求人情報ON
医療法人伸葉会 田島デンタルオフィス

医療法人伸葉会 田島デンタルオフィス

田島 毅士院長

20180625 bana

ビジネス街の中心、桜通りと大津通りが交わる交差点に面する中外東京海上ビルディングの11階にある「医療法人伸葉会 田島デンタルオフィス」。白を基調としたシックな空間に院長の田島毅士先生の爽やかな声がこだまする。「もともとおしゃべりが大好きなので、患者さんにはどんどん質問していただきたいですね」と語る姿は凛々しさと親しみやすさが同居する。父である院長も現役だが、現在、診療のメインは毅士院長が担っており、開院から25年を経たクリニックに新しい風と明るい未来を予感させる。大学院で口腔外科を学んだ上で、総合歯科診療への道をひたむきに進む毅士院長の歯科治療への思いと素顔に迫った。
(取材日2017年2月21日)

目先の治療よりも、10年、20年先を考えた治療提案

―患者さんの特徴やクリニックについて教えてください。

当クリニックの患者さんは、近隣でお勤めされている人が約半数ほどいらっしゃることもあり、患者さんのお住まいは名古屋市内、市外問わず特定の地域に偏っていません。父である院長が開院して四半世紀がたち、以前から通っていただいている患者さんの中には、会社員を引退された後も変わらずに通ってくださる方もいてありがたいですね。年齢層も偏りはなく、治療ニーズも幅広いですね。全体的に見ると、ビジネス街の歯科という場所柄、お口の健康への意識は高い人が多いと思います。当クリニックについては現在、皆さんの治療を担当させていただく歯科医師のメインは僕が担っており、院長とともに日々診療にあたっています。

―毅士院長の歯科治療に対する基本姿勢を教えてください。

僕は患者さんの10年後、20年後の歯の状態を考えて、じっくり対話しながら患者さんの意向を丁寧にお聞きしながら治療におけるゴールを設定し、皆さんへ治療方法を提案しています。僕から提案する際は必ず複数の治療選択肢を示しますが、僕が培ってきた治療技術と理論で本当にお勧めの治療方法は根拠を添えて説明し、患者さんの理解を確認しながら治療計画をつくっています。将来の健康を考えた僕の提案は、時に保険外の治療が最適だと思えばお勧めする場合もありますし、患者さんの意向が保険外治療でも、「この症状でしたら保険診療でも充分ですよ」という逆のケースもあります。患者さんの意向に沿うことが基本ではありますが、将来のために、という視点を持って、最適だと思う治療提案は躊躇せずにお話しさせてもらっています。

―その場その場の解決ではなく、10年後、20年後を見据えた治療を提供しているということですね。

とにかくひとつの治療に対して、ベストを尽くす、という思いを持って治療にあたっています。例えば樹脂を使った治療であれば、しっかりと接着していないとその方の10年後が悪くなる可能性が出てしまいます。そのようなことが起こらないように、ひとつの治療の精度にこだわりますし、時間もかけます。治療に使う材料や方法についても常に自分が納得する品質の材料を使い、治療アプローチも数多い選択肢から患者さんと相談して決めています。より良い治療のため、必要な設備投資や技術向上を怠らずに自分ができる最善を尽くす、これは譲れない考え方とやり方ですね。また、歯周病治療の根治と、悪くなる前に食い止める予防歯科へのこだわりは、当クリニックのスタンダードとして患者さんにお伝えし、取り組んでいます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細