森歯科

森歯科

森 大輔院長
新規開院

113293 %e6%a3%ae%e6%ad%af%e7%a7%91

岐阜、島栄町にある「森歯科」は、40年近く地域に根付いてきた歯科医院だ。2018年、両親から継承した森大輔院長が同院を移転リニューアルさせ新しく生まれ変わった。両親、妻、合わせて4人の歯科医師がそれぞれの得意分野を生かし、一般歯科をベースに、入れ歯やインプラント治療などの補綴(ほてつ:歯を欠損した場合などに人口の歯で補う治療)や、小児歯科、口腔外科など幅広いニーズに応えている。「いかに長持ちさせるか」を基本に、拡大鏡やマイクロスコープを駆使しながら精密な治療とケアを心がけている。患者と話し合いながら治療のゴールを決め、ともに取り組んでいく参加型の歯科医療をモットーとする森院長に話を聞いた。
(取材日2019年3月20日)

地域の患者から慕われ続け40年の歴史ある歯科医院

―開業への思いをお聞かせください。

両親が40年近くやっていた歯科医院を継承し、同じ町内で移転リニューアルしました。大学での勤務を続けるのか辞めるのか悩んではいたんですが、やはり長年両親が築いてきたものを継続していくことに大事な意味があると気付きました。両親は本当に患者さんに慕われていることが分かるんですよね。患者さんから絶大な信頼をいただいている姿はすごいなと感じます。自分も皆さんから慕われ、頼られる歯科医師になりたいと常に思っています。

―新しい院内はどんなこだわりを込めましたか?

特にこだわったのは、既存の患者さんが入りやすいクリニックにすることです。高齢の方が気後れしないような優しい雰囲気を第一に考えてつくりました。待合室は木材をふんだんに取り入れているので、木の良い香りがします。また、きちんと座って待てる場所をつくりたくて、落ち着いたアンティークの家具を設置しました。キッズルームは、子育て中でもある妻から知恵を借りて、お子さんが通いやすく、“歯医者が怖い”というイメージを払拭できたらという思いを込めました。そして、院内全体をバリアフリーに。駐車場からのスロープに屋根をつけ、長く角度をなだらかにすることで、駐車場から楽に濡れることなく入れるかと思いますし、車いすやベビーカーの方も気兼ねなく来院できるよう、すべての間口を広めにしています。せっかく来ていただくのですから、少しでも快適に感じていただけるといいですよね。

―治療室はプライベートが守られた空間ですね。

治療室は、背面が動線になっていますので実質的には半個室なのですが、プライベート感を大切にしています。僕は大学に勤務していた時は補綴科にいて入れ歯やかぶせ物をメインに治療してきました。その経験から治療した部分を長持ちさせるには、治療の精度だけでなくて歯科衛生士が関わる口腔ケアがどうしても重要なんです。ですから、一人あたり、だいたい45分から1時間の時間をかけて清掃と指導にあたっています。隣に人がいると気になり、素直にこちらの話を聞いていただけないこともありますよね。やはり、治療の時間をリラックスし充実した時間を過ごしていただくための空間は必要だと考えます。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/45万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細