり、妊娠中は歯周病になりやすく、更年期以降で骨粗しょう症があると、進行が速くなる場合もあります。さらに糖尿病や喫煙、遺伝的な要因との関連性なども考えられます。

具体的にはどのような治療を実践していますか?

歯周病治療で一番重要なのは、症状や病気の原因である菌を増加させないことです。当院ではそのために、歯石を除去して正しい歯磨きを習慣づけていくことで、歯周病菌の塊であるプラーク(歯垢)を減らす「プラークコントロール」を徹底しています。また、歯列不正や歯ぎしりなどの症状があると歯周病になりやすいので、必要な場合は矯正の先生と相談して、矯正を勧める場合もあります。ただしこれには費用がかかるので、患者さんと相談した上で判断します。また、噛み合わせをかぶせ物で補えるケースもあるので、その場合は歯科技工士との連携で補綴治療を行います。歯並びは見た目の要素も大きいですが、歯磨きのしやすさにも大きく影響するので、審美面にも配慮しながら、きちんと歯磨きができるように治療します。

ブラッシング指導に力を入れているのはそのためなんですね。

2

歯磨きは最も効果的な予防策なので、熱心に取り組んでいます。ブラッシング指導では染め出し液を使うことで、通常は白くて見えにくいプラークが赤く染め出され、はっきりと見えるようになります。「ちゃんと磨こう」というモチベーションを高めていただくため、初回には顕微鏡でご自身の口内の菌の様子を見てもらっています。さらに「プラークコントロールレコード(PCR)」を導入し、磨き残しが数値化できるようにしています。PCRでは、しっかり磨けているか、どの部分に磨き残しが多いかが一目でわかります。目標はプラークスコア20%。診療のたびに「今日は何%でした」とその日のブラッシングの結果をチャートにして皆さんにお渡ししています。ブラッシング指導だけで1時間以上かかることもありますが、ほとんどの方は3回の指導で上手に磨けるようになりますよ。

歯科医師になってはじめてわかった、父の偉大さ

ところで、先生が歯科医師をめざしたきかっけは?

3

父の影響です。医師である父の姿を見て育ち、自分も人のために役に立つ仕事がしたいと考えたんです。父は循環器系を専門とする医師でしたが、子どもの僕からしたら仕事ばかりしているイメージでした。でも、実際に自分が歯科医師になってみると、父が何をしていたのか見えてきました。大学院での歯周病の勉強はとても大変だったのですが、それを経験したことで、父のようになるにはたくさんの努力をしなければいけないことがわかったんです。循環器内科の専門家でありながら、他にもいろんな得意分野を持っていた父は、いつも忙しく夜遅くまで働いていました。歯科医師として仕事をするようになって、ようやく父のすごさがわかりました。

大学時代の思い出をお聞かせください。

大学時代は硬式テニス部のキャプテンをしていました。休みなしで練習や試合に行き、テニス漬けの毎日でした。厳しいキャプテンだったので、後輩は嫌がっていたかもしれませんね(笑)。大学卒業後はより専門的な知識を身につけたいと考え、歯周病学教室大学院に入りました。そこでは朝から夜まで大学院にいて、予防や歯周組織再生の研究や勉強を一日中やっていました。その甲斐あって無事博士号を取得し、日本歯周病学会認定の歯周病専門医の資格を得ることができました。テニスは現在も週1回続けていますが、子どもが2人いるので、休日は遊びに連れて行ったり、習い事の送り迎えをしたり、今はそちらのほうが忙しいですね(笑)。

先生は以前、貴重な体験をされたそうですね。

4

大学病院の歯周病学教室で勤務した後、4月から予定していた歯科医院の勤務が、テナントの都合で12月まで延期になってしまいました。12月まで期間が空いたタイミングで、エチオピアへ行く機会があったんです。そこで現地の人たちと接すると、部族や孤児の子どもたちは歯ブラシを持っていないんですよ。ちょうど歯ブラシをたくさん持って行っていたので、それを子どもたちに配ると、みんなすごく喜んでくれたのが今でも心に残っています。

歯周組織再生療法でインプラント治療を可能にしていく

インプラント治療にも力を入れているようですね。

5

重度の歯周病の患者さんは歯の土台となる骨がなくなって歯を失うケースが多いんですが、それを補う手段の1つがインプラント治療です。インプラントも骨がなければできませんが、歯周組織再生療法を用いて、インプラント体を埋入する土台の骨を作っていくことが可能になります。過去に「インプラントは無理」と診断されたという方でも、可能性はゼロではなく、この方法を用いることができる場合もあるんです。あとはその後の管理ですね。インプラント歯周炎にならないように、歯磨きを中心とするケアと歯科医院でのメンテナンスを欠かさないことも重要になります。

仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?

治療後の患者さんの満足した表情を見た時は、歯科医師になって良かったと本当に思います。以前、重度の歯周病の患者さんがいらっしゃいました。本人の希望を聞き、しっかり説明をし、相談しながら一緒に治療方法を検討した結果、その方はインプラント治療を選択。治療後の、その患者さんのうれしそうな表情が印象的でした。その顔を見て、僕も自分のことのようにうれしくなり、時間をかけて信頼関係を築きながら行った治療で患者さんが満足してくれたことに喜びを感じました。今後も皆さんに満足してもらえるよう、治療技術の向上に努め、患者さんと協力し合いながら歯周病治療に励んでいきたいと考えています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

現在は、成人の多くが歯肉炎以上の歯周組織疾患にかかっているといわれています。歯周病の可能性があると疑われる場合は、できるだけ早く歯周病を専門とする歯科医院がいる歯科医院を受診してほしいと思います。体の具合が悪いとき、皆さんはその病気によって受診する病院や医師を探しますよね? 目が痛いのに耳鼻科を受診する人はいません。歯科治療も一緒です。歯周病の治療には歯周組織を再生する手術も含まれ、専門的な知識と技術が必要となります。専門の歯科医師による診断の結果を踏まえた上で、かかりつけの先生に相談をするのも良いでしょう。とにかく一度は専門の歯科医師による診察を受けてみてほしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/44万2800円~、歯周組織再生療法/3万7800円~、歯列矯正/部分矯正:21万6000円~、かぶせ物の治療/ハイブリッドセラミックインレー:3万7800円~ ※すべて税込

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access