全国のドクター9,327人の想いを取材
クリニック・病院 160,993件の情報を掲載(2020年11月25日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市中央区
  4. 与野駅
  5. 鴨田歯科クリニック
  6. 鴨田 博司 院長、鴨田 勇司 先生

鴨田 博司 院長、鴨田 勇司 先生の独自取材記事

鴨田歯科クリニック

(さいたま市中央区/与野駅)

最終更新日:2020/04/01

119099

「町のかかりつけ医」として長年地域に根差した診療を行い、多くの人々から信頼を集めてきた「鴨田歯科クリニック」。院内での診療のほか、同院に足を運ぶことができない患者に対しては、高齢者歯科医療を専門に診療してきた歯科医師が訪問診療を行っている。そんな同院が大切にしているのは「生涯にわたって口腔の健康、そして全身の健康をサポートしていきたい」という開業以来変わらぬ想い。鴨田博司院長と息子の鴨田勇司先生に、これまでの歩みや高齢者の口腔ケアの重要性、患者への想いなどについて聞いた。
(取材日2018年7月20日)

目線を合わせ、患者の満足につながる診療を追求

歯科医院や院長ご自身の歩みについてお聞かせください。

1

【鴨田院長】もともと私の父が、当院の前身となる歯科医院を1935年に開業していました。その後を継いで私が院長になったのが、1978年のことです。私が院長になる前からずっと、当院は地元に密着しながら、生涯を通してお口のケアを行うということを目的にしてきました。いわゆる「町のかかりつけ医」ですね。私自身は当院での診療に加え、地元の歯科医師会や埼玉県・日本歯科医師会の活動にも取り組んできました。また、出身大学である日本歯科大学の大学院修了後ずっと非常勤講師を続けています。以前、口腔ケアの先駆け的存在とされる米山武義先生の調査研究に参加したことで、誤嚥性肺炎の予防に専門的口腔ケアが重要であることを強く認識し、当院でもご高齢の方の口腔ケアに力を入れています。

お二人が歯科医師になられた背景には、やはりご家族の影響があったのでしょうか?

【鴨田院長】そうですね。父は歯科医院での診療に加え、日曜日も歯科医師会の仕事などで精力的に活動していました。地元の人たちに慕われている父の姿を見て、私も自然と歯科医師をめざすようになりました。
【勇司先生】私も院長の背中を見て歯科医師になろうと決めました。ただ、直接父や母から歯科医師になれと言われたことはありません。小さい頃は他の職業に憧れたこともありましたが、成長するにつれて自分がどうあるべきかということを考えたときに、やはり歯科医師になりたいという思いが強かったんです。

診療の特徴について教えてください。

20180816 2

【鴨田院長】院内での診療に加え、患者さんの居宅や施設での訪問診療を行っています。一般診療と訪問診療の割合は半々くらいですが、最近は訪問診療が増えている印象です。訪問診療は、高齢者歯科医療を専門的に学んできた勇司先生が主に担当しています。医院全体としては一般的な歯科治療に加え、口腔ケアの指導や摂食嚥下障害の診察にも取り組んでいます。いずれにせよ、常に念頭に置いているのは患者さんの満足です。というのも、治療が歯科医師の自己満足に終わってしまっては意味がありません。患者さんと目線を合わせ、治療やケアについてしっかりご理解いただく。その上で専門家として一生懸命施術をさせていただき、患者さんに満足いただける診療を提供することが重要だと考えているからです。院内設備についても、より患者さんにご満足いただけるよう、診療室のリニューアルを考えています。

豊富な経験を生かした、患者に寄り添う訪問診療が強み

勇司先生は高齢者歯科医療に関する豊富な経験をお持ちですね。

3

【勇司先生】日本歯科大学を卒業し、東京医科歯科大学・高齢者歯科の大学院を修了後、歯科部長として勤務していた聖隷三方原病院は934床を有する大きな病院で、歯科がリハビリテーション科の中に属している施設です。摂食嚥下障害の治療やリハビリに力を入れており、主に高齢者の入れ歯調整や嚥下を補助する装具の作製等を行っていました。そこにはホスピス病棟があったため、終末期の患者さんも多く診ていました。抗がん剤治療中の方は副作用で粘膜炎を起こし、痛みで経口摂取ができなくなることがあるのですが、体に栄養が行き届かなくなると治療が困難になる場合があります。そういったときに、痛みの緩和や口腔内の清掃を通じて再び経口摂取ができるようにする、といった治療をしていました。また終末期には、いかに安楽に過ごせるかに重きを置いてケアを進めます。その中で食事が可能になり、患者さんに喜んでいただけたことはたいへん印象深いです。

訪問診療にあたり心がけていることは何でしょうか?

【鴨田院長】患者さんの状況やお悩み、ご家族のご希望などもくみ取りながら診療を進めていくことを大切にしています。おいしく食べられて会話も楽しめるようにするにはどうすればいいか、今よりも少しでも良くするにはどうすればいいか、ということを考えながら治療しています。もちろん、その人の全身のことを考えた上で診療にあたることも大事です。
【勇司先生】謙虚な心で診療にあたり、患者さんと目線を合わせることを大事にしています。訪問診療では患者さんのご自宅にお邪魔するわけですから、まずは一人の人間として向き合い、患者さんのペースに合わせて接することを心がけています。

スタッフはどのような方々でしょうか?

4

【鴨田院長】皆さんプロとして非常に一生懸命に仕事をしてくれているのでとても助かっています。当院はわれわれ歯科医師だけでは成り立ちませんので、チームとしてなくてはならない存在です。もちろん歯科医師にしかできないことも多いですが、それ以外の、例えば患者さんとの心のつながりというのも、受付スタッフや歯科衛生士、歯科助手の助けがあって成立することだと思っています。
【勇司先生】私がここで働いているのは今年からなので、皆さん私よりもはるかにベテランです。一人ひとりに真心で接しているから、患者さんも安心して治療を受けに来てくれているのだなと感じます。それは患者さんの表情や話し方を見ていても伝わってきますね。スタッフの方々は意識していないかもしれませんが、新参者の私だからこそ感じることかもしれません。

生涯にわたって口腔の健康をサポート

ところで、お二人はどんな趣味をお持ちですか?

5

【鴨田院長】音楽を聴くことや旅行、そして体を動かすことが好きですね。週に何回かはジョギングをしています。実は学生時代からずっと少林寺拳法をやっていて、現在も大学で部の総監督をしています。
【勇司先生】子どもの頃から飛行機を見るのが好きで、いまは航空自衛隊のブルーインパルスを見に行くのが好きです。全国各地で行われる航空祭を見に行くこともありますね。ブルーインパルスは浜松市が発祥の地で、聖隷三方原病院に勤務していた時に自衛隊基地でその航空祭を見たのがきっかけで、今では全国を回るようになりました。

それでは歯科医院の今後の展望についてお聞かせください。

【鴨田院長】今後ますます高齢者が増えてくる時代ですので、われわれも時代の変化に対応していかなければならないと思っています。患者さん個人だけではなくご家族の要望に配慮し、歯科医師として何ができるかを考え、生涯にわたってサポートしていきたいなと考えています。
【勇司先生】訪問診療では病院に勤務していた時の経験を生かし、幅広く対応していきたいです。近隣の病院には歯科がなく、お口のトラブルにうまく応じられないケースもあるかもしれませんが、そういった場合には当院がお役に立てると思います。地域の病院との連携を深め、地域医療にもっともっと貢献していきたいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

6

【鴨田院長】訪問診療をしておりますので、通院が困難な方にも対応することができます。歯やお口に関するお悩みがあればいつでもご連絡ください。どんな方にも誠意を持って診療にあたります。
【勇司先生】ご病気があり、服薬をしていることで歯科医院から治療を断られてしまったという方の話を聞くことがあります。病院に勤務していた経験を生かして、病気をお持ちの方の診療にもできる限り対応させていただきたいと思いますので、ぜひ諦めず当院にご相談ください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access