全国のドクター12,763人の想いを取材
クリニック・病院 158,429件の情報を掲載(2024年7月19日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市垂水区
  4. 舞子駅
  5. 医療法人社団 イワタ歯科医院
  6. 岩田 隆宏 院長、岩田 海里 先生

岩田 隆宏 院長、岩田 海里 先生の独自取材記事

イワタ歯科医院

(神戸市垂水区/舞子駅)

最終更新日:2024/03/07

岩田隆宏院長、岩田海里先生 イワタ歯科医院 main

神戸市垂水区舞子にある「イワタ歯科医院」は、1986年の開院以来、地域に密着した歯科診療を提供してきた歯科医院だ。岩田隆宏院長は、口の健康が全身の健康にも大きく関わると考え、予防歯科に着目して虫歯予防や歯周病治療に長く注力してきた。「誰だって健康で楽しく生活したいはずです。そのためにも、歯を大切に守ってほしい」と話す岩田院長。近年は息子の岩田海里先生も診療に加わり、多くのスタッフとともに地域の人々の口腔の健康を守っている。「笑顔が人生を変える」をキャッチフレーズに、院外活動にも尽力する隆宏院長と、健やかな子どもの未来をサポートしたいと話す海里先生に、同院の特長や力を入れる取り組みなどについて話を聞かせてもらった。

(取材日2019年10月23日/情報更新日2023年12月2日)

歯科診療を通し「笑顔で人生を変える」手伝いがしたい

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

岩田隆宏院長、岩田海里先生 イワタ歯科医院1

【隆宏院長】私が子どもの頃は歯科医院の数が多くなく、歯が痛くなってもすぐに診てもらえないことも少なくありませんでした。しかし、虫歯を放置していても治ることはないわけですから、日に日に痛みが強くなっていきます。そんな時、いつも助けてくれたのが近所の歯科医院の先生でした。毎日、たくさんの患者さんを見ていて疲れているにもかかわらず、休診日の日曜日にもクリニックを開けて診てくれました。苦痛を取り除いてくれるその先生の姿が、私が歯科医師に憧れた原点です。
【海里先生】やはり父の存在が大きかったですね。歯科医院というと、痛がっている患者さんがいて、待合室の雰囲気もなんだか沈んでいて……といったイメージがあります。ですが、うちのクリニックはご近所さんたちが楽しく通院されていて。それだけに自然と歯科医師になることを選択していました。

1986年に開院されて以来、貴院ではどのようなことを大切にしてきましたか?

【隆宏院長】来てくれた人に「来て良かった」と笑顔になってもらうことです。私は「笑顔は素晴らしい」と思っています。笑顔でいる人からはポジティブなエネルギーがあふれていますし、笑顔からは幸せを感じることができます。また、口を開けて笑う、特に歯を見せて笑うのは、他人に自分をオープンにするのと同じ意味を持つとされていて、歯を見せる笑顔をする人は「心を許している」と受け止められることで、コミュニケーションも深まりやすくなるそうです。しかし、歯にコンプレックスがあるとどうしても思いきり口を開けて笑うことができませんよね。私がそうだったのでよくわかります。だから、私は思い切り笑顔になれるお手伝いをして、「笑顔で人生を変える」お手伝いがしたいと思っています。

こちらのクリニックでは早くから予防歯科に注力されていますね。

岩田隆宏院長、岩田海里先生 イワタ歯科医院2

【隆宏院長】悪いところの治療はもちろん大切ですので、虫歯や歯周病の治療、インプラント治療、義歯を含む審美面に配慮した治療などを行っています。治療の一方、当院では特に虫歯や歯周病にならないよう予防歯科を重視しています。悪いところの治療が終わったから通院は終わりというわけではなく、定期的にチェックし、適切なメンテナンスを行い、大切な歯を生涯守っていけるようにサポートしていきたいと考えています。私が歯科医師になった頃から比べると歯科への意識が随分と変化し、「悪くなってからの治療」ではなく「悪くならないように通院する」という考えが浸透してきたように思います。歯の健康は全身の健康にもさまざまな影響が考えられますので、「悪くならないように歯を守る」ことは大切なことです。

予防歯科を通して、根本的な解決をめざす

具体的にはどのような取り組みをされているのでしょうか?

岩田隆宏院長、岩田海里先生 イワタ歯科医院3

【隆宏院長】虫歯や歯周病にならないためには、口の中を清潔に保つ必要があります。そのためには定期的なメンテナンスが欠かせません。しかし、残念ながら「歯科医院が苦手」という人は相当な数いらっしゃるんですよね。そこで当院ではメンテナンスだけを専門に行う「予防ルーム」を2階に新しく増設しました。この部屋は歯を削ったり、詰めたりする治療は一切行わず、検診や口腔ケアを、快適な環境でリラックスしながら受けていただくためだけの部屋です。歯科医院特有のにおいや音もしませんし、急患で時間が取れず、お待たせするということもありませんので、お時間の心配もせずゆったりとケアに専念していただけます。歯をなくしたくないけど諦めている人がいたら、ぜひ相談してほしいです。

海里先生は、どのような診療に力を入れていますか?

【海里先生】小児歯科です。1歳半健診や3歳児健診で、口腔機能が低下していたり発達不全である子どもさんが増えていると感じています。口腔機能の低下や発達不全が原因でガタガタした歯並びになったと考えられる、矯正が必要なお子さんが増えてきています。そういった場合、噛む機能だけでなく食べたり飲み込む機能も鍛えていく必要がありますので、当院ではお口周りの筋力トレーニングなどは積極的にご提案します。こういった摂食嚥下機能を鍛えることは、お子さんだけでなくご高齢の人にとっても重要なこと。当院の周辺は高齢の方が多い地域でもありますので、いつまでもご自分で食べることを楽しんでいただくため、さまざまな面からサポートを行っていければと考えています。

院長も子育て支援には力を注いでおられるそうですね。

岩田隆宏院長、岩田海里先生 イワタ歯科医院4

【隆宏院長】私は長く垂水区歯科医師会副会長をしています。垂水区歯科医師会では、さまざまなご提案を行政や政治に働きかけてきました。その一つが子どもの医療費助成です。これまで神戸市では通院医療費の助成の対象が小学生まででしたが、2020年4月より中学生まで、そして2023年10月からは高校生までに拡充されました。今後は、すべての人が健康診断を受けられる体制を作っていきたいと思っています。学校や会社員、高齢者であれば健康診断が受けられますが、まだまだその枠から漏れている人が多いのが現状です。医療を等しくすべての人に届けることもまた、重要な使命だと思っています。

何でも気軽に相談できる歯科医院をめざす

今後はさらに、どのようなクリニックをめざしていきたいですか?

岩田隆宏院長、岩田海里先生 イワタ歯科医院5

【海里先生】当院は歯科医院ではありますが、歯だけ診ていればいいとは思っていません。父が広く医療について尽力するように、地域の方々に「何でも気軽に相談できる場所」と思っていただければうれしいですね。歯科医院はほかの診療科と比べて、患者さんが接触することの多い診療科です。例えば、定期的なメンテナンスやマタニティー期の検診で、授乳や離乳食など子育ての相談ができる場所になればいいですね。授乳の仕方や離乳食の開始方法は、お口の発達にも大きな影響を与えますから、そういったところまでフォローすることで、本当の予防に近づけるのではないかと考えています。
【隆宏院長】垂水区は昔から医師、歯科医師、薬剤師、介護や福祉など、多職種の連携が強いことが強みです。これまで構築してきたネットワークを生かして、さらに住みやすい街にしていきたいですね。

お互いのアピールポイントについてお聞かせください。

【隆宏院長】海里先生はとても勉強熱心で、休日も勉強しているほどです。歯科医師になってからは特にそうで、常に患者さんにとって最良な治療が何かを考えてくれています。
【海里先生】父の医療倫理感には感服します。歯科医院を運営するには、治療だけでなくスタッフのことや経営のことも見なくてはいけませんが、父はさらに垂水区の住民の皆さんのことや将来的な歯科医療の在り方についてまで考えて社会を変える取り組みを行っています。「誰かがやらないといけないことだから」と父は言いますが、時間も体力もかかることをなかなかモチベーションを保って続けられる人はいません。多くの人のために働く父を、本当に尊敬しています。

地域の皆さん、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

岩田隆宏院長、岩田海里先生 イワタ歯科医院6

【隆宏院長】常に患者さんのお気持ちに寄り添って治療をしていきますので、心配せずにご相談ください。この場所で、皆さんのお口の健康に携わり、末長く皆さんの健康的ですてきな笑顔を見続けられるよう頑張っていきたいと思います。
【海里先生】近年、時代が大きく進み、世界のどこにいても同じように情報が共有できるようになりました。先進的な医療であっても地域に関わらず受診できるようになってきています。そういった医療を常に皆さんに提供できるようまい進し続けるとともに、一人ひとりのライフスタイルに合った診療を地域密着で提供していきたいと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/44万円~、義歯治療/26万4000円~、白い詰め物/5万5000円~、白いかぶせ物/6万500円~

Access