神山歯科医院

神山歯科医院

神山 通孝先生

116933

京王線府中駅、JR南武線・武蔵野線府中本町駅から徒歩7分と、便利な立地にある「神山歯科医院」。どこかクラシカルな外観の院内には、開院当時の診療椅子などが配され、ノスタルジックな雰囲気がある。日本歯科大学を卒業し、その後付属病院の総合診療科で9年間研鑽を積んできた神山通孝医師は、2ヵ月前に同院にもどってきたばかり。父である院長の診療ノウハウと、自らが学んできた先進的な医療技術を融合させ、歴史ある医院に、新しい歴史を作ろうとしている。一般歯科のほか、口腔アレルギーに見識のある神山医師は、じっくりと話を聞きながら診療をしていく。「患者さんとの出会いは、すばらしい出会いばかり」と語る神山医師に話を聞いた。
(取材日2016年7月1日)

歴史ある医院に、新しい風を吹き込む

―こちらは、半世紀以上の歴史ある歯科医院とうかがいました。

はい。私の祖父が戦後すぐ開院したと聞いています。曾祖父の代は、助産院をしていたそうです。なので、開院してからは60年以上はたっているでしょうか。ここは住居兼医院になっているので、私も生まれてから結婚するまで30年以上この土地で過ごし、この辺りには親しみがあります。院内に、開院した当時に使っていた診察用の椅子を飾っています。現在の診察用の椅子は操作するとフラットになりますが、あの椅子は動かないので、当時は立ったまま治療をしていたようですね。父は鳥が好きで庭の木に餌箱を備えているので、四季折々にいろいろな鳥が庭にやってきます。診療の合い間に、そんな季節感も楽しんでいただけます。

―こちらには、どんな患者さんが多くいらっしゃるのですか?

古くからこの辺りに住んでいる患者さんが中心ですね。住宅街にあるので、歯周病や入れ歯の不具合のある50代、60代の方から、近所の中学校・保育園の学校歯科医をしているので、お子さんまで幅広い層の患者さんが来院されます。一昨年から、仕事帰りの方も来られるようにと夜の9時まで診療するようになりました。昔からやっているので、少し離れた立川や稲城から来てくださる患者さんもいらっしゃいますね。また、歯科に長くかかっていなかったという患者さんも多く見受けられます。

―どのような対応をされるのですか?

そういう方は、以前歯科で何か恐いこととか痛いことなどがあったり、行きづらくなって通えなくなってしまって、虫歯や歯周病を放置してしまっています。そういう方にも、じっくり時間をかけて説明して、納得していただいた上で治療をするようにしています。とはいっても、歯科医師がどんなに頑張って治療をしても、ご本人が毎日ケアをしてくれないことには口内環境は良くなりません。一緒に向き合っていけるような気持ちになってもらって、歯科を怖いと思われている患者さんのフォローもしていきたいと思っています。

―印象に残っている患者さんはいらっしゃいますか?

ある時、お口の中の状態から入れ歯をお勧めしたのですが、乗り気でない患者さんがいました。でも、時間をかけて説明して、入れ歯を入れていただいたところ、結果的に喜んでくださり、その後も定期的に来てくださるようになりました。ある時、声に違和感を感じたため、医科での精密検査をお勧めしたところ、喉に腫瘍が見つかりました。この患者さんのことは特に印象に残っていますが、大学病院での患者さんとの出会いはすばらしいものばかりでした。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細