並木歯科医院

並木歯科医院

並木 修司院長

119598

浦和駅北口の住宅街の一角にある「並木歯科医院」は70年以上にわたって歯科医療を通じて地域の健康づくりに寄与してきた。院内にはデジタルレントゲンや歯科用CTを備え、精密な診査・診断をもとに患者に負担の少ない治療を実践。今年代替わりをしてからは小児歯科やインプラント治療にも注力。小児歯科では妻の涼子副院長が主体となって診療を行っている。また摂食・嚥下障害のリハビリを含め、通院が困難な方の訪問診療も開始した。テーマカラーであるネイビーの医療ユニフォーム姿が似合う並木修司院長に、改装されたばかりの施設や診療方針などを中心に話してもらった。
(取材日2017年4月18日)

リフォームされた院内は清潔でくつろげる空間

―院長就任の経緯を教えてください。

当院は初代院長が1945年に開院し、2代目院長である父から今年1月に院長を引継ぎました。ただ1年前から私はここに戻ってきて、副院長としてほぼ1人で診察してきました。これまで特に医院を継ごうという意識は持っていなかったのですが、私も大学病院の歯科・口腔外科で10年間務めてきましたから、そろそろ地域に根差した歯科治療をしてみようと思ったのが代替わりした理由です。当院はこの地で70年以上診療を行っています。無事に私の代で100年を迎えることができるように、今後も地域の患者さんのために尽力していきたいと思っています。

―医院の改装も行われたそうですね。

古い建物でしたから、まず全体をリフォームしてきれいにしました。また車いすでも動けるようバリアフリーにして、トイレには補助のアームを取りつけています。ただ玄関はまだ段差があるので、いずれ二次工事の際に段差をなくす予定です。待合いスペースは以前よりも広げて、開放感のある受付カウンターにし、受付スタッフと患者さんが会話しやすいようにしました。なかでも待合いの奥にキッズルームを備えたのが最も大きな変化です。お絵描きができる黒板や遊具のキッチンなど、子どもが喜ぶ仕様にしてあります。診療室側に取り付けたガラス窓からは診察室の中をのぞけるようにし、子どもをキッズルームで遊ばせながら、親が治療に集中できる空間づくりをしました。これによりお母さんもお子さんも、お互いの様子がわかって安心できると思います。実際、治療中には小さなお子さんが、ママが治療を受けている様子を窓に張り付くようにして見ています。

―小児歯科にも力を入れていると伺いました。

はい。お子さんを持つご家族が、安心して治療を受けられるよう、またお子さんには歯科は怖いところではない、むしろ楽しい場所だとの認識を持ってもらえればと思っています。患者さんの年齢層としては、私がこちらに戻ってきた当初は高齢者の方が多かったのですが、最近はお子さんや若い方も徐々に増え、平均年齢も下がってきています。お子さんがキッズルームで遊んでいる様子を見て、高齢の患者さんもお孫さんを見るような目線で接していらっしゃいます。うちにも小さな子どもがいますので、親としての目線も診療に生かしたいと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細