全国のドクター8,980人の想いを取材
クリニック・病院 160,914件の情報を掲載(2021年5月19日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 大和市
  4. 大和駅
  5. 本郷歯科医院
  6. 本郷 厳生 院長

本郷 厳生 院長の独自取材記事

本郷歯科医院

(大和市/大和駅)

最終更新日:2020/04/01

116236

小田急線・相鉄線の大和駅を出てすぐのビル内にある「本郷歯科医院」。ビル3階のフロアはすべて同院のスペースで、コンパクトでありながら必要な機能を整えている。開業は1945年。地域で長年診療を続けてきた同院の院長を務めるのは、3代目の本郷厳生(ほんごう・いわお)先生。鶴見大学歯学部を1995年に卒業後、東京医科歯科大学で研修医として勤務し、その後は東京と横浜のクリニックで実務経験を積んだ。2011年に同院の院長に就任してからは、地域のかかりつけ医でありたいとオールマイティーな診察に力を注ぐ。生まれ育った大和市とその住民に恩返しをしたいと話す本郷院長に、同院の歴史や現在の診療、今後取り組んでいきたい分野についてたっぷり話を聞いた。
(2014年10月20日取材/更新日2019年7月29日)

戦後に大和市で開業。3代続く歯科医院

まず、こちらの歯科医院の歴史を教えてください。

116236 df 1 1 1415692776

もともと私の祖父は渋谷で開業をしていたのですが、第二次世界大戦中にいったん疎開し、終戦を迎えた1945年にここ大和市に移り住み開業しました。その後、父、私と引き継いで今に至ります。少し前までは父が院長、私が副院長だったのですが、今は私が院長になり、この歯科医院を運営しております。

先生のご経歴を教えてください。

鶴見大学歯学部を1995年に卒業して、東京医科歯科大学で研修医として勤務し、その後は東京の中野と、横浜の山下公園前にあるクリニックで実務経験を積みました。そして2001年にこちらに戻ってきました。当時は父が院長をしていましたが、2011年の4月に私が院長を引き継いで今に至ります。最初の頃は患者さんも「誰だ?」という感じでしたが、父の息子だとわかってからは、昔から来てくださっている患者さんからは特にかわいがってもらいましたね。

先生が歯科医師になった理由は、おじいさまやお父さまの影響ですか?

物心がついた頃から歯科医師になると当然のように思っていました。小学校の文集にも将来の夢として「歯科医師になる」と書いていたくらいです。ただ、逆に大学に通っている時は、ほかの道も本当はあったのではないかと少し思い悩んでしまいました。ですが、最終的にはぶれずにこの道を選びました。私の父も安心したと思います。

大学時代の専門は何だったのでしょうか?

116236 df 1 2 1415692776

研修医の時には、総合診断部という科に所属していました。どういう科なのかというと、初診に来た患者さんをどの科に振り分けるかを見極める、いわば初診科のような場所です。私の父は私に何かの専門分野を持たせて学位を取らせたいと考えていたみたいですが、私は1つの専門というよりは、町のかかりつけ医として、オールマイティーになんでもできる歯科医師になりたいと思っていました。今でもその気持ちは変わりません。

治療法を押しつけず、選択肢を提示するよう心がける

患者さんは主にどういった方になるのでしょうか?

116236 df 1 3 1415692776

90歳くらいの方を最高に、60代以上のご高齢の方が多いです。中には親子代々で来てくださっている方もいらっしゃいます。最近はこの辺りにも歯科医院が増えましたが、当院には昔からのなじみで引き続き通ってくださっている方が多いので、自然と高齢の方が多くなっています。その世代の患者さんには入れ歯を入れている方も多いので、割と入れ歯を作る仕事が中心になっているかもしれません。残っている歯を生かしながら入れ歯を入れたり、逆に歯の残っていない方に総入れ歯を入れたりするケースが多いです。患者さんがほかの患者さんを紹介してくださるケースも多くて助けられています。

こちらの歯科医院ならではの特徴、心がけについて教えてください。

116236 df 1 4 1415692776

強いて言えば押しつけをしない、治療の選択肢を患者さんに提示するという姿勢を心がけています。いくつか方法を提示して、その中で患者さんに希望の治療法を選んでいただけるようにしています。歯科医師の99%が「抜きましょう」と言うような歯でも、患者さんが歯を残したいと希望すれば、リスクを十分に説明した上で、できるだけ患者さんの思いを尊重したいと思っています。あとは何人もの患者さんを並行して治療するのではなく、1人の患者さんをしっかりと治療し、その方の治療が終わった段階で次の方に移るという治療スタイルを心がけています。可能な限りお待たせしないように、予約がスムーズに流れるようにも工夫しています。多少ずれてしまう場合もありますが、予約時間が診療を始める時間になるように注意を払っています。

3代続いてきた歯科医院ですが、先生のお子さんは歯科医院を継ぎたいという話をしていますか?

息子と娘がいますが、今のところはまったくないです。好きな仕事をしてくれればいいと思っています。自分は小さい頃から歯科医師になるんだと思って自然に歯科大学に行きましたが、うちの子には自分の好きな道を歩んで行ってもらえればと思っています。

40代、50代の歯周病治療に重点的に取り組みたい

プライベートな話もお聞かせください。休みの日はどうしていますか?

116236 df 1 5 1415692776

休みで釣りに行けるときは、相模湾や東京湾に釣りに行っています。今年の夏には陸が見えないくらいの沖に船で出て、20〜30kgのキハダマグロを狙いました。もはや遊びのレベルではないので、家族とではなく釣友と釣りに行っています(笑)。

先生ご自身、健康を維持するために気をつけていることなどありますか?

特にはありませんが、お肉や魚を食べる前に、まず野菜から食べる“ベジファースト”は心がけています。高校を卒業してから年に1kgくらい増えていき、一時は10kgくらい増えてしまったのですが、野菜から食べる習慣がいい影響を与えたのか、今では食事量も落ちてピーク時よりも15kgくらい痩せました。

今後の展望について教えてください。

自分が40代なので同年代の方の歯周病治療を頑張りたいと思っています。痛みがなくてもそのくらいの年代からケアしていかないと、知らないうちに歯周病が進んでしまっている方が多いのです。早い方ですと30代くらいから進行が始まる場合もあります。そういった方に早いうちから警鐘を鳴らして、できるだけ歯が残るような治療を行っていけたらと思っています。やはり自分の歯が残っていると違いますから。虫歯になっていない、虫歯の治療をしていない人の方こそ発見が遅れる傾向があるので注意しましょう。

最後にドクターズ・ファイルの読者に、歯の健康を守るためのアドバイスをお願いします。

116236 df 1 6 1415692776

歯を磨いているつもりでも、忙しくてちゃんと磨けていない人が意外に多いと思います。特にお子さんが小さい方は、ご自分の歯磨きを適当にちゃちゃっと済ませてしまう人も多いので、しっかりと正しい歯の磨き方を覚えていただければいいかなと思います。もちろん当院でも歯磨きについて指導させていただきます。簡単ではありませんが、正しいブラッシングの仕方がしっかり身についていれば、高齢になってからも自分の歯を維持できる可能性が高くなり、そうなれば生活の質も違ってきます。若いうちから正しい歯磨きの方法を頑張って習慣化していただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯列矯正/約80万円~
※症例によって費用が異なりますので、詳しくはクリニックまでお問い合わせください

Access