中西歯科医院

中西歯科医院

中西 徹院長

頼れるドクター

125859 %e4%b8%ad%e8%a5%bf%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

JR京都線・千里丘駅の東口から徒歩3分の場所にある「中西歯科医院」。中西徹(てつ)院長は「自分の力でどこまでやれるか試したい」と、あえて出身地と離れたこの地で開業。自身も幼少期は歯科医院が苦手だったという経験から、穏やかな口調、わかりやすい説明、患者の思いに寄りそった診療を心がけ、多くの患者が長年通い続けている。さらに開業から27年たった現在は、摂津市歯科医師会で地域の歯科医療にも力を入れる。「患者さんが治療内容を意識しなくても、健康になって快適に生活できるようになる。そんな治療を提供したいですね」と語る院長に、日々の診療内容から歯科医師会での活動、さらに意欲的に学び続ける原動力についても聞いた。
(取材日2018年2月28日)

開業から四半世紀、千里丘の発展とともに

―千里丘駅からすぐ、便利な場所にありますね。

はい、私は神戸の出身ですが、あえて地元から離れ、「自分自身の力でどのぐらいやれるのか試したい」という気持ちがあって、こちらでの開業を決意しました。今思えば若さゆえですよね。この辺りは現在でこそ複合ビルやコンビニもあって賑やかですが、開業した当初、駅前のビルは建設中でしたし、医院の周囲もほとんど田んぼというのどかな景色だったのですよ。夜8時に診療を終えて外へ出ると、カエルの鳴き声が響いていました。だから患者さんも農家の方が多かったですね。その後徐々に開発が進んで住宅が増え、今のような街並みに変わってきました。

―患者さんはご近所の方が多いのですか。

もちろん近くの方もいらっしゃいますが、開業してから年月がたっていることもあり、駅の反対側や南茨木など、「知り合いから聞きました」という方が割と広い範囲から来てくださっています。また、開業前に勤務していた大学病院時代からの患者さんや、千里丘から他府県へ転居した後に、わざわざここまで通ってくださる患者さんもいます。年齢層でみると、サラリーマン世代から高齢者が多いでしょうか。子どもの頃に受診していたものの記憶になく、大人になってから「初診です」と来られる患者さんもいますね。

―現在、患者さんはどのような症状で来院されていますか。

最近では歯茎からの出血や痛みなど、歯茎の状態が悪い方が目立ちます。いわゆる歯槽膿漏、歯周病です。また、顎関節症の方も非常に増えています。顎の関節は体の中でも、関節同士がはまっておらず、筋や軟骨によって上下左右、あるいはすり合わせの動きを行います。関節同士が接していないのは、細かな動きで全身のバランスをとるためです。ですから、顎関節症を治療して健康な状態に戻すことは、全身の健康にも大きく影響します。ボクシングやラグビーでマウスピースを付けるのは、口を守るためだけではなく、全身のバランスをとる目的も大きいのです。歯周病も、きちんと治療をして歯茎を引き締めるようになれば噛み合わせを本来の位置に戻せることもあり、その結果全身のバランスが取れるようになり「最近身体の調子が良いなあ」ということにもつながるのです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細