まつばら歯科クリニック

まつばら歯科クリニック

松原太明 院長

11691 df 1 main 1225943884

ちゃんと治したい人を、ちゃんと治せる環境を

―その後の経緯を教えてもらえますか?

その後、神奈川県の総合病院の歯科口腔外科に勤め、大学時代の大先輩で手術のスペシャリスト、私の口腔外科での師匠でもある部長の中村篤先生から多くのことを学ばせていただきました。抜歯という、歯の最後の過程に日々携わりながら、このままじゃいけないと思っていたちょうどその頃に、ものすごい先生に出会ったんです。相模大野でご開業されている西川洋次先生といって、知識も技術も超一流、とにかくひとりで何でも治療できる、噛み合わせを重視した歯と顎の関節、顎の筋肉のことなら何でも知っていて、どんな症状にも対応できる、首から上のスペシャリストなんですね。その西川先生の診療所に週に1度行かせてもらったんです。そこで日本のトップの治療、こうやれば歯が残せるんだという過程を見て、非常に衝撃を受けたんです。歯科医ならこうじゃなければと。中村先生や西川先生には、まだ足下にも及んでいませんが、今でも困ったこたがあったら、先生方には相談をさせていただいています。そこからは、開業に向けて進んでいきました。

―転機だったんですね。開業の場を選ぶにあたってこだわったことは?

痛いと言って突然患者さんが来院されると、予定の患者さんの治療が乱されるでしょ。ちゃんと治したい人をちゃんと治せる環境を作りたいと思いました。丁寧に時間をかけて、ひとりひとりじっくり診れるようにしたかったんです。ならば、飛び込みの患者さんにあまり邪魔されないように、ちょっと裏通りの隠れ家的にするのはどうかと。駅からは近いんですが、大きな通りから一本路地に入る、自分だけのお店的な感じで(笑)。

―診察で心がけていることはありますか?

自分が受けたい治療をすることですね。少なくとも、自分がやったことが、患者さんにとってのマイナスにならないように考えながらやっています。痛みを取るだけの、その場しのぎの、継ぎはぎの治療ではなく、先を見越した治療を。もちろん、治療をしなくても良い歯を作るために、健康なうちから定期的に予防に通ってもらえればと思います。ここでは歯科全般をやっていますが、特にお子さんが多く来るんですよ。そこで感じるのは、子供の頃から、きちっと歯の大切さを教えてあげて、どうしたら虫歯になるか、なぜ歯を磨くのかを、小さなうちから知らせてあげなければ、ということ。スウェーデンなどヨーロッパでは、幼稚園から歯の健康に対する教育を叩き込まれていますから、80歳になった時に残っている歯は、20本以上もあるんですよ。なのに日本は、残念ながら6〜7本、先進国の中でも最下位なんです。歯に対する考え方が違うだけで、将来こんなに差が出てくるんですよ。そもそもの歯医者の使い方を、痛くなったら行く場所ではなく、痛くならないように行く場所であってほしいと思っているんです。だって、美容院に行くときは、みなさん綺麗になりたくてルンルンして行くでしょう?歯医者に行く時はなぜ、どよ〜んとした感じで行くのか。だから歯医者は、痛みを取るために行くのではなく、美しくて健康な歯にするために行く場所になれば、気持ちも変わると思うんですよね。実際に、歯のクリーニングをすると、みなさん気持ちいいって言ってくださるんですよ。



Access