全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月24日現在)

  1. TOP
  2. 岐阜県
  3. 大垣市
  4. 大垣駅
  5. 医療法人社団東山会 ビバ・スマイル歯科
  6. 山田 宗季 先生

山田 宗季 先生の独自取材記事

ビバ・スマイル歯科

(大垣市/大垣駅)

最終更新日:2019/08/02

20190726 bana

吹き抜けのある空間と待合室の熱帯魚や観葉植物が印象的な、「ビバ・スマイル歯科」。院長である父と副院長である母とともに、幅広い歯科診療にあたっているのが、山田宗季先生だ。病院の口腔外科で勤務医として研鑽を積んできた山田先生は、学び得てきた技術を地域の人々に還元したいと、親知らずの抜歯や歯の外傷などの処置にも対応している。「お口の健康は豊かな人生への近道」という治療方針を掲げる同院は、予防歯科にも注力し、さまざまな独自のシステムで口腔内からの健康づくりにも取り組む。「予防歯科診療の質を常に向上させる努力をしています」と語る山田先生に、詳しく話を聞いた。
(取材日2019年7月1日)

一般歯科から親知らずの抜歯まで対応、予防歯科も注力

先生の簡単なご経歴と、クリニックの沿革についてご紹介ください。

1

当院は、1982年に「メーヨ歯科」という名前で大垣市長松町に開業後、2005年に現在地へ移転しました。それに伴い、院名を「ビバ・スマイル歯科」と改名しています。新しい歯科医院は「予防処置中心の歯科医院」をテーマとし、患者さんが、安心して相談できるように診療室はすべて完全個室にリニューアルしました。開業して30年以上がたちますが、うれしいことに、この地域の多くの方が来院してくださっています。私は大学卒業後、大垣市民病院の口腔外科で研鑽を積み、2016年より当院へ入職しました。院長である父と副院長である母の3人体制で歯科診療にあたってきました。

クリニックの特徴を教えてください。

当院は、虫歯・歯周病・インプラント治療などをはじめ、矯正や親知らずの抜歯など、幅広い領域の歯科診療に対応しています。父が歯周病、私は口腔外科を専門に、勉強してきました。その経験と技術を地域医療の現場でも提供したいと思い、口腔外科・インプラントの治療や小手術、口腔がん検診も行っています。中でも特に当院が力を入れているのは、予防歯科です。「歯を治すだけではなく、お口の中を健康にして、健康長寿をめざす」という治療方針を掲げています。口腔内の健康は、身体の健康にも大きく影響していきます。また予防歯科は、ご自身でのケア(セルフケア)と歯科医院でのケア(プロケア)の2本柱が肝心です。当院では、予防歯科の大切さを知って実践していただくために、さまざまな取り組みを行っています。

診療で大切にしていることは何ですか?

2

ただ治療を提供するのではなく、治療後に長くその状態が維持できるように、「どうして悪くなってしまったのか」という原因をしっかり見極めてから、治療にあたるようにしています。また患者さんに痛みがある場合は、なるべくその日のうちに痛みを減らしてあげられるように努力しています。常に患者さんの目線で治療を進めることを心がけていますので、施術後や抜歯後に「ありがとう」というお言葉を頂くと、やはり自分もうれしいですね。励みになります。また、しっかりと診断を行い、痛みの原因になっている部位に対して確実に処置することを心がけています。加えて、痛みを軽減するために、薬の種類や飲み方を変えたり、自宅の療養事項の説明など、ご自身でも気をつけていただくこともアドバイスするようにしています。

一人ひとりの患者に予防プログラムや治療計画を提案

注力している予防歯科の取り組みで、大変だったことはありますか?

3

まだ「歯を治せば診療は終わり」という歯科診療が多かった時代、院長と副院長は予防歯科の重要性に気づき、自ら学び、予防歯科に取り組んできました。歯が丈夫で口腔内が健康な方は、身体も元気で健康であることが多く、逆に歯を失ったりうまく噛めなくなっている方は、身体にトラブルが起きやすいことは、今では多く報告されるようになっています。当初は、患者さんに定期歯科検診の大切さを説明してもなかなか根づかず、苦労があったようです。それでも根気よく皆さんに「お口の健康は身体の健康につながる。病気の予防のためにも口腔内ケアは大事ですよ。」という説明を続けてきました。その成果もあり、現在は予防ケアの大切さを理解し、多くの患者さんが定期検診に来てくださっています。歯科診療・予防の技術は日進月歩です。当院では知識・技術の向上のために定期的にスタッフと院内勉強会を行っています。

予防歯科の診療はどのように行っているのでしょう。

当院では、患者さん一人ひとりに合わせた、予防プログラムや治療計画を提案しています。患者さんのお口の中をチェックして、その患者さんの状況に合わせた食生活や生活習慣のアドバイス、適切なホームケアの方法をお伝えしております。中でも位相差顕微鏡検査では、患者さんの歯茎に存在する菌をチェックしています。実際に、現状を把握することでお口に関心を持っていただく一つのきっかけにしています。歯科衛生士も、予防歯科以外の他の治療もできるだけ患者さんとコミュニケーションを取り、患者さんの気持ちや困っていることを聞いてから治療計画を立てています。そして最初にしっかり治療計画を説明をし、診療日には「あと何回で終わる」ということを伝えながら、ゴールに向かって頑張ろうと思っていただけるようにしています。

子どもの虫歯予防についての取り組みやお考えを教えてください。

4

「3歳までに将来の虫歯リスクが決まる」。これが当院の考え方です。3歳までに歯科医院にかかると歯に対する良い習慣が身につきやすく、大人になってからも虫歯が少ない傾向があります。でもお子さんは自分で歯の管理はできませんので、親御さんと歯科医院が一緒に見守ることが大事です。当院には独自の虫歯予防のシステムがあります。お子さんの口腔内をチェックし、それを点数化して、目標を決めて改善していき、虫歯ゼロをめざすものです。また、当院のキッズスペースを使って、歯科衛生士から親御さんに予防についての話をお伝えする機会も設けています。歯磨きの仕方、フッ素のこと、虫歯になりにくい食べ方などを知っていただくことで、虫歯のリスクを下げることができると思います。さらには「カムカムクラブ」「ウェルカムジュニアクラブ」という年代別の会員制サークルもつくり、定期健診やイベントを通して楽しく歯の健康を学んでいただいています。

忙しい人のために、土曜日も親知らずの抜歯に対応

親知らずの抜歯について教えてください。

5

親知らずは、必ず抜く必要はなく、今後悪さをする可能性が高いとわかったときは、抜くことをお勧めします。例えば、親知らずが原因で、隣接する健康な歯が虫歯になり得るようなケースです。当院では、安全に親知らずを抜歯するために、歯科用CTを設置しています。CT画像の診断により、親知らずの位置や神経の走行を確認し、計画的に手術を行っています。処置は、麻酔をしてから15~20分以内、難しいケースは30分以内に終了できるように努めています。また土曜日も親知らず抜歯を行っておりますので、お仕事で忙しい方にもできる限り対応させていただきます。親知らずでお悩みの方は、一度ご相談ください。

今後の目標についてお聞かせください。

開業して30年以上がたちますが、長く通ってくださる患者さんが多くいらっしゃいます。それは、院長と副院長が行ってきた歯科診療に対して、大きな信頼をいただいているからなのでしょう。そうした誠実で地域に根差した歯科診療を、私もしっかり引き継いでいきながら、自分が学んできたことも皆さんに還元していきたいと考えています。歯の適切な治療はもちろんですが、「歯を大切にしなきゃって、思えるようになりました。」「口の中のことをよく考えるようになりました。」というような言葉を患者さんから頂けることは、私たちにとって何よりうれしいことです。単に診療を行うだけではなく、皆さんのお口のこと、身体のことを一緒に考えられる存在でありたいと思います。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

66

当院では、患者さんに向けて歯や口のことに関する正しい情報を知っていただけるように、動画や院内サイネージや医院ブログを制作し、情報発信しています。皆さんのデンタルIQを高めることは、将来の健康で豊かな生活につながっていきますので、ぜひご覧ください。また当院では、患者さんが安心して治療を受けていただけるよう、衛生管理を徹底しています。 ご家族で楽しく来院していただけるように、これからもより良い治療と予防歯科を提供したいと思っていますので、どんなお悩みでも気軽に相談にいらしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/30万円~、マウスピース型の装置を用いた矯正/70万円~、セラミック治療/3万5000円~、口腔がん検診/5000円(すべて税抜き価格)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access