全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市北区
  4. 上飯田駅
  5. たかはし歯科
  6. 高橋 泰 院長

高橋 泰 院長の独自取材記事

たかはし歯科

(名古屋市北区/上飯田駅)

最終更新日:2023/11/02

高橋泰院長 たかはし歯科 main

上飯田駅から徒歩5分の場所にある「たかはし歯科」。2014年に現在の場所に移転した際に、場所がわかりやすいようにと設置したオレンジ色の看板が目印だ。他院との差別化のために始めたのが、毎朝5時55分からの早朝診療。「出勤前に受診できるからか、多くの人に喜んでいただけています」と顔をほころばせるのは、院長の高橋泰先生。「歯科治療を通じて自分と縁のある人を幸せにする」ことを診療理念として、患者だけでなくその家族や治療するスタッフに至るまで、関わった全員が笑顔になれるような診療を心がけている。予防歯科を診療の主軸としながら、訪問歯科診療や小児矯正にも力を入れていく予定だという高橋院長に、いろいろと話を聞いた。

(取材日2023年9月28日)

自分と縁ある人を幸せにする歯科治療をめざす

診療に対する理念をお聞かせください。

高橋泰院長 たかはし歯科1

診療理念は「歯科治療を通じて自分と縁ある人を幸せにする」ということです。虫歯や歯周病の予防や治療をするのは歯科医師として当然のことですが、その先に何があるかを考えたとき、それはその人の幸せであり、その人を取り巻く家族の幸せでもあるのだと思いました。また患者さんやそのご家族が喜んでくれる姿は、治療した歯科医師や担当したスタッフにも伝わります。そういった幸せの連鎖を作っていきたいという考え方です。だからこそ、私は患者さんのお話をしっかり聞くようにしています。患者さんは痛みや恐れを感じながら歯科医院に来るわけですから、まずはその不安を取り除く必要があります。そのためには、患者さんの心の内を、しっかり聞くことが大切です。もちろん、患者さんの気持ちを完璧に理解したり、くみ取ったりすることは難しいでしょう。でも、そうしたアプローチをする姿勢が大切だと思っています。

早朝診療をされていると伺いました。

普段来院する時間が取れない方たちを、どう治療しようかと考えた結果、早朝からの診療に思い至ったんです。会社員の方の出勤時間は午前7時~午前8時の間が多いということがわかりました。ならば7時からでは遅い、6時頃がベストだと考えたんです。5時55分というのは、語呂が良いからですね。この診療時間を決めた当初は、ご年配の方が多く来るだろうと思っていましたが、実際はサラリーマンの方が多く来られています。たまに、歯が欠けたり、差し歯が取れたりといった急患が来ます。多くの方に喜んでいただけていますよ。その分、スタッフは大変だと思いますが、早朝診療のスタッフは、通常のシフトとは別にするなど、それぞれの働き方に合わせて相談して決めるようにしていることで、この体制を維持できています。

スタッフとの連携体制はどのようにされていますか?

高橋泰院長 たかはし歯科2

自分としては良好な連携ができていると思っています(笑)。話が届いていなさそうなときには、さりげなくこちらから確認することで、情報の共有ができるようにしています。でもみんな「患者さんのことを思い自発的に行動する」という当院の理念を理解してくれていると感じています。それぞれが患者さんに寄り添う姿勢を持ってくれているのはありがたいですね。またスタッフ全体のスキル向上のために、外部の歯科衛生士さんなどを招いて、いろいろなテーマごとに勉強会も行っています。

患者の気持ちに寄り添いながら、適切な診療を心がける

治療に関して心がけていることはありますか?

高橋泰院長 たかはし歯科3

健康な歯を守るための治療ですね。なるべく削らず、可能な限り抜かない治療を心がけています。そのために、虫歯の再発や歯周病の進行を防ぐための口腔ケアに力を入れています。虫歯の治療は「削って詰める」が基本ですが、それは問題を先送りしているだけなんです。数年後には再発することが多く、そのときはさらに大きく削ることになります。その次には神経を抜き、最後には歯を抜くことになるかもしれません。また歯周病はいったんかかってしまったら、完治することがありません。だからそれ以上悪くならないように、継続的なケアが必要になるんです。そのために歯磨きの指導から虫歯になりにくい食事の仕方など、生活習慣についてもアドバイスをします。治療をしたら、その状態をキープし、虫歯にならないように予防する。健康な状態を維持することが、最高の治療になるのかなと考えています。

先生が歯科医師として、一番大切にしていることは何ですか?

高橋泰院長 たかはし歯科4

患者さんの気持ちに寄り添い、可能な限り応えていく。また、歯科医師として適切な診療をしていくことが大切だと感じています。患者さんがいて、歯科医師がいて、歯科医院のスタッフがいるからこそ、医療は成り立ちます。だから、その全員が幸せにならないといけないと考えています。そう考えて仕事に臨むのと、そうでない場合では、結果が大きく変わってきますよね。その気持ちは、本当に重要です。日々、勉強することも反省することもたくさんあります。でも、行動の原点があるからこそ、振り返って学べたり、省みたりできる。自分の考えにしっかりとした軸がないと、良い行動はできないと思います。患者さんのために、そして周りの人たちのために良い仕事をしようとする心意気が大切だと思っています。

予防歯科を軸に訪問歯科診療と小児矯正にも注力

先生が趣味や健康のためにしていることはありますか?

高橋泰院長 たかはし歯科5

早く寝ることです(笑)。休めるときは休むということですね。だから趣味もあまりないんです。運動のため通勤時は一駅分くらいですが歩くようにしています。あとは体幹トレーニングや足の筋力トレーニングを知り合いのトレーナーにしてもらっています。知り合いのトレーナーなので、お喋りをすることでもリフレッシュできていますね。以前はスタッフとの食事会なども行っていたんですが、新型コロナウイルス感染症の流行以来実現できていないので、機会を見て再開したいと思っています。

今後の展望についてお聞かせください。

予防歯科を中心として、今後は訪問歯科診療と小児矯正に力を入れていきたいですね。訪問歯科診療は、現在のところあまり時間が取れないので、診療の合間や、昼休みなどを利用して行っています。患者さんは以前通院していた方や、病院やケアマネジャーから頼まれることもあります。矯正は現在、小児のマウスピース型装置を用いた矯正を行っていますが、今後は成人の矯正にも広げていこうと思っています。歯並びに関連した口の周りの筋肉の機能を改善することをめざすMFT(口腔筋機能療法)も、外部の歯科衛生士さんとタッグを組み、小児矯正とセットで進めています。ただ、診療分野を広げるにしても、基本は町のかかりつけ医だというスタンスを忘れずに、地域を大事にする歯科医院でありたいと思っています。

それでは最後に、読者に向けたメッセージをお願いします。

高橋泰院長 たかはし歯科6

今後も地域の皆さんの幸せのため「たかはし歯科に行けば歯の悩み事は解決する」と言われるような歯科医院をめざしたいと思っています。そのためにも新しい知識や技術の吸収を続け、それを患者さんに還元していきたいですね。患者さんにとって歯科医院は、できれば行きたくない場所かもしれません。でも将来の健康を実現するためだと思って、定期的なメンテナンスにいらしてほしいです。歯が丈夫で口内が健康であれば、おいしいものが食べられるだけでなく、誤嚥性肺炎などの防止にも役立つでしょう。まずは相談だけでも良いので、気軽にいらっしゃってください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児のマウスピース型装置を用いた矯正/診断料 2万円、治療が30万~32万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access