全国のドクター9,600人の想いを取材
クリニック・病院 160,682件の情報を掲載(2022年12月02日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 用賀駅
  5. 玉川台歯科医院
  6. 山田 美智恵 院長

山田 美智恵 院長の独自取材記事

玉川台歯科医院

(世田谷区/用賀駅)

最終更新日:2021/10/12

12102

用賀駅から徒歩5分。「玉川台歯科医院」は、26年にわたりこの地域の健康づくりに貢献してきた。待合室ではアロマオイルが香り、リラックスできる雰囲気。診療科目は一般歯科、口腔外科、インプラント、審美歯科、矯正歯科、小児歯科。訪問診療も行っている。院長の山田美智恵先生が特に力を入れているのが全身咬合治療だ。噛み合わせのズレによる顎の位置のズレは、体のズレにつながり、体のズレが、頭痛、肩こり、腰痛、吐き気、めまいなどを引き起こすという。万病の源ともいえる体のズレを、噛み合わせを正しくすることで改善するというものだ。口の中だけに留まらず体全体の健康を考える山田院長に話を聞いた。

(取材日2016年7月8日)

精密な噛み合わせ治療で、全身の不調を治す

開院から26年。地元に根付いた歯科医院ですね。

1

幼い頃に世田谷に住んでいたこともあり、この地に医療貢献できたらと開院してもう26年になります。これだけ長く続けてこられたのも、来院してくださる患者さんのおかげと感謝しています。開院当初から通ってくださっている患者さんもいらして、お口の悩みだけでなく、家族のこととかいろんなお話をしてくださいます。まるで身内のように心を開いてくださるのが、とてもうれしいですね。他県に引っ越しても、静岡県や長野県から通ってくださっている患者さんもいらっしゃいます。当院の診療内容は一般歯科、口腔外科、インプラント、審美歯科、矯正歯科、小児歯科と、幅広くどんなお口の悩みにもお応えしています。中でも私が力を入れているのが全身咬合治療です。

全身咬合治療とはどんなものですか?

咬合とは噛み合わせのことで、上あごと下あごを閉じたときに歯がどのように接触するかをいいます。噛み合わせは、口の中だけの問題ではありません。噛み合わせが悪いことで引き起こされる不調はさまざまです。頭痛、肩こり、腰痛、胃腸障害、吐き気、めまい、立ちくらみ。さらに高血圧、低血圧、糖尿、集中できない、イライラするなど。あらゆる体と心の不調が、噛み合わせが悪いことで引き起こされる場合があるのです。噛み合わせを正しくすることで、さまざまな不調を治療するのが全身咬合治療です。噛み合わせの重要性を理解している整形外科や内科の医師から、当院を紹介されて来る方も増えています。最近では噛み合わせと健康は密接に関係があるとメディアで取り上げるようになってきたので、自分の不調は噛み合わせが原因ではないかと相談に来院される患者さんも多くいらっしゃいます。

実際の噛み合わせ治療の方法を教えてください。

2

当院の噛み合わせ治療は「顎位誘導法」と呼ばれる方法です。特殊なコンピューターシステムを使い、患者さん一人ひとりの健康状態や頭部、あごの動きなどを、豊富なデータに照合することで、それぞれの患者さんの骨格にふさわしい噛み合わせを導き出すというものです。試行錯誤の経験医療ではなく、豊富なデータを基に個々の生体に合った精巧な噛み合わせを科学的に製作するシステムです。導き出されたデータを元に、土台の治療が終わってから、半日~1日かけて顕微鏡レベルでその患者さん本来の噛み合わせを一気に完成させます。治療が進むにつれ、どんどん患者さんの顔つきが明るくなられますよ。

口の中だけでなく、全身を考えたアドバイスを

先生の診療理念を教えてください。

05

健康と美というのはとても関連があります。当院では、皆さまに健康で美しくなっていただくことを診療理念としています。歯科治療も、審美治療も、全身咬合治療もそのための手段の一つです。私は患者さんの健康を預からせていただいていますので、治療だけでなく歯磨きのしかたから歯にいい食べ物までアドバイスをしています。こういうことを気をつけた方がいいとか、こういう栄養素を積極的に摂った方がいいとか。そういった細かいところまで、患者さん一人ひとりに合ったオーダーメイドのアドバイスをしていくことで、病気にしない、させないことをコンセプトに診療をしています。

痛みの少ない治療にも取り組んでいると聞きました。

「歯医者は痛いところ、不快なところ」というイメージの方が多いと思います。恐怖心があると、緊張で体が硬くなり、よけいに痛みを感じやすいという悪循環につながりますから、できるだけリラックスしていただいたほうがいいのです。そのために待合室では、季節に合わせたアロマオイルの香りと映画音楽で緊張をやわらげていただくようにしています。今の香りはラベンダーです。それでも心配な方には、笑気を使った痛みの少ない治療を取り入れています。笑気を吸入することで、ほとんど痛みを感じずにすむというもので、笑気麻酔とも呼ばれます。麻酔といっても意識がなくなるわけではなく、少しぼんやりしたいい気持ちになるものです。笑気吸入を止めれば元にもどります。副作用もほとんどなく、健康保険も適用できる方法です。

睡眠時無呼吸症候群の改善に使うマウスピース作製もできるそうですね。

4

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に頻繁に無呼吸になることでしっかり眠ることができない症状をいいます。夜の睡眠で疲れを取ることができないために、起きている間に眠気に襲われ、それが交通事故の原因になる危険性もあります。軽度の睡眠時無呼吸症候群の方や、いびきをかく方に有効的なのがマウスピース療法です。当院では、睡眠時無呼吸症候群の改善に使われる透明なマウスピースを作製することができます。内科医からの紹介状があれば保険診療になります。紹介状がなくても作ることはできますが、その場合は自費診療です。このマウスピースはいびきの改善にも効果的なんですよ。

患者の話を丁寧に聞き取り、受け止めるのがモットー

診療の際に大切にしていることは何ですか?

03

まずはその患者さんの置かれている背景を知るために、お話をよく聞くことです。心を開いていただくためにも、お話を丁寧に聞くことを大切にしています。患者さんの訴えたいことを私がなるべく受け止めて、その上でその患者さんに一番良い治療法やアドバイスをするように心がけています。とにかくたくさんお話をするので、長くいらしてくださっている方は私の方でも身内のように思えてきてしまいます。実は3年前に体調を崩した際、心が健康に及ぼすことを実感してカウンセリングの勉強をし、資格を取りました。カウンセリングの知識を得たことで、より患者さんに寄り添った診療につなげていくことができるようになりました。

歯科医師をめざしたきっかけと趣味について教えてください。

祖父母が栃木で、父が東京で歯科医院を開業していましたので、わたしにとって歯科医師はとても身近な仕事でした。父は1日に100人の外来を抱える歯科医だったのですが、お金を払えない患者さんでも、快く診療していました。お礼にと、畑で採れた野菜を持ってきてくださった方もいらっしゃいましたね。そんな忙しい父を子ども心に手伝いたいと思ったのがきっかけですね。休日は、ゴルフに行ったり気功教室に通ったりしています。私は体を動かすのが好きなので、以前はジャズダンスもやっていました。食べ歩きやショッピングなども好きでよく出かけています。

今後の展望についてお聞かせください。

6

全身咬合治療や審美にも力を入れていきたいと考えています。全身咬合治療というのは、それぞれの患者さん一人ひとりによってさまざまな手段を用いて行います。審美やインプラント、矯正も、その手段の一つです。すべてオールマイティにできなければいけないので、自分の技術の向上や新しい技術の習得など、まだまだ自分を磨いていかなければならないと思っています。せっかくたくさんの患者さんが私を頼ってくださっているので、診療所の体制も考えていかなければと試行錯誤しているところです。最初は暗い表情で来院された患者さんが、回数を重ねるごとにどんどん変わっていかれて「エネルギーが湧いてくる」、「やる気が出てきた」、「何でも食べられる」と明るく言ってくださるようになるのが私の励みです。これからも患者さんに寄り添った治療を続けていきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

全身咬合治療/98万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access