求人情報ON
医療法人社団聖カリスタス会 菅井歯科医院 藤沢

医療法人社団聖カリスタス会 菅井歯科医院 藤沢

長岡 若菜院長

頼れるドクター

116529 %e8%8f%85%e4%ba%95%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2%e8%97%a4%e6%b2%a2

JR東海道線と小田急線、江ノ島電鉄の3路線が乗り入れるターミナル駅、藤沢駅から徒歩約5分という好立地にある「菅井歯科医院 藤沢」。クリニック内はパーティションで個室と半個室に区切られ、居心地の良いプライベート感を醸し出している。今回話を聞いたのは、今年の4月から院長を務める長岡若菜先生。歯周病治療を専門分野とし、歯科医療の研修機関であるJIADS(The Japan Institute For Advanced Dental Studies)で歯周病とインプラント治療について研鑽を重ねたエキスパートだ。静かな口調の中にも、医療に対する真摯な姿勢と患者に向けた優しい視線が感じられる長岡院長に、いろいろと話を聞いた。
(取材日2018年1月5日)

美容院に行くような軽い気持ちで来てほしい

―この4月から院長に就任されたとお聞きしましたが、抱負をお聞かせください。

歯周病とインプラント治療を2本柱とする当院の基本方針はしっかり引き継いだ上で、歯科医院に受診するハードルをもっと低くしたいですね。美容院やネイルサロンなどに行くような、軽い気持ちで来ていただけるようになったらいいなと思っています。歯周病の予防は、口の中をきれいにすることから始まります。そのための日頃のホームケアも大事ですが、歯科医院での定期的なメンテナンスも欠かせません。これまでも、治療が終わった患者さんには定期的に検診のお知らせをお送りするなど、メンテナンスに来やすい環境づくりは心がけてきましたが、患者さん自身でも、これまで以上に自分の口の中の状態に関心を持っていただければと思います。

―患者さんはやはり歯周病で来られる方が多いんですか?

そうですね。でも患者さん自身では気づいていないケースも多いんです。歯周病を自覚して来られるのは40~50代以上の人が多く、虫歯でいらした30代ぐらいの方を診察したところ、歯周病がわかって治療を始めるというケースもあります。成人の約8割が歯周病だといわれているぐらいで、程度の差はあれ、若くても歯周病になり始めている方は少なくありません。歯周病は40代から悪化するといわれているので、それより前からよい口内環境を維持できれば、なったとしても軽く済む可能性が高まります。失われた組織を再生する治療もありますが、そういった治療が必要になってしまう前に、歯医者さんで診断をしていただくことが理想です。まず自分の口内の現在の状態と、そのままだと将来どうなっていくかを知っていただくことが、歯周病対策の第一歩です。当院では、初診の患者さんには、必ず歯周病の検査をしていただくようにしています。

―どのような検査をするのですか?

まず歯茎の炎症や歯周病の原因となるプラークの状態を視診して、その状態を写真撮影します。それから歯周ポケットの深さを測り、レントゲンを撮って歯と骨の状態をチェックします。歯周病がある程度進行している場合は、CTを撮影することもあります。こういった検査をすることで、歯周病の進み度合いをきちんと把握し、適切な治療を進めることができるようになるんです。もし重度の歯周病であることが判明した場合でも、すぐに専門的な治療を進められることは、同院の大きな強みだと言えます。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細