全国のドクター8,887人の想いを取材
クリニック・病院 161,489件の情報を掲載(2020年1月29日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 川崎市高津区
  4. 溝の口駅
  5. 医療法人社団アイアイ会 佐和歯科クリニック
  6. 佐和義夫 院長

佐和義夫 院長の独自取材記事

医療法人社団アイアイ会 佐和歯科クリニック

(川崎市高津区/溝の口駅)

最終更新日:2019/08/28

11810 df 1 main 1371457744

買い物や商用で急ぐ人々で賑わう溝の口。駅から徒歩5分の活気あふれる町の中にある「医療法人社団アイアイ会佐和歯科クリニック」は、ホームドクターとして一般歯科、矯正歯科、口腔外科など幅広く歯科疾患に対応している。院長の佐和義夫先生の掲げる医院のモットーは「自分のできることで、自分以外のほかの人を幸せにすること」。歯科医師として患者の治療にあたることはもちろんのこと、職場の仲間や家族、そしてこれから出会うかもしれない同じ社会に生きる人々を幸せにするために、何ができるかを考え実現することに余念がない。大きな理想を持つ佐和先生だが、素顔は穏やかで人懐っこい笑顔が魅力的だ。そんな佐和先生に、クリニックの特徴や医院の理念に基づいた新たな構想について、今後さらに力を入れていきたい予防歯科についてのほか、プライベートな時間の過ごし方までたっぷりと語っていただいた。
(取材日2013年5月28日)

患者の歯科医院経験や要望に合わせた対応で入りやすい歯科医院に

なぜこの地で開業されたのですか?

11810 df 1 1 1371457744

「佐和歯科クリニック」を開業したのは1997年で、その後2007年にリニューアルして現在の形になりました。私は東急東横線沿線に勤務している期間が長く土地勘もあったので、隣の路線である田園都市線沿線で開業場所を探していたところ、この場所を見つけました。溝の口は住んでいる人も多ければ、企業や商業施設も多数あり、大変バランスが取れた町です。開業当初はまだ駅前のマルイもなく、いかにも下町という、いい意味で庶民的な雰囲気の町でしたが、そこからどんどん発展を遂げてきました。成長を肌で感じる町という印象ですね。最近では「神奈川県の住みたい町ランキング」などで上位に入ることもあるようで、昔からこの地を知っている者としては嬉しいです。患者さんもご近所にお住まいの方、近隣の企業にお勤めの方、お買い物のついでに立ち寄る方とさまざまです。昔からずっとこの地でお住まいの多い反面、社宅が多いことから期間限定で住まわれている小さなお子さんのいるファミリー層もいらっしゃるので、それぞれの年齢や疾患に合わせた対応ができるホームドクターとして、幅広く受け持たせていただいています。

こちらのクリニックの特徴を教えてください。

入りやすい歯科医院をめざし、こちらから一方的に治療内容を説明するのではなく、どんなご希望があるかをお聞きして、それにできるだけ近づけるという形で診療を進めています。最近はすべての来院者の方に口腔内の写真を撮らせていただき、それをタブレット式端末に取り込み、一緒に見ながら説明をしています。こうすれば必要な個所は指で広げれば拡大して見せることができますし、その画像とお口の中の状態を数値や文字で表したデータをプリントアウトした物をお渡しし、家で確認していただくこともできます。歯科医院はどうしても独特の雰囲気があり平常心でいられない患者さんも多く、われわれの話の三分の一も伝わっていないこともあります。もちろん重要なことはその場でお話しますが、家に持ち帰ってゆっくりと確認していただくことで、お口の中の状況も理解しやすいのではと考えています。疑問があればその用紙に書き込んで持ってきていただけますし、そこに私たちが返答を書き込むことも可能ですからね。カウンセリングルームのある歯科医院もありますが、閉鎖的な空間で本当にリラックスして話ができるのかとの疑問が残ることから、当院ではあえてカウンセリングルームを設置していません。まずは文書と写真で語りかけることを有効なツールとして活用しています。

それでも緊張している患者もいると思います。

11810 df 1 2 1371457744

そうですね。来院者の年齢や今まで歯科医院とどのように向き合ってきたかが重要で、初めて歯科医院に来たという方と、ここに来るまでに20件以上もの歯科医院に足を運んだという方にまったく同じ対応をするわけにはいきません。小さな子どもをはじめ歯科医院経験が浅い方の場合はまずは恐怖心を抱かせないように、歯科医院がどういうところなのかご理解いただく、そして歯科医院経験が豊富な方には、実際の治療内容における技術や費用についての説明を詳しくしていく必要があります。治療する側の経験だけではなく、患者さんの歯科医院経験の豊富さを見抜くことが大切ですね。われわれができることばかりをアピールするのではなく、「あなたはどういう人なのですか?」とお伺いした上で、それによってできることを提供していくというスタンスで診療にあたっています。

理念は「新しい幸せの形を作り出し、自分以外の人を幸せにすること」

ホームページでは「歯科医療は人を幸せにする方法」だと述べられていましたね。

11810 df 1 3 1371457744

我々は医院の理念として「幸福創造による社会貢献」を掲げています。これはまだ誰も見たことのないような幸福を作り出しそれによって社会貢献していこうという考えです。具体的に言えば、「自分のできることで自分以外の人を幸せにする」ということになります。医院にはドクターもいれば衛生士、受付スタッフもいて、院長、勤務医などそれぞれ立場や役目は違いますが、自分のためではなく、まずは患者さん本人、そして患者さんをとりまく人々を、加えて職場の仲間やその家族、ひいてはまだ出会っていない社会の人々などをより幸せにしていくために、できることを増やし質と量を上げていくということが目的です。患者さんにここへくればより幸せになる自分が実感できる、もしくはイメージできる、ということを念頭に、日々それぞれが邁進しています。

具体的にはどのような取り組みをお考えですか?

例えば保育士が常駐しているクリニックの発展形として、保育所とクリニックを一緒に運営すれば、患者さんのお子さん、勤めている人のお子さん、そしてそれ以外のお子さんも預かることができます。医療機関としてのノウハウもあるので衛生面でも安心感を持っていただけるでしょう。このように今までなかった状態を作り出し、新しい幸せの形を作るということを少しずつ現実にしていければ、と取り組んでいます。ほかには、ホワイトニングを歯科医院で受けるとなると、まず歯科医院を訪ねるというハードルを越えていただかなくてはなりません。ですから、もっと敷居を低くしてホワイトニング専門の入り口を設け、虫歯が見つかってもそれは診療部門でというような気軽さで対応する。そこまで敷居の低いクリニックはまだあまりありませんよね。医療の枠にとらわれず、今までなかった幸せを追究するシステムを作っていくことが私たちの夢であり、理想なのです。ただこれらは頭の中で考えているだけでは意味がありません。クリニックに訪れる人にどのように伝えていくかが重要なのです。まだまだ構想段階ではありますが、いかに「ここにくればよくなり、幸せになれる」とイメージしていただけるかを考え、理想を追求し、常に成長し続けるクリニックでありたいと思います。

ところで、先生はそもそもなぜ歯科医師の道を選ばれたのですか?

11810 df 1 4 1371457744

子どもの時から人の役に立てる仕事は何かな?と考えていて、直接的に誰かの役に立てる職業は医療従事者だと思っていました。私の親族は商売をしている人が多い中、父は小学校の教員だったのですが、その父がよく私に「歯科医師になりたかった」と話していました。子ども心にその話が印象的だったことや、細かい作業も好きだったので、医師ではなく迷わず歯科医師の道を選びました。夢が叶ってもう20年以上経つのですが、未だにこの職業に就けたことが嬉しくて。こんなに長く「この職に就けてよかった」と思える仕事に巡り合えて、本当に感謝の気持ちでいっぱいですね。この仕事の魅力は、幅広い方と直接会って仕事ができるということ。医科は専門分野により細分化されていますが、歯科は基本的には幅広く診ることができ、バラエティに富んでいるところが気に入っています。つらいと思うこともありますが、毎日楽しくやっています。

一生虫歯や歯周病を経験しないための「発生予防」に取り組む

お忙しいなか、休日はどのように過ごされていますか?

11810 df 1 5 1371457744

子供とバドミントンして遊んだり、一緒にサッカー観戦に出かけたりですね。また、私はオートバイが好きなので、仲間と一緒に三浦半島一周などツーリングにでかけることもあります。ギターなどの楽器も好きで、バンド仲間とスタジオで練習したりしています。あとは、妻と映画や食事に出かけたりもします。少しまとまった休みが取れた時には家族と一緒に海外に出かけます。長期間休むことはできないので、近場が多く、今までで一番短かったのは一泊二日の中国旅行でした。それはそれで充実した旅になりおもしろかったです(笑)。海外に行くと必ずその地域の歯科医院に立ち寄って、パンフレットを持って帰ります。都市部の歯科医院は東京都内とさほど変わらないという印象ですが、観光地などに行くと日本では見られない光景もありますね。例えば、タイのバンコクの観光地では、路上に入れ歯がずらーっと並べてあるんです。「まさか、昔、噂話になっていた、口にはめてサイズを確かめるということか?」と思ったのですが、よく見るとサンプルで、裏に電話番号が書いてあり二日で仕上げますという広告でした。日本で作れば20万円から30万円かかる高級義歯をバンコク滞在中に作って自分へのおみやげにということなんです。けしてレベルの低い物ではなく、精巧にできていて、バンコクの医療レベルの高さを物語っていましたね。このように海外に行くとおもしろい発見がたくさんあります。これからもプライベートな旅行だけではなく、できるだけ海外での研修やデンタルショーにも参加し見聞を広めていきたいですね。

今後、積極的に取り組みたいことはありますか?

予防です。当院ではすでに段階に応じた予防に力を入れていて、具体的には乳幼児期、学童期、成人、高齢者の4つに分け、さらにそれを二大疾患の虫歯と歯周病に分けた計8つのステージに対し、予防の目標を設定しています。乳幼児期はシーラントやフッ素の塗布で虫歯対策をし、食育も始めます。学童期は顎の成長や噛む能力を養うのが中心。成人になると歯周病対策が重要になってきます。生活習慣病などの全身疾患との関わりも重視しなくてはなりませんね。そして高齢者は口腔環境をいかに良い状態に保つか、あるいは入れ歯やインプラントが発達したことで、かつてよりもいろいろな物を食べられるようになったので、体を総合的に捉えた健康管理が必要です。また、予防といえば歯磨きと思われがちですが、それ以前に砂糖の摂取量や食事管理が大切だという発生予防の認識を広めていきたいと考えています。当院がめざす予防歯科は、人が生まれてから死ぬまで虫歯や歯周病を一度も経験せずに過ごしていただくこと。その実現に向けて日々、まい進しています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

11810 df 1 6 1371457744

どの医師にも治療に対する思いはあると思うので、とにかく先生とお話をしていただきたいですね。先生のお話をただ聞いているだけではなく、患者さんのほうからたくさん話してほしいです。そうすれば必ずそれに反応し答えてもらえるはずです。患者さんはどうしても遠慮がちになって「こんなことを聞くと怒られるかな?」、「聞いたらダメなのかな?」と思われがちですよね。やはり私も病院へ行き患者の立場になると同じように感じます。でも思い切って質問してみると、絵や図を使って丁寧に説明してくださいます。ですから、勇気を出して、自分の体のことなので積極的に話をしてみてくださいね。そうすることによって治療方針についてのちょっとした疑問なども自然に話せるようになるはずです。中には医師側はうまくいっていると感じている治療でも、患者さん側からしたらそこまで納得できていない、といったすれ違いが生じていることもあります。主役は患者さんなのですから、患者さんがよいと思える治療でないと、いくら医師が気分よくなっても意味がありませんからね。ご自身が幸せになるためにも、どんどん語りかけていただければと思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access