全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月24日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中村区
  4. 名古屋駅
  5. 医療法人清翔会 名駅アール歯科・矯正歯科
  6. 小池 陵馬 理事長

小池 陵馬 理事長の独自取材記事

名駅アール歯科・矯正歯科

(名古屋市中村区/名古屋駅)

最終更新日:2019/08/28

111662

名古屋駅・国際センター駅から徒歩5分。おしゃれなカフェやショップが続々とオープンして注目を集める名駅4丁目で開業した「名駅アール歯科・矯正歯科」。上品で清潔感あふれる院内で、さながらシティホテルのような雰囲気が印象的だ。小池陵馬先生は、愛知県内に複数の歯科クリニックを持つ医療法人・清翔会の理事長を務め、同院では患者とじっくり向き合える医療サロンをめざしている。「すべては患者さんの安心感のため」という小池先生に、いち医師としてこだわったクリニックの在り方と、グループだからこそ生きるクリニックのメリットについて聞いた。
(取材日2017年7月27日)

気軽に通える、美容サロンのような歯科クリニック

このクリニックへのこだわりを教えてください。

1

患者さんには気軽に来ていただきたいと思っているので、サロンのような雰囲気を重視しました。白を基調に清潔感を意識して、全体的にリラックスできる環境にこだわっています。診療室は完全個室のオペ室と半個室が3部屋。どの部屋も、チェアに寝た際に患者さんの顔に照明が直接当たらないようライトのレイアウトにも工夫しました。また、すべての部屋が窓に面していて、どの部屋でも開放的な雰囲気を感じられるようにしています。歯科用CTも導入しており、インプラントなどへの活用はもちろん、口腔外科の治療体制も万全です。また、患者さんの不安を解消する場として、個室のカウンセリングルームを用意しました。ここはドクターも使用しますが、スタッフと患者さんが話せる場所としても使っています。ドクターには聞きづらい費用のことなどは、スタッフが対応しますから、何でもお気軽にご相談いただければと思います。

先生の得意な治療は何ですか?

矯正治療ですね。見た目の美しさに直結する部分だからこそ、やりがいも感じています。初診のときは手で口を隠して笑っておられた方が、矯正治療後に「やっと普通に笑えるようになりました」と素敵な笑顔を見せてくださると、歯科医師になって本当に良かったと、いつも思います。当クリニックでは短期間での矯正治療にも力を入れていて、従来の矯正期間よりも短い期間で矯正を進められる方法を取り入れています。この治療方法は手術が必要になりますが、万全の体制で行いますし、時間の短縮ができる分月々の調整料金が減るなど、それほど大きな負担にはならないと思います。結婚式や成人式までに治療を終わらせたいというような、短期間で矯正したい方には特にお勧めですね。

どのような患者さんがいらしてますか?

2

場所柄、ビジネスマンやOLさんが多いですね。虫歯治療はもちろん、詰め物が取れたといった急を要する治療でいらっしゃる方も来院されます。名古屋駅から近く便利なので、1桁のお子さまからおじいちゃんおばあちゃんまで本当にさまざまな年齢層の方がお越しくださっています。矯正治療のご相談も多く、当院は幅広い方法を取り入れていて、一般的なブラケット矯正をはじめ裏側矯正や透明で目立ちにくいマウスピース型の装置を使った矯正治療を選ばれる方も大変多くいらっしゃいます。名古屋駅というどこからでも通いやすい立地だからこそ、買い物ついでにご相談に来られたり、遠方から通ってくださる方もお見えになります。

グループ運営は患者が本当に安心できる”環境づくり”

クリニックのグループ展開をされている理由は何でしょう?

3

通っていたクリニックが閉院になり、新しいクリニックを探さなくちゃいけなったという話、よく聞きませんか? 新しいクリニックに移るにしても、新たな費用が発生してしまうこともあります。また治療途中に転勤などの理由で通院が困難になることもよく聞きます。そういう事例は、クリニックがグループ化していたら防げる問題ではないかと考えたのです。当クリニックは、グループ内の転院は無料ですし、カルテを共有するのでどこでも継続治療が可能です。また、高額なイメージのある矯正治療も、グループであることからコストを抑えられるなど、少しでも気軽に治療を受けられるような取り組みも行えます。こうした点もグループで行うメリットだと思います。

どこでも同じ治療が受けられる環境が理想ということでしょうか?

はい。0歳の子どもがご高齢になっても同じ環境で治療が受けられるというのが理想です。例えば僕が引退しても、後進を育てていれば次の世代が患者さんを引き継いでくれます。年齢を重ねても転居しても、クリニック選びに困らない環境。それが患者さんの安心感につながると考えています。また安心感という点では、最新医療の勉強は欠かせません。グループのドクターには常に勉強会に参加してもらっています。そうした費用をクリニックが負担することで、クリニックのレベルキープにもつながります。複数のドクターがいることで、患者さんにチームで接することができますから、主治医に何かあってもきちんと把握しているドクターが対応できるのです。クリニックが複数の箇所に点在していれば、場所が変わっても同じ治療が受けられる。そして患者さんに対してより多くのサービスが提供できる環境が、僕にとっての理想ですね。

では先生の理想の歯科医師像を教えてもらえますか?

4

僕は歯科医師の免許を持つ以上、すべての歯科治療ができなければいけないと考えています。しっかり患者さんと向き合う、オールマイティーなドクターでありたいと思っています。もちろん最新医療の情報収集も、より良い治療をめざす上で欠かせません。また、患者さんとしっかり向き合うためにも、こちらでは比較的ゆったりと診療時間をとっています。患者さんお一人お一人の時間をしっかり確保してコミュニケーションをとっていきたいと思っています。常に「患者さんにとって何が大切なのか」を考えられるドクターをめざしていますし、そういうクリニックでありたいと思います。

気軽に、長く付き合っていける歯科クリニックへ

印象に残っている患者さんはいらっしゃいますか?

5

別の医院を開業したばかりの時に担当していた矯正治療の患者さんが来てくださって、当時は中学生だったんですが、久しぶりに会ったら成人していただけでなく、薬指に指輪があって。なんだかとても感慨深かったです。矯正治療の患者さんとは長い付き合いになることが多いので、みなさん印象に残っています。名前を言われれば顔が浮かんできますね。

大学時代はどのように過ごされていましたか?

学校での勉強はもちろんですが、それ以外の経験も重要だと思っていました。バドミントン部での活動や、海外の歯医者さんを見学したり、医療ボランティアにもよく参加していました。東南アジアの歯科事情が日本とまったく違っていて衝撃的でした。例えば虫歯治療にしてもすぐに抜いてしまう。経済面などの事情で中長期的な治療が難しいために、歯を残すよりも抜歯の方が都合がいいのだそうです。また一方で、アメリカでは医療保険制度が日本と異なりますので、歯科治療はほとんどが自費負担です。こういった経験から、多くの良質な治療を保険制度のもと受けられる日本は恵まれているのだと実感し、だからこそ多くの方に歯科医院をご活用いただきたいと思っています。

お忙しいなかでプライベートな時間はどのように過ごしていらっしゃいますか?

ジムに行ったり、ドクター仲間とテニスをしたりと、体を動かしていることが多いです。体が資本だと思うので、健康には常に気を使っていますね。もし自分に何かあって、治療できずに患者さんにご迷惑をかけてしまうようなことがあっては僕としても嫌なので。あとは飲み仲間もドクターが多いので、情報交換もしながら楽しんでいます。

今後の展望と、読者にメッセージをお願いします。

6

当院やグループ内のクリニックへ通ってくださっている患者さんが、転勤などで引っ越されても、変わらず安心して通院してもらえる環境をめざしています。例えば愛知県内だけでなく東京など他の主要都市にも展開していけると患者さんにとってより便利になると思います。ご費用面をおさえたり、先端医療の提供など、グループならではのメリットを生かして、より良い歯科医療を提供していきます。読者の方の中には歯科に怖いイメージを持っている人もおられるかと思いますが、当院にはぜひ雑談しに来るような感覚でお越しいただければと思います。数ある歯科クリニックの中で当院を選んでくれたというだけでうれしいので、だからこそお一人お一人に対して全力で治療に取り組み、向き合っていきたいと思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access