医療法人日進会 名古屋矯正歯科診療所

医療法人日進会 名古屋矯正歯科診療所

佐奈 正敏院長、奥村 由香子副院長

頼れるドクター

111683

名古屋駅から10分ほど歩くと見えてくる高層ビルの14階に「名古屋矯正歯科診療所」はある。40年にわたり矯正治療を専門に患者と向き合ってきたクリニックで、診察台からは名古屋市一帯を見渡すことができる。気持ちの良い空間で、この眺めを楽しみに診察を受けられそうだ。取材中、特に印象的だったのが佐奈正敏院長や奥村由香子副院長をはじめとした、スタッフ全員の表情。矯正治療の魅力ややりがいをはつらつと語る2人の姿、それを見守るスタッフの表情からも、信頼のおけるクリニックであることがうかがえる。今回はこれまでの経験を中心に、診療に対する思いを聞いた。
(取材日2017年2月8日)

「大切な人に贈りたい」と思われる矯正治療

―先生方が歯科医師を志したきっかけを教えてください。

【佐奈院長】母が病弱だったため、幼い頃から医療に興味を持っていました。歯科医師の道を選んだのは高校2年生の時。歯周病に関する本と出会い、歯科医療の面白さ、奥深さに触れたことがきっかけとなりました。そして先代院長である義父との出会いから、矯正治療を深めることに。愛知学院大学卒業後、1年ほど一般歯科のクリニックで研鑽を積んだ後当院に移り、同時に母校の歯科矯正講座に入り研究生として専門的な勉強を積んできました。
【奥村副院長】私は「これからは手に職をつけたほうが良い」という母のアドバイスが転機となり、伯父が歯科医師だったこともあって、興味を持つようになりました。愛知学院大学歯学部に進学し勉強していく中で、「歯科医師になりたい」という気持ちが育っていきましたね。実は私と佐奈先生は、代は違うのですが同じ空手部の出身で、そのご縁もあってこちらでお世話になることになったんです。

―お二人にとって矯正治療の魅力とは何ですか?

【佐奈院長】時間をかけて、噛み合わせ全体をより良い状態にしていくことに大きなやりがいを感じています。口の中全体のバランスを整え噛み合わせを改善することで、見た目や食べる・話すといった機能が良くなるだけでなく、歯を失うリスクも軽減することができます。これは矯正治療ならではですね。
【奥村副院長】矯正治療は毎月歯並びが変化していきますので、患者さんと歯の動いた喜びを共感できます。また、長い時間をかけて患者さんとお付き合いできることも魅力の一つです。

―思い出深い患者さんとのエピソードなどございますか?

【佐奈院長】皆さん思い出深いのですが、ある男の子は特に印象に残っています。彼はブラジルでも矯正治療を受けていたのですが、歯の間に隙間が残っている状態で、よりきれいな歯列にすべく当院で治療することに。治療後しばらくして、彼が結婚することになりまして。その時「僕が受けた治療をプレゼントしたい」と、お相手をここへ連れて来たんです。治療を大切な人へ贈りたいという思いから足を運んでくださった、そのことがうれしかったですね。
【奥村副院長】私もかれこれ10年以上ここで診療をしているので、治療開始時は小学生になったばかりだった患者さんが成人した、なんてことも増えてきました。私たちがめざしているのは、患者さんやスタッフが大切な人を連れてきたいと思える診療所をつくること。スタッフの中には、小学生の時に当院で治療を受けていた人もいるんですよ。

記事更新日:2017/03/14


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細