全国のドクター8,591人の想いを取材
クリニック・病院 161,524件の情報を掲載(2019年11月15日現在)

医療法人 聖昊会 大野歯科クリニック

医療法人 聖昊会 大野歯科クリニック

松原 有為子 院長

20191023 bana

JR高山本線・鵜沼駅と、名鉄犬山線・新鵜沼駅から車で約10分の住宅地に、開院して約40年、幅広い世代を対象に地域の歯科医療を支えてきた「大野歯科クリニック」はある。診察を行う松原有為子院長は、父・大野均前理事長から受け継いだ理念を大切にクリニックを運営している。一般歯科のほか、小児歯科にも力を入れ、母としての経験をもとに母親に負担を求め過ぎない小児歯科医療を提供。温かいアドバイスで子どもたちの口の健康を追求するほか、“木でなく森を見る”ように、1本の虫歯でも全体の様子を見て適切な治療計画を提案し、患者自身の選択を重視してさまざまな治療を行っている。患者の気持ちに共感し、寄り添う姿勢で診療に臨む松原院長に話を聞いた。
(取材日2019年10月1日)

地域に根差すオールマイティーな歯科クリニックとして

―この地で開院して40年、クリニックの歴史をご紹介ください。

父が1978年に開院したクリニックです。父は岐阜歯科大学で講師を務めていたのですが、その傍ら、3年ほど今のクリニックの近隣で夜間診療を行っていました。その後、腰を落ち着けて開院し、地域の歯科医療を支えるようになりました。おかげさまで地域の人に信頼され、父いわく「0歳から100歳まで」の幅広い年齢の患者さんとお付き合いしてきました。私がこのクリニックに入ったのは、大学を卒業して2年ほどたってから。当初は勤務医として働きながら、クリニックで診察をしつつ、大学病院で小児歯科の勉強もしてきました。今も、父の時代から通っている患者さんから、私が入ってから増えた子どもたちまで、多くの方に親しんでいただき、ありがたく思っています。

―クリニックのコンセプトを教えてください。

父が昔から言っていた「大野歯科の原理原則」というものがあります。「患者さま満足」「社会的満足」「スタッフ満足」を3本柱に、「すべてのスタッフは内面の充実を求め、おごることも他人をうらやむこともない自己形成をめざそう。物的、経済的充実よりは、尊敬される人間集団かつ専門職業人集団であり続けよう」という理念です。具体的には、言葉すなわちあいさつ、気持ちすなわち気づかい、健康すなわち笑顔をモットーにしたクリニックづくりをめざすというものです。私もスタッフもこの言葉を受け継ぎ、患者さん第一の歯科医療を提供したいと考えています。これからも父の思いを大切に治療に取り組んでいきたいですね。

―診療する時の心構えについてお聞きします。

一番は、恐怖心なく来ていただくことです。大人にも子どもにも、優しく明るく接するよう心がけています。これは、小児歯科の勉強をした時の経験が生かされていると思います。まずは、相手の心に寄り添うこと。痛いのはつらいですね、と共感し、こういう治療をしていってはどうですか、と提案し説明する、それが基本です。とにかく患者さんに無理をさせないことが一番。一人ひとりのペースに合わせた治療を心がけています。抜歯1つとっても、患者さんが抜きたいとおっしゃるまでは抜きません。患者さんのお気持ちを聞き、押しつけにならないよう配慮しています。当クリニックで歯科嫌いを克服した方が大勢いらっしゃるのが私の自慢です。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

小児矯正/I期治療のみ30万円前後、I、II期合わせて80万円前後
※すべて税別 ※口腔環境により異なりますので詳しくはクリニックにお問い合わせください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細