全国のドクター9,510人の想いを取材
クリニック・病院 160,458件の情報を掲載(2022年10月05日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 用賀駅
  5. ふくだ歯科クリニック
  6. 福田 俊裕 院長

福田 俊裕 院長の独自取材記事

ふくだ歯科クリニック

(世田谷区/用賀駅)

最終更新日:2022/01/13

20210806 12576 top

用賀駅付近のにぎわいを見せる商店街を曲がり、閑静な住宅街にさしかかろうとする辺りに「ふくだ歯科クリニック」はある。歯科激戦区といもいわれるこの地だが、院長の福田俊裕先生は、自分の暮らす街で開業したかったと、用賀への強い愛着を語ってくれた。木のぬくもりを感じさせながらセンス良くクールにまとめられた院内には、治療を嫌がる子どものために、何時間も話し合いをしたこともあるという福田先生の熱い思いがあふれていた。

(取材日2008年6月5日/再取材日2021年7月29日)

歯の健康は体と心の健康に結びついている

歯科医師を志したきっかけをお聞かせください。

20220112 1

両親ともに歯科医師という環境で育ったので、歯科医師という職業はとても身近で、幼い頃から興味をもって眺めていました。自宅で開業していましたから、診療風景は日常生活の一部だったんですね。父母は毎日、実に楽しそうに患者さんと話しながら診療にあたっていました。地域の方々からも慕われていて、他界した父の葬儀には驚くほどたくさんの患者さんが参列してくださったんです。われわれ兄弟はそんな両親の背中を見て成長したので、おのずと医療の道を志すことになったんでしょうね。兄は医師に、私は歯科医師の職業を選択しました。自分がやりがいを実感でき、楽しくて、しかも人の役に立つ仕事に就きたいと、親の背中を見ながら思ってたんですね。

開業されるまでのご経歴を教えてください。

大学卒業後は、東京厚生年金病院の歯科口腔外科に勤務して、口腔内の腫瘍の手術や治療などに携わるほか、さまざまな病棟の入院患者さんの歯のケアにあたったんですが、ここでの体験は本当に財産になりましたね。その後はさらに口腔外科を究めようと、東京医科歯科大学の口腔外科に入局し、口腔がん、舌がんなどの重篤なオペをはじめ、歯の移植や手術による欠損部位を補うための皮膚移植なども携わってきました。口や歯の健康が体や心の健康といかに密接に結びついているか、そして、食べるということが人間の喜びの中でいかに大きな位置を占めるものか、患者さんと接する中で日々いろいろなことを教えられました。「ごはんがおいしく食べられるようになって、体力もついてきたんだよ」と、それまで渋面だった患者さんから笑顔で言われたときは心底うれしく、予防歯科の重要性にも気づかされましたね。

開業を決めたきっかけは何だったんでしょうか?

20211004 2

そのまま大学病院に残ることも考えましたが、やはり街中で多くの人たちとふれあいながら仕事がしたいと、世田谷区にある歯科医師が10人ほどいる大規模クリニックに勤務しました。幼い子どもからお年寄りまで、小さな虫歯から深刻な歯周病までオールラウンドに診療にあたりつつ、予防歯科に力を注いできたつもりです。ここでは患者さんの出会いもさることながら、専門の違う同僚の歯科医師からもいろいろな技術を教わりました。さらには歯科衛生士や歯科技工士など、歯科医師の仕事に欠かせないパートナーたちとの出会いや連携も、この時培ったものですね。独立開業するにあたっては、矯正治療など私一人ではどうしても専門的に無理なところがありますから、優秀な歯科医師と技術者の協力体制を築きあげました。現在、当院では矯正専門の歯科医師や小児歯科専門の歯科医師、技工士は患者さん個別のニーズや状況に対応できるよう、複数の方にお願いしています。

常に患者の気持ちを尊重したい

思い出に残る患者さんとのエピソードをお聞かせください。

20220112 3

舌がんで何度も手術をされた年配の女性ですね。ご自分の歯は8本残っていたのですが、他院では執拗にインプラントを勧められて、それがどうしても嫌だったのだそうです。「大事な歯を残しておきたい」との切実な要望に応えるため、「できる限り歯を残す治療法を探します」とお伝えし、その日は、口の中をクリーニングするだけにとどめました。初診の患者さんにはいつもそうするように、時間をかけて丁寧に処置したところ、彼女は「神様が降りてきてくださった気がする……」と、涙を流さんばかりに感激してくださったのです。私としては、当然のことをしたまでなのですが、おそらくその患者さんは、これまでの診療で自分の気持ちを尊重されなかったり、希望に沿わない治療をされたりしてきたんでしょう。私は感謝されてうれしかったのはもちろんですが、自分自身も患者さんの気持ちを無視して治療してはいないか、改めてわが身を省みさせられた出会いでした。

開業にあたって用賀を選ばれた理由をお聞かせください。

20211220 4

さまざまなエリアを検討してみたのですが、やはり父母の影響もあるんでしょうか、自分が住む街で地域の皆さんに貢献したい、という気持ちが非常に強かったですね。ここ用賀には温かい住民の交流があって、私たち家族は近所の方々にとてもかわいがっていただいてます。広い庭で子どもたちを自由に遊ばせてくださったり、採れたての野菜や釣ってきた魚を分けてくださったり、本当にお世話になりっぱなしですからね(笑)。私も少しは恩返ししたい。縁あってここに住んでいる人、また働いている人たちに、私の仕事を通じてお役に立てるのであれば、これ以上の喜びはないと思っています。

患者との信頼関係と居心地のいいクリニックをめざして

患者さんと接するときに心がけていることはありますか?

20210806 5

口の中を他人に見せる機会って、日常生活でもそうありませんよね。口の中を見せることは、ある意味自分を無防備にさらけ出すことになるので、患者さんと歯科医師との間には強い信頼関係が必要です。患者さんに「この人になら任せてもいい」と思えるような歯科医師でありたい。そのためにも、常に自分の家族を治療しているつもりで診療に臨んでいます。家族にしたくないことは患者さんにもしたくない。コミュニケーションの時間をできるだけ取り、治療は丁寧に最善を尽くし、時には本音をぶつけあい、私に至らない点があったら遠慮なく指摘していただきたい。それは相手が小さなお子さんであっても同じことです。予防歯科の最も手前にいる子どもたちが歯科嫌いにならないよう、その子なりの考えや思いを受け止めてから治療を始めるようにしています。時には根気が必要ですが、無理強いしても良い結果は生まれませんよね。

開放的で気持ちの良いクリニックですが、今後の展望を聞かせてください。

開業にあたっては、私の理想のクリニックをつくろうと、隅から隅までこだわって設計しました。まず、診療室はすべてバリアフリーにし、2つの診療室と1つのケアルームはプライバシーを保てるように半個室にしています。内装は患者さんが落ち着けるように「土・風・光」をテーマに自然素材でアレンジしました。エックス線やカメラなどの設備はすべて新しい機器を導入し、患者さんの負荷も最低限で済むものにしています。診療のメニューは、あらゆる年代の患者さんに対応できるよう、一般診療のほかに矯正、審美歯科、セラミック治療なども行っています。セラミック治療では、型採りをせずにスキャナーを使ってセラミックの補綴物を作製するCAD/CAMシステムを使用しています。型採りをするときの不快な感じも軽減できますし、患者さんにとって気軽に受けられる治療だと思います。患者さんが気持ち良く治療が受けられる環境をつくっていきたいですね。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

20211220 6

今後も予防歯科の重要性を伝えていきたいと思っています。子どものうちから気軽に歯科に通い、歯の重要性を認識していれば、高齢になっても健康な歯を保ち、人生の楽しみを倍増させることもできるはずです。なので、診療中はカメラで撮った患者さんの歯の写真を液晶画面でお見せしながら虫歯や歯周病について細かく説明していますし、歯磨き粉や歯ブラシなどの備品もご紹介し、いろんな形で患者さんに有益な情報をお伝えするようにしています。治療ではなく歯ブラシ選びのアドバイスを受けに、クリニックを訪れる、そんな些細なことでもいいから気楽に立ち寄っていただけるクリニックにしたいですね。また、患者さんとの出会いを何よりも大切にしています。単にお口の中だけを診る歯科医院ではなく、患者さんご自身のお気持ちに寄り添って、信頼していただけるかかりつけ医になれるよう頑張りますので、何か気になることがあればぜひ気軽にお越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・CAD/CAM装置を用いたセラミック治療/3万8500円~
・オフィスホワイトニング/1万3200円~(片顎6本)
・ノンクラスプデンチャー/11万円~
・矯正
 診断料3万3000円
 調整料5500円(診療ごとにかかります)
 〇大人の矯正99万円(永久歯に生え替わっている方)
 〇子どもの矯正(1期治療)49万5000円(永久歯が生えそろってない方)
 〇子どもの矯正(2期治療)49万5000円(1期治療終了後、次のステップに移行する方)

Access