全国のドクター9,221人の想いを取材
クリニック・病院 161,271件の情報を掲載(2020年8月04日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 川崎市麻生区
  4. 百合ヶ丘駅
  5. 医療法人メイ・ロイヤル 百合ヶ丘駅前歯科医院
  6. 中村 泰雄 院長

中村 泰雄 院長の独自取材記事

百合ヶ丘駅前歯科医院

(川崎市麻生区/百合ヶ丘駅)

最終更新日:2020/07/31

20200508 11419 top

百合ヶ丘駅南口のバスロータリー。その角にあるビルの4階が「百合ヶ丘駅前歯科医院」だ。広くて明るい院内や元気なスタッフが印象的な同院は、虫歯や歯周病など歯科一般の治療から予防歯科、小児歯科、矯正治療など幅広く対応。さらに年末年始以外は年中無休、平日は朝の8時から夜の9時30分まで診療することで、小さな子どもから主婦、会社勤めの人、高齢者までの誰もが通いやすい歯科医院として人々の口の健康を支えてきた。そんな同院の院長に2018年4月に就任したのが中村泰雄先生。約9年にわたって同院で診療してきた中村先生は、「専門性を出すのではなく、地域密着の歯科医院として患者さんの訴えに幅広く対応できることを大切にしています」と話す。そんな中村院長に、同院について話を聞いた。
(取材日2019年1月24日)

幅広く診療する地域密着の歯科医院

貴院の概要について教えてください。

1

地域密着のかかりつけの歯科医院として、虫歯や歯周病、入れ歯やブリッジなどの歯科一般の治療から小児歯科、予防歯科、ホワイトニングなど、幅広く診療をしています。矯正治療については、月に1日、専門の先生に来ていただいています。歯科医師は、常勤が私とほかに2人、非常勤が2人の体制で診療をしています。堅苦しくない、明るく楽しい雰囲気を大切にして、患者さんが通いやすかったり、リラックスして治療を受けられたりするように配慮していますから、安心して来ていただければと思います。また、お子さんを連れて来やすいようにキッズスペースもありますし、トイレにはおむつの交換台も用意しています。加えて待合室や診察室には、お子さんに楽しい気持ちで来てもらえるようにと、かわいらしい飾りつけをしたりもしています。飾りつけは、ほとんどはスタッフがしてくれているのですが、私も自分で買ってきたりして、楽しみながらやっています。

どのような患者さんが訪れていますか?

小さなお子さんから主婦の方、会社勤めの方、高齢者までの本当に幅広い方々に来ていただいています。その中でも百合ヶ丘という地域は、少し古くからある住宅街ということもあって、高齢の方がほかの地域に比べても多いのではないかと思っています。それに、当院というよりも当医療法人グループの特徴の一つですが、お正月を除いて年中無休で、平日は朝の8時から夜の9時30分まで診療をしていますので、特に休日や夜の時間帯は、お勤め帰りの方を中心に予約が若干取りにくくなるくらい、たくさんの方にご利用いただいています。訴えとしては、歯が痛いとか歯周病などで口の中が腫れたという方、詰め物やかぶせ物が取れてしまったという方、高齢者では入れ歯やブリッジの治療など、一般的な訴えや症状の方が多いですね。

他に特徴的な点がありましたら教えてください。

2

設備的には、歯科用CTを備えているのが一つ特徴になるかと思います。診療については、特に何かに力を入れているというよりは、地域密着の歯科医院として、患者さんの訴えに対して幅広く対応できるようにしています。ですから、先ほど申し上げたような歯科治療一般から、口の中のチェックやクリーニングといった予防歯科、小児歯科、ホワイトニング、矯正治療まで本当に幅広く対応できますので、口の中の痛みや何か気になることがあれば、とりあえず当院に来ればなんとかしてもらえると患者さんに思ってもらえるような診療を大切にしています。その中でも、力を入れるというよりは、今後より取り組まなくてはいけないと考えているのは、予防歯科の部分ですね。

虫歯や歯周病の予防は、メリットだらけ

予防の取り組みについて、もう少し教えてください。

3

最近のお子さんは虫歯が少なくなりましたので、今後は大人も虫歯は減っていくと思うのですが、その状態を維持する、あるいはもっと虫歯を減らしていくには、やはり予防が大切になります。それに、いくらインプラント治療が良い治療だと言っても、やはり自分の歯にはかないませんし、悪くなってから治療をするよりも、そうならないように予防をするほうが痛い思いもしませんから、メリットだらけなんです。もちろん今でも予防歯科には取り組んでいて、一般的には3ヵ月に1回程度のメンテナンスをお勧めしていますが、例えば検査をして歯周病が進行している方には月に1回通院してもらってメンテナンスをするなど、虫歯や歯周病にならないようにすることや、なっていてもそれ以上悪化させずに治療をすることに、積極的に取り組んでいます。

口腔の健康を保つためのアドバイスはありますか?

自宅でしっかりと歯磨きをしてもらうことに加えて、今お話ししたように定期的に検診やクリーニング、歯磨き指導を受けることが、基本的なことなんですけど、やはり大切です。加えて私は、歯間部のケアをしましょうとよく患者さんに話しています。歯ブラシによる歯磨きだけでは、どうしても取りきれない汚れがあるんです。歯磨き後に歯間ブラシを使ったら、汚れがたくさん出てきて驚いたという経験をしている人も少なくないと思います。フロスや歯間ブラシを使って歯と歯の間もしっかりと掃除してもらうと虫歯や歯周病になるリスクが低くなりますので、毎食後にできれば一番良いですが、1日1回でもいいですので、しっかりとすることをお勧めします。

診療の際に心がけていることを教えてください。

4

患者さんができるだけ不快にならないように治療をして、最終的に満足してもらえるよう心がけています。そのために例えば、できるだけ痛くないように治療をするということももちろんあるのですが、やはりコミュニケーションを取ることが一番大切だと思っています。歯科医師がいくら良い治療ができたと思っていても、説明がしっかりとされていなかったり、患者さんが理解できていなかったり、あるいは、それが患者さんの希望に沿っていなければ不満につながると思うんです。ですから、まずはしっかりと検査や診断をして、現在の状態をユニットにあるモニターなども使ってわかりやすく説明してから、ここをこういう方法で治療したらこうなりますということもできるだけ具体的に話すようにしています。そして、その上で患者さんに治療方法を選んでもらい、その希望に沿って治療するということをしっかり行うようにしています。

楽しい雰囲気の診療を心がける

院長として、クリニックを運営していく上で大切にしていることはありますか?

5

ひとことで言うと、明るく楽しい雰囲気で診療をすることです。このこと自体は、患者さんに対してというよりも、歯科医師やそのほかのスタッフも仲良く、コミュニケーションもしっかりととって、楽しく働けることが大切だと思っています。そのほうがみんなのやる気も出ますし、そういう楽しい雰囲気や活気というのが、患者さんにも伝わることで、クリニック全体の雰囲気も良くなると考えています。今は幸い、そういうことを特に意識しなくても、スタッフは患者さんに対しても明るく、とても丁寧に接してくれていますので、そういったことをこのまま続けていければ良いなと思っています。

ところで、先生はなぜ歯科医師を志したのですか?

何か手に職をつけたかったのと、人の役に立つ仕事に就きたいという希望が漠然にですがあって、医師か歯科医師になりたいと思っていました。それで歯科大学に進学して、卒業してからは大学の付属病院で1年間研修医をして、それから知り合いの紹介で当院に勤務するようになりました。当院に来てからは、9年弱になりますね。院長になったのは、昨年の4月です。今は、歯科医師になって本当に良かったと思っています。口の中に何かトラブルがあって困っている人を治してあげたいと思いますし、人の役に立っていると強く感じます。それに患者さんからお礼を言われるのは、やっぱりうれしいですし、やりがいを感じますね。

今後の抱負とメッセージをお願いします。

6

先ほども少しお話ししましたが、これからは予防歯科がもっと重要になっていくと思いますので、一層取り組んでいきたいと考えています。加えて、何か専門性の高いことに特化するのではなく、これまでどおり地域密着の歯科医院として幅広く診療することで、地域の皆さまのかかりつけの歯科医院としての役割を果たしていきたいと思っています。休日や朝早い時間、夜遅い時間も診療をしていますので、口の中にトラブルや何か気になることがあれば、いつでも気軽に相談に来ていただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

詰め物/2万円~
かぶせ物/10万円~
ホワイトニング/3万円
インプラント治療/35万円~
矯正治療/40万円~

Access